2015年11月19日

こんな外国人もいるもんだ・・・

これは先月、住宅新報さんで書かせて頂いた記事だが、ネットブログでも書いておきたい。


店番をしていたら、誰かが静かに入ってくる気配が・・・。

たどたどしい日本語で、「ワンルームでもいいです、お部屋を紹介してください」と言う。

年齢は私より少し若いくらいのご婦人で、椅子に掛けるよう勧めて、ゆっくり「お国はどちらですか?」と訊くと、予想していた通り「フィリピンです」とのこと。日本には22年もいて永住権もあるとか。

「今度、〇〇〇で働きます。おカネはあまりありません。保証人を頼める人もいません。寝起きできればいいです」と言う・・・。駅前の大手不動産会社に行ったのだが、連帯保証人が要る、とか、保証会社の審査が通らないかも、と言われて、商店街をぶらぶら歩いて、うちの店に入ってきたようだ。

ゆっくり、部屋探しをすることになった経緯やご事情を伺って不覚にも涙が出てしまった。と言うより、一緒に泣いてしまっていた。壮絶な苦労をなさっていて、頭にバカが付くくらいに正直な人である。

日本人のご主人と結婚して22年、ご主人は2度の脳梗塞で具合が悪く、その面倒を見るのが嫌で別居する、というのでなく、むしろ逆、と言ってもいいくらいの話であった。息子さん二人は現在フィリピンにいて、下の息子さんは向こうでバイクの事故に遭って左足の膝から下を切断していて、今も病院に通っている。日本から「良い薬」を送ってあげたいのだが規制の壁に阻まれて思うに任せない、とのこと。

ご主人は私と同年であった。喧嘩したワケでも、看病が嫌でもなく、仲が良いのに別居する・・・、

理由を訊くと、ご主人が生活保護を受けることになって、「自分はそれが嫌だった」とのこと。生活保護を受けることを潔しとしていないのだ。他にも「いろんな制約を受けるのが辛い」とも言っていて、「片意地を張らないで福祉のお世話になることも生き方の一つだし、自立できる時が来たら辞退すれば良い」と伝えたが、「生活保護を受けるのは恥」だと言って聞かない。今時、日本人にもいないタイプだ。

昭島の友人のアパートにいて、そこだって、いつまでもお世話になっているワケにはいかない。

別居していても頻繁にご主人のアパートを訪ねて、洗濯や食事の世話もしている。ご主人からも周りの人からも母国に帰ることを勧められるが、「病気の主人を置いてはいけない」と頑なに言う。3度目の脳梗塞があったらおそらく助からない、と知っていて、だからフィリピンには帰れないでいるのだ。

「本当はフィリピンに帰りたい」と言っていて、病気のご主人と怪我の息子さんとの間で板挟みになっているようだ。私が「日本に来て大変な苦労をなさいましたね」と声を掛けたら抑えていたものが溢れた。

世の中に生活保護を食い物にしている輩は多いが、福祉のお世話にならずに自分の力で生きたいと言う。だが、部屋を借りるためにも「先立つもの」が無い。手持ち資金は6万くらいで、月末にパートの賃金が6万くらい入ると言う。足して12万では部屋を借りるのもしんどいし生活が出来ない。

そこで、「私が一緒に社会福祉事務所に行って差し上げます。もしかすると救済制度があって、契約金の補助が受けられるかもしれませんよ。先ず率直に相談してみて、ダメだったなら改めて考えましょう。生活保護ではありませんから気にしなくていいですよ。私は社協の人たちとは仲がいいから任せてください」と言って、週明けに一緒に相談を受けに行くことにした。

その結果を受けて、どういう部屋を紹介したらよいか一緒に考えたいと思っていたのだが・・・、

予め社協には電話して概略も話しておいたが、結局は行かないことになった。どうも「社協に相談に行く=生活保護を受ける」と思ってしまったようだ。そうじゃない、と、よく説明したんだけど・・・。

再び、店に寄ってくれた際、現在の状況では部屋探しは困難であることから、ご主人と一緒に生活保護を受けることを勧めると、「ちょっと考えさせてください」とのこと。

帰りに缶コーヒーを2本渡そうとしたら「1本でいいです」と言って頑として1本しか受け取らない。まあ、そういう人である。だから精一杯お力になりたいと思う。

しばらく顔を出さなかったが先週フラッと来店した。「どこの不動産屋さんに行っても『部屋探しは無理』だと断られました」と言う。友人のアパートからも出て、今は再びご主人と暮らしているとか。だが、あの様子では、一人分(単身者)の生活保護費しか受け取っていないのではなかろうか・・・。

