2015年05月29日

ある意味、凄い判決(^◇^)

いつものmsn.より、

銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却

客を確保するために性交渉したクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為となるのか――。こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかった。

 判決は昨年4月に出された。裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と女性に慰謝料400万円を求めた。

 判決で始関(しせき)正光裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。

 そのうえで、枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし、「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘。「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」とした。

 判決によると、男性と女性は2005〜12年、月に1、2回のペースで主に土曜日に、昼食をとった後、ホテルに行って夕方に別れることを繰り返した。この間、男性は同じ頻度で店に通っていたため、始関裁判官は「典型的な枕営業」と認定し、妻の請求を退けた。妻は控訴せず、判決が確定した。

 妻の代理人の青島克行弁護士によると、裁判で妻側は「不倫だ」と訴え、女性側は性交渉の事実を否定した。「双方とも主張していない枕営業の論点を裁判官が一方的に持ち出して判決を書いた。訴訟も当事者の意見を聞かず、わずか2回で打ち切られた。依頼者の意向で控訴しなかったが、不当な判決だ」と述べた。

 離婚や不倫訴訟に詳しい田村勇人弁護士によると、判例では、女性が相手を妻帯者と知って肉体関係を持てば、2人は共同で妻への賠償責任を負うのが一般的だ。売春など妻帯者側の責任が重い場合、女性の賠償額は安くなる傾向があるが、基本的に不法行為と判断されるという。今回の判決は「従来の判断の枠組みと違い、社会通念からも行き過ぎと感じる。特殊な事情があったのかもしれないが、この判断が定着するとは思えない」と話す。
(千葉雄高)


判決のポイント(論旨)を抜き出すと・・・、

売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」

枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」

「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」

これでは「枕営業を裁判所が黙認している」と受け取られかねない判決で、控訴したなら高裁でひっくり返る可能性も充分にあったと思うのだが・・・、控訴しなかったので確定してしまった。

以前、ある職人から聞いた話では、一流クラブのママやナンバーワンといわれるホステスは、客と体の関係は持たないんだとか。客に「落とせそう」と思わせておいて店の常連にさせるのが常套手段で、本当に落ちたら客は他の店に行ってしまうものらしい。だから、訴えられた銀座のママは一流ではないんだろう。旦那も旦那で、女房にバレて「ママを訴えさせる」ようなヘマを犯してはいけないと思う。

個人的にはこの判決は大歓迎。風俗や売春や枕営業で性的な関係を持つのと不倫とは明らかに違うもの。相手は商売でしているのだから。そんなことで裁判を起こすような女房は頂けない。私なら別れる。まあ、3人とも三流の生き方をしている、ということ。


そうだ・・・、この判決をクラブ「ジフテリア」のママと、ソープ「アルニダ」のクネちゃんに伝えようわーい(嬉しい顔)

posted by poohpapa at 06:36| Comment(19) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ジフテリア」って…法定伝染病の名前を付けたクラブというのは珍しいですね。
「アルニダ」というのは、中国人と韓国人のことでしょうか。
それも今の逆風に立ち向かった勇気ある不思議なネーミングです。
Posted by ハリケーン at 2015年05月29日 08:13
poohpapaさん、おはようございます。

このネタ、絶対食いつくと思いましたよ。この場合の売春は相手が固定されているので、犯罪ではないのもポイント。例えば、クラブのオーナーが客を定連を逃がさないようにするため、ママやチーママに指示して枕営業をさせたのならば管理売春でアウト。

poohpapaさんは訴えられた銀座のママが一流ではないと指摘していますが、枕営業をすることで7年間もつなぎとめたのだから、これはこれでプロだと私は思います。

原始時代、狩りができない女性は、有能な男を惹きつけるため、女性としての魅力を使っていたと思います。その名残じゃないでしょうか。
Posted by バラキ at 2015年05月29日 08:15
poohpapaさんおはようございます。
本日の教訓
女房にバレて「ママを訴えさせる」ようなヘマを犯してはいけない。

この判決をクラブ「ジフテリア」のママと、ソープ「アルニダ」のクネちゃんに伝えよう → ガストのおねえちゃんは?

