2015年04月08日

本日の予定・・・

今日は定休日だが、死亡推定日1月5日で2月17日に室内で孤独死しているのが発見されたCさんの部屋に、残存物処理業者とリフォーム業者と一緒に入る。朝、8時半に業者と待ち合わせをしている。

遺体は2月17日に警察の手によって搬出されているが、部屋は相続人特定と相続放棄の手続きが終わるまでは手が付けられなかった。有り難いことに従兄弟の方が弁護士に依頼してくださって、とても優秀で誠実な弁護士さんで助かった。もし従兄弟の方が「もう知らない」と言っていたなら当方で弁護士に依頼しなければならず、その費用は本来は家主さん負担になるものだろうけど、私としてはお願い出来ないもの。従兄弟の方だって本音では迷惑でしかなかったと思う。だから本当に感謝している。

4日に弁護士さんから連絡があり、翌日に相続放棄の書類が届いたのでようやく室内に入れることに。ただ、2月17日からは更に1ヶ月半も経っている。遺体は無くても死臭が籠って物凄いことになっていると思う。ウ〇チが山盛りになっていた猫のトイレもそのままだし、夜食べるつもりで買ってあったであろうコンビニ弁当もそのままになっていたし・・・、ドアを開けてみないと分からない。下の入居者さんには「午前中は窓を閉めていてください」とお願いしなければ・・・。

弁護士さんの話では、「相続は放棄しますが、娘の成長記録や写真が出てきたら送って頂けないか」と相続人の法定後見人が仰っているとのことで、カメラのメモリーやPCの中のデータを送ってほしいとのこと。今はとにかくゴミ屋敷なので、見つかるかどうかは分からない。母親は拒絶するかも知れないけど(小さな物で)何か形見になりそうなものがあれば、できれば一緒に送って差し上げようと思う。

ただし、PCの中から娘さん関連のデータだけを抜き出して、というのは現実的には不可能。PCの現物を送ることも出来ない。それだと「相続放棄」にならなくなってしまう。今の時代、PCの中身こそが最大のプライバシーだし・・・。だいいちPWとか入れてるんじゃないかと思う。

近隣で駐車場を借りていて、そこもようやく片付くことになる。今日、管理会社に車のキーを届けることになっている。車の処分は、申し訳ないが管理会社(駐車場オーナー)にお願いすることになる。

たぶん、なにやかやで100万は掛かるだろう。保証会社から見舞金10万は出るが、敷金を24万預かっていても到底足りるものではない。管理会社としての責任はどこまでなのか、私にも分からない。

これが、生前、私に対して気持ち良く接してくれていた相手なら私も迷惑などとは思わないが、26年間の賃貸仲介管理業の中で最悪から2番目の入居者で、クレーマーとしては最悪だったから、正直言って、そんな奴の為に何でこんな思いをさせられなければならないのか、という思いはある。

来週の水曜日も例の生活保護の精神異常者の裁判があるし、2週続けて定休日に仕事が入るのは辛い。ま、その分、GWにはしっかり休もう。あ・・・、ダメか、募集中の空室も増えたしなあ・・・ふらふら

今日はとりあえず見積りの為の下見。部屋の奥まで入るのは私は初めて。とにかく憂鬱であるたらーっ(汗)


posted by poohpapa at 06:01| Comment(18) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさん、おはようございます。

天気良くないですね。パソコンはHDDを取り外して、他のパソコンにつなぐと中身を見ることができますが、そこまでする必要はないです。昔は写真はプリントするもので、アルバムに貼って保管していましたが、今はデジタルの時代。もしかしたら、離婚時に娘さんの写真を残してきていない可能性があり、もしそうであれば、見つかるといいですね。頑張ってください。
Posted by バラキ at 2015年04月08日 06:51
バラキさん、おはようございます

管理会社としてどこまでするべきか、は悩むところです。カメラのメモリーも、猫の写真ばかりで、おそらく娘さんの写真は無いと思います。上京してから購入したカメラのメモリーに娘さんの写真が入っていることは無いでしょうし、他に見つかるかどうか・・・。

PCには残っていることも考えられますが、中身はチェックしたくないですね、正直言って・・・。今現在、私が対峙している精神異常者と同じで、有ること無いことPCに書かれていることでしょうし。「有ること」なら納得しますが、妄想で書かれた「無いこと」ばかりですから。

私からすれば正真正銘の「気違い」でしかありませんでした。ですが、相続人さんには何の責任も関係もない話なので、何か出てきたら送るつもりではいます。とにかく、気が遠くなるような話です。

あの「臭い」が恐怖です。洋服なんかも帰ったら直ぐ洗濯しないとダメだろうな・・・。
Posted by poohpapa at 2015年04月08日 07:15
ついに、この日が来ましたか。もう、忘れさっていたかもしれませんが、やはり胸の片隅に残っていたものでしょう。
この日がさらに延びて、夏の暑い日でなくてよかったかもしれません。
目でみた記憶は時間とともに消えていきますが、臭いは記憶に残りますね。
たぶん、恐ろしい、、、、、臭いがするのではないでしょうか。
残存物処理業者とリフォーム業者って可哀想な気がしますね。
最悪から2番目が消えてしまったわけで、あと残すところ、1番目だけとなりました。
3番目は強烈では、ないのでしょ?