それでも相変わらず一人暮らしは諦めていない。私なんかよりずっと頑固、江戸時代の武士なみである。その頑なさには閉口するが、「世間様にご迷惑は掛けられない」という一途な思いには共感するし、この人なら家主さんや管理会社に迷惑を掛けることは無いだろう。困難な部屋探しだからこそ力になりたいと思う。「遠く祖国を離れて日本に来て本当に良かった」と思ってもらえるように。

ちなみに携帯電話は持っているがプリペイドで着信専用にしていて先方から連絡してくる時は公衆電話。なので、私が財布の中に(何かの時の為に)いつも入れているテレホンカードを差し上げた。今回も缶コーヒーは1本しか受け取らない。きっと自分では飲まずにご主人に渡していることだろう。




posted by poohpapa at 05:40| Comment(12) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

ご主人って、自宅療養?そして一人暮らしは諦めていない?
よく分かりません?

生活保護を食い物にしている輩は多いな。。。。。
Posted by たか at 2015年11月19日 08:32
たかさん、おはようございます

ご主人、自宅療養ですね。奥様は、看病や介護が嫌というのでなく、生活保護を受けることが嫌なんですね。だから、ご主人がいろんな人の勧めで生活保護を受けることになって、保護費で食べさせてもらうのが嫌で家を出ようとしているのです。もちろん、賃貸アパートです。

自分は家を出ても、ご主人の世話をしなければならないので、同じ市内で部屋を探していて、「どんな部屋でもいい、寝起きできればいい」と仰っています。

ふだん私も生活保護の不正受給に対しては厳しく糾弾していますが、こういう人にこそ保護を受けてもらいたいと思います。日本人の私のほうが恥ずかしくなりました。
Posted by poohpapa at 2015年11月19日 08:51
また偽善者度が上がっちゃいますよ。^^)

>「生活保護を受けるのは恥」だと言って聞かない。今時、日本人にもいないタイプだ。

“日本人”にはそんなに少なくないような気がします。
廉恥心のある日本人には…
良い部屋が見つかるといいですね。
Posted by ハリケーン at 2015年11月19日 08:52
ハリケーンさん、おはようございます

<<また偽善者度が上がっちゃいますよ。^^)

私も、それを危惧しておりましたですよ (*´▽`*)

今、当社の生活保護受給者、廉恥心なんてありません。最初はあっても、何年も受けていると、もう当然だと思っていますね。

当社の管理物件で「お勧めしたい部屋」はありますが、家主さんのご意向は「若い女性で」とのことなので、「何かの時は私が責任を負います」と言ってお願いするしかありません。普通は審査が通らない内容ですから。私は直接お会いしているので「この人なら大丈夫」と信じられます。

たとえ何かで私が弁済することになったとしても、嵩が知れていますしね。

はい、どうせ私は偽善者度200%ですが、それが何か !? (^◇^)

Posted by poohpapa at 2015年11月19日 09:03
泣いた(つд`)
私もさ親身になって話を聞いて「この人ならちゃんと払ってくれるだろう」って人に裏切られての繰り返しなんですけどどうしましょう(笑)
Posted by はなくろ at 2015年11月19日 09:53
受けて欲しいと思う人が拒否。
こういう人こそ、受け取って欲しいのに。
この人の為に力になりたい、と思える人ですね(*´∇`*)
Posted by kotako at 2015年11月19日 11:17
<< 泣いた(つд`)

えっと・・・・・、偽善者度80%ってとこで・・・(うそ)

はなくろさん、こんにちは

私も、はなくろさんと同じですよ、「あの人が裏切るかなあ・・・」「なんで・・・??」の繰り返しです。失敗しても懲りないから、でなく、人を信じたいのが先なんです。

ただ、黙っていても貰えるもの(生活保護費)を断固として辞退するような人なら、カネのことで裏切ったりはしないと思います。なので、最善は尽くしたいと思っています。よしんば、裏切られてもいいと思うのですよ。その時は「自分の目が曇っていた」と諦めます。