Posted by たか at 2015年05月29日 08:26
ハリケーンさん、再び、おはようございます

昔ね、関西の漫才師が、「クラブ ジフテリア」とか言ってるのを聞いて、「ああ、ジフテリア、って、そういう名前として違和感がないんだなあ・・・」と思って、今でも覚えてました。

「アルニダ」も、実は、ニュースに入れられたコメントの中で、どなたかが中国人と韓国人を表現するのに使ってまして、上手いこと言うなあ・・・、と感心したものです。なのでどちらもパクリです。

よって、非難する際には私でなく漫才師とコメント主でお願いいたします m(_)m
Posted by poohpapa at 2015年05月29日 08:51
バラキさん、おはようございます

いえいえ、一流のママやホステスさんは酒や知識や心は売っても体は売らないものですよ。まあ、たしかに、7年もそうやって客を繋ぎとめていたのですから凄いと言えば凄いのですが。

ママがホステスに命じていたワケでなく自分でしていたのだからギリギリでセーフなのかなあ・・・。

これ、他の客ともそういう関係なら、枕営業ですが、そのご主人に対してのみなら枕営業とばかりは言えないかと思いますね。まさかに「他の客ともそうしていたのか」と訊いたところで本当のことは言わないと思いますけどね・・・。

Posted by poohpapa at 2015年05月29日 08:57
たかさん、再び、おはようございます

ガストのお姉さん・・・、残念ながら枕営業はしないのですよ・・・。枕営業してなくても1ヶ月に最低でも6回は通わせてますから、ガストのお姉さんたち、このママさんより腕がいいように思いますね(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年05月29日 09:01
>一流のママやホステスさんは酒や知識や心は売っても体は売らないものですよ。
逆逆、体は売っても心は売らないものですよ。
トップの子たちは年売上億単位になるから、体が必要なんですよ。ママも場合によってはそうですよ。
ほんまもんの芸妓さんだって、だんなさんとは寝るでしょう。要は、額次第です。

>ガストのお姉さんたち、このママさんより腕がいいように思いますね
売上額がぜんぜんちゃうやろ。

てか、枕営業、って単語を判事が使ってることに違和感超アリなんだけど、売春って、合法だったの?知らん世界だわー。
銀座、昔誘われたけど、惚れっぽいから、営業で、とか無理。やめといてよかった。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年05月29日 10:05
今回のこの判決って枕営業が暗に認められたような判決になりましたよね(笑)判例と言うものは後々の裁判にも影響を及ぼすものなのでもうちょっとなんとかならなかったんだろうかと思わずにいられませんでした。
なんて言うか・・・素人相手でもお金が発生しているなら不倫に問われないって結果になるんじゃないかなコレ・・・。
Posted by はなくろ at 2015年05月29日 14:51
地裁レベルは、判例、とは言わないのです。
最高裁まで行ったら、確定の法令解釈なので、判例、ですけどね。
誰か裁判起こしてー。そして裁判例割ってー。
Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年05月29日 18:49
銀座のママが、枕してるって公にされて恥ずかしいですね。水商売は体を使うのは基本しないから。額が額なら(何千何億)違うでしょうがね(^_^;)
お湯商売は、身体は売るけど仕事と割りきってますからね〜
Posted by よっこ☆ at 2015年05月29日 20:31
さやさん、おはようございます

<<逆逆、体は売っても心は売らないものですよ。

えええ!?