Posted by たか at 2015年04月08日 08:03
おうちに帰ったら奥様が待ってる。

今週末はもなかだ。

今月末は空から飛び下りるんだ。

他のことを心にいれて。立ち向かっちゃダメだ。

これ人に言うのキライなんだけど「がんばろう」
Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年04月08日 08:58
たかさん、こんにちは

今、戻りました〜。臭い・・・、服に沁みついています(トホホ)

思った以上に凄かったです。要するに、亡くなる直前まで「その状態」でいたワケで、2年前に救急車で緊急搬送された際に、管理会社の私にでなく知人に猫を預かってくれるように依頼した時点で既にゴミ屋敷だったとのことですから、たぶん、その頃には心を病んでいたんだと思いますね。

元々は神経質なくらいに几帳面だったのですから、一度緩んでしまったらどうにもならないものでしょう。あの状態で飼われていた猫は可哀想です。Cさんとの9年は幸せだったのかどうか・・・。今、その猫、健康も回復して、とても幸せみたいです。それだけが救いですね。

ところで、3番目、大手建売業者の営業マンでした。本人もですが、連帯保証人が凄くて・・・。もう退去してますので、あとは、ぶっちぎりの第一位のみ、であります(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年04月08日 11:48
さやさん、激励、有り難うございます。

と言うか、さやさんも飛ぶんでしょ!?、他人事ではありませんよ(^◇^)

ま、週末の「空也の最中」は楽しみですが、今のところ楽しみはそれくらいですね。
Posted by poohpapa at 2015年04月08日 11:51
飛んですっきりして下さい。笑
Posted by けろけろ at 2015年04月08日 15:07
けろけろさん、こんにちは

いやあ、スカイダイビングの動画を観てたら怖くなりましたね。私は地面に足がついてないとダメなもんで。何も踏ん張るものが無い空間によく飛び出せるもんだと・・・(^◇^)

スカイダイビングなんて誰が最初に考えたんでしょうね。アホとちゃいまっか、ですね。どちらもしたことありませんが、バンジージャンプとどちらが怖いものでしょうね・・・。

ゴルゴ13に、真っ暗闇にダイブするシーンが出てきますけど、物凄い恐怖心でしょうね。

そういえば、YouTubeの動画で、「上空3.5kmで失神した友達を救う勇者」というのがあって、失神して仲間に救けてもらった人、けろけろさんによく似てたんですけど・・・、もしかして、本人?

Posted by poohpapa at 2015年04月08日 16:05
違います。笑

私も夜ジャンプしたことありますが、上空3000mで360°の関東平野の夜景は見事としか言いようの無いものでした。着地するところは車のライトで照らしてくれているとはいえ、やはり怖かったです。夜景の見事さと着地の怖さを天秤にかけてみて、もう一度夜ジャンプしたいかというと???ですが。

Posted by けろけろ at 2015年04月08日 17:14
バンジーは、びよーん、ってなって、何度もびよんびよんなりそうなのがいや。

超長いジェットコースターと一緒で、途中で「しつこい!」と怒り出しそう。
そして常時軽くメニエル状態だから酔いそう。(忘れてたんですけど、これ←いいですよね)

夜のスキューバも、とっても幻想的だけど、やっぱりちょっと危険度は増すから、スカイダイビングもきっと同じですよね。

でも、こわい、って思いながらやるなんて一度でもヤダ。けろけろ様ドM。
スキューバも最初そう(↓)主張してたんだけど、もしまたやらせていただくことがあっても、いつまでもタンデム=お姫様状態がいいなぁ。

ストレッチくらいはやっといたほうがいいんですよね?背骨反り返って折れたりしないんですか?(←アホ)

そして、今んとここわくはないけど、「これ、ぎゃーぎゃー言って、ぜったいヨダレでろでろになる」と思いました。

あああ、お稽古しててもお菓子にしか目がいかない自分とAK様の違いって、、、って思ってたのに、どこまでも下品。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年04月08日 17:35
けろけろさん、凄い!

