2015年02月18日

昨日は私の26年間の不動産業生活の中で「一番長い日」

先ず朝一番で立川警察に弁護士とともに行き、例の生活保護の精神異常者に関する被害届を受理してもらってきた。どういうワケか弁護士同行だと何の抵抗もなく「はい、今日付けで受理します」だとパンチ

それで私が立川警察署内でありながら「おまえ、ふざけるな!」と大声で怒って、弁護士から「まあまあ、捜査するって言ってんだから良しとしましょう」となだめられたりしてたらーっ(汗)

実は、昨日、(ペンキが塗られたままの)車を使おうとして、ふと見ると、運転席とその後ろのドアにも、金属で引っ掻いたような傷が付いていて、それも「気違い」がやったのは間違いないので警察に追加報告しておいた。昨日の話だと、私への報告が無かっただけで、かなり捜査は進んでいたようである。

捜査と言っても犯人は判っているのだから、どう資料と擦り合わせるか、だけの話。慎重になっているのは被疑者が「精神異常者」ということで人権との絡みがあるから、ということか。気違いは得である。

今度は助手席のほうにも傷を付けるだろうし、上部もやるかも。ただし、フロントは防犯カメラに映るからやらないだろうけど。これが新車だったらショックだったと思うが、もう15年落ちで燃費の悪い軽だし、これ見よがしにそのまま置いておけばいろんな人に「ああ、ここが例の気違いが住んでいるマンションか」と知ってもらえるから、目印代わりにそのままにしておこう。

車の傷だけでなく相変わらずネットへの中傷書き込みにも余念がないようで、家主さんと私の電話のやり取りを盗聴録音した音声をネットに上げている。なかなかの技術で、そんな技術があるなら生活保護を受けなくても働けそうなものである。フルタイムで、とは言わないが、発作の出てない数時間なら働けそうなもの。あ・・・、いつ出るか分からないか・・・。在宅なら可能な仕事もありそうだが。

先生に「今日の手間賃、払いますよ」と言ったら「ああ、いい、いい」と辞退された。そういうワケにもいかないので何かで謝礼しよう。「濃厚チーズ気分」とか「大袖振豆もち」とか届けたりして(^◇^)

さて、その弁護士さんと4時から打ち合わせの予定が入っていたが、私は行けなくなった。3時に、市内の当社管理の「ある部屋」を訪ねなければならなくなったからである。

その部屋、入居者が室内で死亡している可能性が出てきたので、警察官と待ち合わせして室内を見ることにした。懸念していた通り、室内に入ると既に(かなり前に)死亡していた。長い不動産賃貸仲介管理生活の中で、私は初めて「死臭」を知った。ある事情で、うちのも一緒にいて体験することになった。

まだ冬で良かった。これが夏なら大変なことになっていたと思う。室内は暖房が効いていたが、それでも冬と夏では違うらしい。警察官も「これが冬で良かったですね」と言っていた。

そこに至るまでにいろんな事情があったので、これから少しずつ書いていきたい。「死者の尊厳」を護ることは大切だが、今を生きている我々には十分に教訓になる話だと思うので、ぜひお読み頂きたい。もちろん、何かで私が批判を受けることもあるだろうが、それは覚悟している。

死亡したのは、11年間続けているこのブログの前半で、よくコメントのやり取りをしていたCさん。私より一回り年下で51歳のCさんがなぜ孤独死してしまったのか、皆さんも一緒に考えて頂けたらと思う。

室内ではなく主にアパートの外の小雪がチラつく寒空の下や暖房の無い車内で3時間も拘束されていたので体が冷え切って、今日は風邪気味である。起きたら頭痛がしたので葛根湯を飲んでPCに向かっている。



posted by poohpapa at 06:33| Comment(12) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
お体くれぐれもお大事にしてください。
無事解決して心穏やかな日々をお過ごしできるようお祈りしています。
引き続き応援しています。
ところで「気違い」は借地借家人組合に入っている人間でしょうか?
Posted by ファンです。 at 2015年02月18日 08:10
本日は休日でしょうからゆっくりお休み下さい。
51歳とは、まだ若いのに、孤独死とは、身寄りはないのでしょうか?
キチガイの孤独死は、公園の隅でしょう。
Posted by たか at 2015年02月18日 09:10
ファンです。さん、おはようございます