体を売った、ということは、心を売った(捨てた)ことになるかと・・・。なら売春そのものですし。

昔ね、女郎は肉○関係を持ってもキスはさせなかった、と聞いたことがあります。キスは本当に愛する人が現れた時の為に残しておくんだとか・・・。その話を聞いて、いたく感動しましたね。

私は、銀座のママさん、美人局でいいんだと思います。いえ美人局すべきです。そうして馬鹿な男に期待させて通わせる、貢がせる、それが一流の証。体で繋ぐなら、ちょっと美人なら誰でも出来ます。クラブのママにも「芸」は必要です。ま、詐欺と紙一重ですが。

<<ほんまもんの芸妓さんだって、だんなさんとは寝るでしょう。要は、額次第です。

たしかに、要は「額次第」というのはその通りですね、残念ながら・・・。私に資金力があれば、ガストのお姉さんを片っ端から・・・、口説きませんけど、でも正直、そういう資金力を持つのは男の夢ですね。

以前も書きましたが、昔、「徹子の部屋」に故ディック・ミネさんが出て、「どんなに貞淑な女性でも、2カラットのダイヤを見せて、『一度だけでいいから俺と付き合え。明日の朝以降どこで顔を合わせても赤の他人』と言ったなら、落ちない女はいない」と言ってまして、全くその通りでしょうね。

2カラットのダイヤの指輪、いくつか欲しいなあ・・・(^◇^)

この判事さん、世情に通じた人なんでしょうね。私はこういう人が法曹界にいるのは嬉しいです。

<<銀座、昔誘われたけど、惚れっぽいから、営業で、とか無理。やめといてよかった。

さやさんはナンバーワンになれますよ、ほんと。「惚れっぽい」なら私が通いたかったなあ・・・。

ところで、地裁レベルで上まで行かなかった判決が判例になるか、というのは、確定的な判例にはならない、と私も思います。でも、いちおう参考にはなる(される)でしょうね。

「銀座のクラブのママの枕営業は○春と同じ」で判例が確定したなら面白いですけどね。さやさんとは逆で、私は裁判例を割って欲しくない、と思っておりますですよ。

少なくとも、この判決で「銀座のクラブのママ」のステータスは下がったことでしょう。

Posted by poohpapa at 2015年05月30日 07:19
はなくろさん、おはようございます

まさに「枕営業は売春と同じ」と認定して、枕営業そのものが不法行為かどうかには触れてませんよね。てことは、裁判所が黙認した、ということになります。

その都度対価を支払う「直接」であるか、店の売り上げで支払う「関節」であるかの違いでしかない、とまで踏み込んでいますから、相当に裁判長は世情に明るい人かと思います。

奥さんがママによる枕営業云々ということでなく不倫ということで訴えていたなら勝っていたかも。

それと、さやさんが指摘しているように、最高裁まで行かずに地裁で止まってしまっているので、判例とまではならずに参考例くらいでしょうね。物議をかもした判決、ということで、参考にもされないかな、と思います。私は大いに納得ですけど(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年05月30日 07:59
よっこ☆さん、おはようございます

<<銀座のママが、枕してるって公にされて恥ずかしいですね。

まったく、その通りですね。これ、夜の銀座界隈では店を特定して瞬く間に噂が流れてるでしょうね。自分もしているのに「あそこのママはイヤ〜ね、枕営業までしてて・・・」とか言ったりしてね。

でも、ちょっと行ってみたい気がする自分がいる・・・(おい)
Posted by poohpapa at 2015年05月30日 08:04
昔、ある場所にたまたま行ったら、そこにいた人に、
「車(500万ほどの新車)、下に停まってるの、いらないからあげるよ」と目をご自分の手元からあげることなく表情ひとつ変えず言われ、特にその場では何も要求されなかったし、何も考えてないただのお金持ちだったらしいんだけど、
(えーっと、ここでもらうと、この先の愛人関係を断れないんだろーなー)
と思い、「いらなーい」と言ったことがあります。

その話を以前、年下の超イケメンの不動産会社社長(Y市の
方ではありません)としてたら、
「あー、マンションとか車とか、買ってあげるって言われるとめんどいよねー。名義変えとかいろいろさー。それで会わなきゃいけないし。向こうはソレねらってんだろうけど。オレも面倒だから家と車はパス。現金か換金性の高いモンがいいよねー。」
とのたまい、いや、アタシはそこまで考えてなかったよ、、、と思ったことを思い出しました。