夜のジャンプって、想像を絶する怖さだと思うし、現実に危険度もかなりアップしそうですね。それでも奥様がご主人の好きにさせてくれるということは、もしかして夫婦仲が危機的状況なのかも(^◇^)

あ・・・、うちのも「どうぞ」って言ってたんだったわ・・・(滝汗)

夜のジャンプの動画、撮ってますか?。もし撮ってたらぜひ見せてください。

インストラクターと一緒に飛ぶのはともかく、ソロで最初に飛ぶ時の怖さったらないものでしょうね。私には絶対に無理だと思います。道連れがいるのといないのとでは大違い。もしパラシュートが開かなかったら、と考えてしまいますもん。あ・・・、動画みたいに誰か救けて・・・・・くれるワケないか・・・。
Posted by poohpapa at 2015年04月08日 19:18
さやさん、こんばんは

もしかして、さやさん、AKさんに惚れてるな(^◇^)

たぶん、私の感覚では、バンジーのほうが怖いんじゃないかなあ、と思いますね。スカイダイビングは高さ(高度)があまりに現実離れしてますから。ビルの屋上から下の道路を見ただけで足がすくむので、私は飛び降り自殺する人の気持ちは解かりません。バンジーは地上や川面ギリギリまで接近してゴムの力で逆戻りさせられて何度も往復するから、やはり嫌ですね。

バンジーは一回経験すれば「またやりたい」とは思わないものでしょうけど、スカイダイビングは(やる前はあんなに嫌がっていたデヴィ夫人のように)一度飛んだら病みつきになる人も多いものでしょう。爽快感の違いでしょうか、と・・・、飛ぶのを納得させようと背中を押している自分がいる・・・(爆)

着地で捻挫する人も多いそうですから、私も、一日に飲む老陳醋の量を2倍にしておりますですよ♪

Posted by poohpapa at 2015年04月08日 19:32
パパさん、動画撮ったのですが真っ暗であまりよく写ってませんでした。(泣)
Posted by けろけろ at 2015年04月08日 23:33
臭いの脅威は、私の場合は、ふた昔前の経験が最大限でした。
フィッシュ・ミール工場(魚を原料に、粉々に砕いた魚粉を作る工場でした)
文字通り『魚の腐った臭い』が百倍濃縮された貯蔵庫の中で作業せねばならず
入った瞬間から嘔吐の発作に襲われ、マスクが無ければ堪えられずに吐いたと確信しました。

確か所用時間は30分以下だった筈ですが、もう生き地獄が永遠に続くかと、、、
その後、『もぉ一度行ってくれる?』と頼まれた時は『あそこだけは絶対無理︎』と即答し、拒否しました^ ^
真夏だったし

辛い時には、一番楽しい事を思い浮かべて遣り過す私ですが、
あの、ハンマーで横殴りされる様な悪臭には耐性が出来ないと言い切れますね。
かつて、知り合いの御宅の軒下から、腐乱した大きな犬の亡骸を引っ張り出した時は、可哀想とか感じる余裕が有ったのに、、、

あ、パパ様、スカイダイビング、ガンバo(^_^)o
Posted by 街のクマ at 2015年04月09日 04:38
けろけろさん、おはようございます

ま、そうでしょうね(^◇^)

でも、逆に言えば、撮影が出来ないくらい真っ暗で、それくらい怖いモノだと解かりますね。

昼間のジャンプが上手くいったら、今度は夜間のジャンプに誘ってください、さやさんだけ(*´ω`)
Posted by poohpapa at 2015年04月09日 06:48
クマさん、おはようございます

何か、壮絶な生き方、経験をしていらっしゃいますね・・・。実際に臭いを嗅いでなくても、どれほどすさまじい臭いか分かりますね。

<<ハンマーで横殴りされる様な悪臭

それ、いい「例えの表現」ですね。

Cさんの部屋で(タンパク質が腐っていく)死臭を体験したので、私も、もし次に同じ臭いを嗅いだら直ぐに「それ」だと分かるかと思います。近々書きますが、先日、現実にありましたから。

<<かつて、知り合いの御宅の軒下から、腐乱した大きな犬の亡骸を引っ張り出した時は、可哀想とか感じる余裕が有ったのに、、、

クマさんらしいですね。どういう事情で犬の亡骸が埋められていたかは不明ですが、そういうのも辛い仕事ですね。何だかそんなのばかりで、たまには楽しい仕事が回ってくるといいですね、ほんと。
Posted by poohpapa at 2015年04月09日 06:57
ちょっと前に陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練でパラシュートが開かなかったという事故がありましたね。
彼らは軍事訓練なので高度は340mだそうですが。
私の友人はハワイで挙式した際に、細君にせがまれて一緒に飛んで、着地と同時に顔面蒼白でゲ〇吐いたという話です。
楽しそうだ。
Posted by ハリケーン at 2015年04月09日 08:07
ハリケーンさん、おはようございます

なんだか、ハリケーンさんの性格の悪さが露見しているようなコメントで・・・(^◇^)

実は、YouTubeで、パラシュートが開かなかった事故動画もよく見ています。まあ、そうなったらそうなった時ですね。とにかく、この歳まで、いろんな体験をしてきて、リニアにも乗ったし、東京オリンピックも観られそうだし、スカイダイビングが残された「棺桶リスト」の最たるもの、ですね。

ハリケーンさんもチャレンジしてみませんか?
Posted by poohpapa at 2015年04月09日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]