「借地借家人組合」の会員であるかどうかは不明ですが、弁護士さんなんかは共産党系の方に依頼していますし、共産党系の団体の病院に通っているようなので、全く関わりが無い、ということでもないでしょうね。その団体はよく存じてます(^◇^)

お気づかい、有り難うございます。

Posted by poohpapa at 2015年02月18日 10:48
たかさん、おはようございます

身寄り・・・、私は「もういない」と聞いています。たぶん、誰かいるとは思いますが、とにかくあの性格だと身内でさえ誰も寄り付かないだろうな、とは思います。

正直、私もずいぶん嫌な思いをしました。死者への悪口、と思われるでしょうけど、赦せない人物です。私に対してだけで他の人にはいい人なのかも知れませんが・・・。

全く、やってることは例のキチガイと同じでしたね。たぶん、末路も同じことになるでしょう。
Posted by poohpapa at 2015年02月18日 10:54
大変お疲れ様でした。
そういうご事情に奥様がご一緒されたということは(人じゃない)同居人がいらしたのでしょうか。
ともあれご冥福をお祈りいたします。

私も3月の寒い日に不審死の現場に二時間ほど立ち会い風邪をひいたことが。
お大事になさってください。
Posted by AAA at 2015年02月18日 12:37
AAAさん、こんにちは

有り難うございます。お互い、大変ですね。高齢化社会で単身の高齢者が部屋を借りるケースも多いですから、これからも何度か体験するかと思います。

ところで、

<<そういうご事情に奥様がご一緒されたということは(人じゃない)同居人がいらしたのでしょうか。

ご推察のとおりであります。昨日ほど「女房に付き合ってもらって良かった」と思えたことはありませんでしたね。一番大変な思いをさせてしまいましたが・・・。

そのあたりは明日以降の記事で少しずつ書かせて頂きますね。宜しくお願いします。
Posted by poohpapa at 2015年02月18日 12:57
私もいずれ経験するだろうと思っていましたがもう2回・・・物件内で死亡されていましたよー。
1件目に関しては9月、しかも死後10日くらい?だったこともあって凄い匂いでした。
鍵を開けるまでもなく亡くなっているであろうことは想像が出来たので先に警察を呼んで第一発見者になることは避けられましたが(^^;
状態が悪かったようなので私は見なくてもいいと言っていただき見ないで済みました(;´д`)
2回目は去年の2月だったのですが・・・これも身内の方に先に入っていただき私は玄関外で待ってたので見ないで済みました(^^;

そういう状況に出くわしながら私は 見ていない のは不幸中の幸いでしたね(;><)
Posted by はなくろ at 2015年02月18日 14:10
はなくろさん、こんにちは

警察はそういう配慮もしてくださるんですね。それは有り難いですね。

私は「死臭」を体験したことはありませんでしたが、次にそういう現場に遭遇したなら直ぐ判るかと思います。そしたら絶対に最初に室内に入ったりはしません。

明日、親族の方を部屋に案内するかも知れません。まだ臭いが残っているでしょうけど・・・。

この先はそういう機会が増えると思います。賃貸管理をしていると避けて通れませんね。

Posted by poohpapa at 2015年02月18日 16:31
こんにちは。。
もう、こんばんわかなっ…

長い一日おつかれさまでした。。
今日は、温かいおふろにゆっくりつかって、十分な睡眠がとれますように。。

今日は、愛車をポールにぶつけてしまい
落ち込んでいます…((+_+))

夜にも、会合があるので、出掛けないといけませんが
今日は、早く寝ます…((+_+))

今日を軽くするのは、睡眠が1番です(私はっ(*'ω'*))
poohpapaさんも、温かくおやすみ頂けますように…♪


Posted by おず at 2015年02月18日 17:16
おずさん、こんばんは

お気遣い、有り難うございます。おずさんのほうこそ大変でしたね。大事にしていらっしゃる車であればショックは大きいですよね。私なんかは15年落ちの中古の軽ですから気分は楽ですけど。

おずさんこそ、早くおやすみになってくださいね。

Posted by poohpapa at 2015年02月18日 19:23
例の件ではお世話になりました。
さきほどそのことでメールをお送りしました。
アドレスが変わっていなければいいのですが……。
届いていなければお知らせください。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by poron at 2015年02月19日 00:20
poronさん、おはようございます

アドレスは生きておりますので先ほど拝見しました。後ほど返信させて頂きますね。
Posted by poohpapa at 2015年02月19日 05:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]