2015年05月24日

援助交際、再び(^◇^)

木曜日に夕食をご一緒した女子大生のSさんと昨日再びランチした。今回も、郷里のお母さんには速報が入っている。木曜日にクラブ33のトートバッグと一緒に差し上げた小物を、ワケあって「やはり使えないから・・・」と返しに来たついでに、である。その小物の曰く因縁は事前に説明してあったが、ま、仕方ない。詳細はここでは書けないが、ふつうは「使えない」と言う人のほうが多いものだろう。

お昼すぎに来ることになったのでランチをご一緒することにしたのだが、事前に「何が食べたい?」と訊くと「和食」と言う。一口に「和食」と言ってもいろいろである。それで「お寿司、トンカツ、天麩羅・・・いろいろあるけど何が希望?。トンカツあたりでいいかなあ」と訊くと「それでいいです」との返信。

「今日はSさんの奢りだよ」と言うと、「えええ〜!?」と嫌そうな態度。実に解かりやすいわーい(嬉しい顔)

結局、伊勢丹のレストラン街で食べることにして8階までエスカレーターで上がり、「さて、何にしようか」と言うと、「天麩羅」とのこと。良かった・・・、「寿司」って言われたらどうしようかと思った。基本的に私は生ものが苦手なので、どうしたってカウンターで「お好み」で食べることになるから一人1万は軽く飛んで行く。何と言っても、木曜日に彼女の食べっぷりを見ているから恐怖であった。

私はヤクザに「馬鹿野郎!」と言う度胸はあっても、ギャル曽根に好きなだけ食べさせる度胸は無い。

「天一」に入って、しばらくメニューを見た後で「何にするか決まった?」と訊くと、「オレンジジュース」と言う。「違うでしょ、料理を先に決めなさいよ」と叱って、二人とも天丼にした。「天一」の天丼は海老が3本乗っているが、「1本要る?」と訊くと「はい」との返事・・・。言ってみただけだったのに・・・たらーっ(汗)

それで私の天丼は海老2本、Sさんの天丼は海老4本になった・・・、私の倍の豪華さだ(ちっ)

食べながら、そっと伝票を向こうに押すと、Sさんもそっと押し戻す。「払う気」は無さそうだ・・・ちっ(怒った顔)

「財布、持ってこなかったのかよ」と言うと、「はい」と言うが、ウソに決まっている。まさかに女性のバッグの持ち物チェックをするワケにいかないから結局私が支払うことに。

さらにB1に下りて食料品を見て回ると、「カリカリ梅を買いたい」と言う・・・。買いたい、って言ったって「財布は持ってきてない」と言ってたんじゃなかったっけ??

籠に「カリカリ梅」だけでなく、カシューナッツとビスタチオも入れる。小さい袋を入れようとしていたから「割高だから、大きい袋で買ったほうがいいよ」と言うと、躊躇いなく大きい袋に変更・・・。

やっぱり払う気なんか無いな・・・爆弾

仕方ないので、その籠を持って私がレジに。こういうのを援助交際と言わずして何と言うか、である。

と言っても、まだ私は何もさせてもらっていない。悔し紛れに「こういうのを美人局って言うんだよ」と言ってやった。ま、たぶんこの先もずっと援助交際にはならずに「美人局」で終わるんだろうふらふら

ん・・・??、こんななら、ブツを着払いで送ってもらったほうが安くついたなあ・・・(^◇^)

ま、いっか。若返りエキスは十分に頂いてるし。3歳の頃から20年以上もお付き合いのあるMちゃんもそうだが、私が食事に誘えば直ぐに「はい、お願いします」という返事が返って来る。妙な遠慮をせず素直な性格であるのが女の子は一番可愛い。MちゃんにもSさんにもそういう魅力が備わっている。

同じことをされたり言われたりしていても、何も気にならない、と言うか、赦せる「得な人」もいれば、嫌味にしかならない「損な人」もいる。以前も書いたが、フランス料理のフルコースをご馳走しても惜しくも何ともない相手もいれば、たった一杯のコーヒーでも奢った後で「凄く損した気分になる」相手がいる。Sさんは間違いなく前者なんだと思う。

その人の人柄や性格、立場や今までの付き合い方なんかにもよるんだろうが、そういうのは相手の人柄が一番大きいんだろう。性別とか年齢、利害関係や損得は関係ない。もちろん、下心も・・・あせあせ(飛び散る汗)

歳を取ってくると、声を掛ければいつでも食事に付き合ってくれる若い娘がいるのは実に楽しいるんるん

posted by poohpapa at 05:45| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。
え!、また、エンコ?