思えば、ここ10年、ずっと曇ってるなあ・・・。そうだ、メガネ屋に行ってこよ(違うか ^^; )

Posted by poohpapa at 2015年11月19日 12:21
kotakoさん、こんにちは

おい、こらっ!、また仕事中にコメントしてるな・・・ ( `ー´)ノ

この人なら頂いた保護費を無駄遣いしたりはしないでしょうね。

うちの入居者で、もう一人、私と同年輩の生活保護受給者の男性がいますが、その人も、生活費を切り詰めて、毎月、残った分をホームレスを支援する団体に寄付しています。なぜなら、ご自身もホームレスでしたから。

その男性は、私が部屋を案内したら、「再びこんな部屋で暮らせるようになるとは思いませんでした」と涙を流していました。私は仕事でお世話しているだけでしたが、もらい泣きしました。世の中には、自分の置かれている立場をちゃんと理解して、周りに配慮できる人もいるものですね。そういうお客さんに出会うとホッとします。
Posted by poohpapa at 2015年11月19日 12:31
いいんですーーー。仕事の一区切りがついた時が、私の休憩時間なのです(笑)

<なぜなら、ご自身もホームレスでしたから。
以前、書いていた人の事ですよね。
この人の事を書いてた時も思ったのですが。
例えば、私が作っている商品を(具体的に書きませんが、あれです 笑)パパさんの所にまとめて送ったら、
それを上記の人たちや、他にもパパさんが渡したい人たちに配ってもらう事は可能ですか?

とはいっても、この週末に送ります!とは言えないのですが(笑)
時間のある時にちょこちょこつめていけば、年内には!
(↑おそっ( ̄u ̄;) )
でも、上記に人たちは受け取らないでしょうか。
特に、この奥さん。。。
Posted by kotako at 2015年11月19日 12:40
kotakoさん、ありがとう (*^_^*)

どちらの方も喜びますよ、きっと。ご婦人は、生活保護、つまりは(勘違いしてますが)施しを受けるのが嫌なんですね。なので、そうでなければ喜んでくださるハズです。

大量に届いたらヤフオクに出品して、一部は私の生活費に・・・、なんてね。今月は売り上げがほとんどありませんで、個人的に会社にカネを貸して、そこから給料を頂いて帰る有様なんですよ。この26年間で無かったことです。家賃も立て替えてますしね。

(本当の話ですが)冗談はそれくらいにして、私の記事を読んで頂いて、そのように行動に移して頂けるのは凄く嬉しいですね。有り難うございます。でも、無理はしないでね。

ゆっくりでかまいませんからね。それでは、宜しくお願いします。

Posted by poohpapa at 2015年11月19日 12:58
缶コーヒーもやり取りの末、1本だけ…となったら。
受け取っては貰えないのかも…と思ったんですが。
大丈夫そうなら、良かったです(*゚∀゚*)

そう、ホームレスの記事の時も、ずいぶん迷ったんですけど。
この機会に、渡してもらえると嬉しいです。
もちろんパパさんと、さとひろさんや娘さんや息子さんの分も取って下さいね。
その上で、他に渡せそうな人がいれば、渡して下さい(´∀`*)

なかなか腰が重いので、まだかーーーーってなるかもしれませんが。
一応、締め切りは年内という事で。。。笑
Posted by kotako at 2015年11月19日 15:18
kotakoさん、有り難う ♪

でも、無理はしないでくださいね。私もとくに予告しませんし、ゆっくりで大丈夫です。

kotakoさんが編んでくれたブリーフとか褌なら心が籠っていて温かそうでいいですね。

あれ、違ってましたっけ??、ま、いいや (^◇^)

皆さん気持ちのいい人ばかりですし、きっと喜んでくれると思います。他にも渡したい人、何人かいますから有り難いです。私から御礼申し上げます。

真っ直ぐに生きている人、ついつい応援したくなりますよね。相手にハートが有れば、こちらもそれに応えようと思いますし、もちろん、見返りなど求めません。何より、今のような境遇にあって「気に掛けてくれる人がいる」ということが何より嬉しいものでしょう。

うちの分は少しでいいですよ。kotakoさんからの贈り物ってことになると、私は勿体なくて使えませんから。たぶん、宝物にして使わずに(使えずに)取っておくでしょう ^^;

いつも気に掛けてくださって本当に有り難う (^^♪

Posted by poohpapa at 2015年11月19日 15:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]