その条件にはダイヤはあてはまるし、現金積まれるほど
下品でもない。持ち運びに便利でなんか無駄にキラキラして安い夢見られそう、、、って、よく考えられた品物だな、とは思いつつ、あたしはないかなー。
どんな女性でも、は言い過ぎです。
ホステスやママならあるだろうな。

あ、ジャックさんに、結婚20年で2カラットのダイヤを約束させてたの思い出した!今年じゃん!!きゃは
いらんけど。

Posted by 遠藤 沙耶 at 2015年05月30日 10:52
さやさん、またまた、こんにちは

ディック・ミネさん、言い切ってましたね。黒柳さんは大爆笑で、私はテレビの前で頷いてました。ミネさんの息子さんと話す機会があって、その話をしたら「うちの親父の考えそうなこと」と言ってました。

ま、私が2カラットのダイヤを見せたら、相手は「ええ?、それ本物〜?」と疑われそうですが、落ちるでしょうね。女は所詮「金色夜叉」の「おみや」です。もっとも、貫一の誤解ではありましたが。

それにしても、さやさん、凄い体験してますね(^◇^)

少し付き合ってから「あげる」と言われたら貰えるかもしれませんが、見ず知らずの人に「あげる」と言われて貰える人、いませんよね。私は男なんで、そういう男から「あげる」と言われたら、高級車は欲しいので、後ろ穴を貸す決心が出来るかどうか悩むでしょうね。

ご主人と2カラットのダイヤの約束してたんだ・・・。「要らない」と言ってても、さやさんが「カネの掛かる女」であることは間違いないかも(^^♪
Posted by poohpapa at 2015年05月30日 11:15
なんか沙耶様が自慢してる〜^ ^
やはり御自身に魅力が有り余る程に有るのを、ちゃんと認識して居られるのですね。
パパさんと縁が有る、と云う事で美女認定は完了なのですが(笑)だって面喰いでSKB(ryムニャムニャ

銀座には私ゃ一生縁無しだけれど、パパさんに頼み込んで沙耶さんとお近付きになりたいものです、、、て全然記事と無関係ぢゃ
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ψ(`∇´)ψ
Posted by 街のクマ at 2015年05月30日 18:28
クマさん、こんばんは

さやさんは華があるので大人の男が声を掛けたくなる気持ちはよく解かります。でもって、自分を実によく解かっていますから(ご本人はそのつもりはないでしょうけど)自慢されても鼻につきません。

紹介してほしい、ということでしたら仲介料を頂きます。なんせ私は不動産屋ですから(^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年05月30日 18:45
静かな夜更けにお邪魔しました。

<<逆逆、体は売っても心は売らないものですよ。
私もこの部分には、同感です。
女性は実はそうです。(私はそう思っています。)

心と体を切り離すことを手段として持てるのが女性で
心と体に本能的に行動するのが男性な気がしています。


唇に気持ちがのせられると思う私には、
女郎のきもちが分かるような気もするなぁ〜
きっと好きでもない人と、そうなっても唇は正直ですね、きっと。


裁判所で裁かれることになってしまって、明らかになる部分はあるかと思いますが、
ベールに包まれていたままの方が幸せだと思うこと、お金では解決されたくないなぁ
(つぶやき・・・

Posted by びびりw at 2015年06月01日 02:21
びびりwさん、おはようございます

例えば、それをご商売にしている売春婦の方たちや風俗にお勤めの方たちなら「体は売っても心は売らない」でしょうけど、銀座のママが枕営業をする、つまり「体を売る」というのは売春婦の方たちと同じになってしまうので、それは「しないほうが良い」ということなんですね。

銀座のクラブのママともなれば、売春婦の方とは一線を画していて欲しい、と思いますね。

で、たしかに、男は本能(欲望)あるのみですね。時に、女性にもいますが・・・。

女優でもない限り、キスなんて、好きでもない男とできませんよね、いくらそれがお仕事でも・・・。

男の目から見ると、クラブのママと、7年間も枕営業に乗っかっていた旦那と、その奥さん、3人のうちで、一番好きになれないのは「こんなことで訴えた奥さん」ですね。
Posted by poohpapa at 2015年06月01日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]