声を掛ければいつでも食事を奢ってくれるおじさんになったのですか?
Posted by たか at 2015年05月24日 09:57
たかさん、こんにちは

いえいえ、女子大生と見れば声を掛ける、のではありません。互いの信頼関係があればこその話です。

それにね、Sさんは、一見すると「スキだらけ」に見えますが、(接してみれば分かりますけど)実は全くスキの無い女の子です。そこは凄いです。世の中には逆の女性もいますよね。そのほうが多いかな。

もちろん私は、Sさんが「スキだらけ」であってくれると嬉しいのですがねえ(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年05月24日 11:36
何がなにもさせてもらってない、だ。ま、いっか、だ。
「勉強や同年代の子とのつきあいに使うべき大事な時間を60すぎのオッサンに提供してあげてる」のが
天丼とお菓子くらいなんかとで「いってこい」になるか。

まめは高校の部のOBの方と、年1回お話しなきゃいけないという任務があって、先日3時間ほどのお話につきあったという報告を聞きました。かわりに部へのカンパを30万くらいもらえるとかで、仕方ないんだ、と。これもバイトだ、と言ってました。
まめは、内心、回転の違いに飽き飽きしているのですが、それを隠した笑顔が、見た目こどもらしくて受けがいいので、2年連続のご指名です。
その後、OBの方(おそらくパパさんと同じ年くらい)と振込の確認やなんかでしばらくメールをやりとりしてて、私は、
(エエ加減にせぇよ。このじじー。)「まめの母でございますが、ご用件は?」
といつ出て行こうかと思ってました。

ごはん程度でつきあってもらえるなら、パパさんのほうが得なんですよ。
「はい」と返事をしてくれるのは、遠慮しない、とか、素直、とかじゃなく、「おつきあいしてあげよう」という気持ちのオトナないい子の、複雑な大人ゴゴロの検討の結果のお返事なんです。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年05月26日 17:40
さやさん、こんばんは

<<「勉強や同年代の子とのつきあいに使うべき大事な時間を60すぎのオッサンに提供してあげてる」のが天丼とお菓子くらいなんかとで「いってこい」になるか。

おおおっ、「いってこい」を正しく使ってる〜(^◇^)

えっと、ですね、日本人男性の平均寿命が80.21歳で、日本人女性の平均寿命が86.61歳。本当の平均寿命の意味とは違うのは承知で、そこからそれぞれの余命を計算すると・・・、

私の余命が16.71年、Sさんの余命が67.11年。Sさんはこの先、私より50年以上、私の4.016倍も生きられることになります。余命から考えれば、同じ1時間でも私のほうが4倍以上も貴重な時間、てことになります。そこに、この歳までいろんな体験(ほとんどが失敗)をした年輪、いえ、付加価値を考えると、間違いなく「私の1時間はSさんの10時間に相当する価値がある」と言え・・・ないか(+_+)

ところで、まめさんのパトロン、じゃなかったOB、30万もカンパしてくれるなんて凄いですね。そういえば、たぶん、まめさんとSさん、物凄くタイプが似ていると思いますよ。まめさんにはお会いしてませんが、さやさんのお話から間違いないかと思います。

Sさん、いい子ですよ。冗談が通じるし、たぶん同世代の女の子よりしっかりしてます。オジサンとしては、ほんとは「Sちゃん」と呼びたいし、「パパ」と呼んでもらいたいんですけどね(おい)
Posted by poohpapa at 2015年05月26日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]