2015年08月04日

どこかで見た光景・・・

昨日、フェリー火災のニュースを観ていて、つくづく、日本は韓国とは違うんだなあ・・・、と思った。

イタリアの豪華客船コスタ・コンコルディア号の船長も、韓国のセウォル号の船長も、乗客の救出は放り出して真っ先に、と言うか、我先に逃げ出したが、日本のフェリー「サンフラワー」の船長も乗務員も先ず乗客の安全を確保して、それから最後に自分たちが船を離れている。

不幸にして一人の不明者(機関士)が遺体で発見されたが、みんな「海の男」である。亡くなられた機関士の父親も海の男で、そのコメントも涙を誘う。ご冥福をお祈りしたいと思う。

「韓国のセウォル号からいち早く(客を装って)救けてもらった船長のニュースが記憶に新しいから」、と言う人もいるだろうけど、職責の認識度の違い、似非プライドでなく真の名誉を重んじる日本人の国民性の違いによるものではなかろうか・・・。私はそう思っている。

で、過去のいろんな海難事故、水難事故の動画を観ていて辿り着いたのが玄倉川水難事故の動画、

これ、観ていて「ああ、今、こいつらとそっくりな奴らがいるわ」と思った。

先ず、子供を含む13人が死んだ玄倉川水難事故の救出作業の様子を伝える動画をご覧頂きたい。責任のない子供も含まれているが、「お亡くなりになった」ではなく「死んだ」である。


「玄倉川水難事故」

中には、「あのオジサン(避難を呼びかけるダム職員)の言うことを聞こうよ」と親に訴えていた子供もいたようだが、バカな大人の所為で、時すでに遅く、そこにいた18名のうち13名が死んでいる。

で、こいつらと誰がそっくりなのか、と言うと・・・、





「安保法案反対!」と叫んでデモしてる人たち・・・、である。

幼い子供もいるのに、身に迫る危険を理解しようとせず、再三の退避勧告を無視してキャンプを続行して、「こっちはキャンプを楽しんでんだよ」「殴るぞ!失せろ!」などと暴言を吐き、ようやく「これは死ぬかも」と気付いたら、「早く助けろ!」「それがオマエらの仕事だろうが!」などと暴言を繰り返し、救出されても地元の人が出してくれたおにぎりを「不味い」と言って床に叩きつけた奴もいたという・・・。

全く同じじゃん!、と思った。もちろん、中州でキャンプしていたのは安倍さんではない。反対派はそう言いたいだろうけど。こういうデモに参加している奴らに限って「こっちは今、平和を楽しんでんだよ」と暴言を吐き、「あべをゆるさない」とプラカードを掲げていても、いざ有事の際には「早く助けろ!」「それがオマエらの仕事だろうが!」と騒ぐんだろうな・・・。その光景が目に浮かぶ。

ちなみに、玄倉川のバカを救出すべく要した費用は5億円だとか。もちろん、原資は税金である。当然に、この先、日本が領土の一部を失ったなら、その際の損失はそれどころではない。その時が来ても、平和ボケしてデモを楽しんでいたりバイトで参加している者どもが責任を取ってくれることは無い。

カネだけの問題ではない。救助に当たる人たちの命も危険に晒されるし当然に家族もいるのだ。

おそらく、水位が高まって流れが激しくなっても「どれだけ危険か」の認識が出来ない輩だろう。今まさに日本の周りはジワジワと水位が高まり流れが激しくなってきているが、「自分たちが持っている浮き輪とロープ、つまり憲法9条があれば大丈夫、死ぬようなことにはならない」と嵩を括っている・・・。

海や川だけでなく山でも毎年、信じられないほどの軽装備で出掛けて事故に遭う人がいる。不可抗力であるなら仕方ないが、最悪の次第を想定して人様に迷惑を掛けないようにするのが大人の良識。

動画の最後のほうに付いているテロップ、「彼らは何を根拠として、それほどまでに自分達の安全を確信していたのか??」は、まさに安保法案に反対してデモしている奴らにも言えること。

自分たちは対案も議論に応じるつもりも無く憲法改正の為の議論も赦さずにいて「強行採決だ」「憲法違反だ」と騒いでいる輩は、この玄倉川の中州にいて流されて死んだ奴ら(子供を除く)と同じ。

戦後70年・・・、軍国主義化などでなく、日本は自力で国を護れるよう備えなければならないだろう。

posted by poohpapa at 06:39| Comment(12) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
無辜のお子さんが犠牲になったのは痛ましい限りです。誤解されるで多くは言いませんが’親の背を見て子は育つ’と言う諺があります。
昨今の安全法制で高校生がデモやっている映像がTVで流れていましたが、普通の高校生は勉強している時期ですよ、誰の影響なのでしょうかね?
Posted by ボース at 2015年08月04日 08:34
玄倉川の中州から生還した人は今どうしているのでしょうか、気になります。
あの時ちゃんとした知識と判断力があれば…と後悔し反省しているでしょうか。

個人的には、中洲のDQNと安保反対デモ隊は被りません。
例えがしっくりこない。
やめろと言われてたのに勝手に紛争地域にいって捕まったDQNが、政府に助けてくれ!それが仕事だろ!と怒鳴ったのであれば通じます。

ちなみに「強行採決」なんて言葉は日本固有ですね。
採決する方法が決められているのであれば、強行だろうが話し合いだろうが最後は多数決なので。
本来憲法が政治の暴走の抑止力になるハズなので、違憲な法案であれば強行採決しようが話し合いで合意しようが、破棄されなければならないのが普通というか、日本以外の国ではそうですね。
日本の最高裁は憲法に対して抽象的な違憲審査制度がないので、安保が違憲であることが自明でもそれに対して違憲裁判を起こすことができません。
具体的事例に個別的に機能するだけです。
例えば、今回の安保によって海外で死亡した自衛官の遺族が、違憲な行動中に被害にあったと訴えれば裁判になります。
まぁそれによって法案が破棄されることはないでしょうが。

ここではっきりしているのは、安保法案が違憲だということです。
安倍さんのように二転三転して、結局うやむやに解釈を捻じ曲げると重大な瑕疵を子供たちに残すことになります。

>日本は自力で国を護れるよう備えなければならない
というのであれば安保はいらないと思いますけど…
安保があるかぎり自力で守れるようにはなりませんね。
安保反対!(*^^*)
Posted by ハリケーン at 2015年08月04日 09:14
ボースさん、おはようございます

子供は気の毒ですよね、きっと、最後まで「死ぬ」などとは考えもしなかったことでしょう。

もう15年も経っているのですか・・・。数年前の出来事だと思っていました。

この時、助かった大人たちは今どうしているのでしょう・・・。ちゃんと反省して暮らしているとは思えませんね。子供たちはどう育っているのでしょう・・・。その後(今)が知りたいものですね。

コメントを読む限りでは、良い若者には育っていない、とありますが・・・。折角助けられたのですから「社会に恩返しする人間」になってくれていたら、と願っています。


Posted by poohpapa at 2015年08月04日 09:22
中州に取り残されて・・・・って事故あったなぁーって思ったけどよく思い返したら(動画を見たら)あれは事故とは言いませんね。退避勧告無視して居残って濁流に飲まれたのだからあれは自殺行為ってことで。本当に一番の被害者は子供だわ。
この救助活動においてレスキューの人達に死傷者が出てなかったのが幸いですね(出てないですよね?)

こんなやつらを助けに行って命を落としたとあったら死んでも死にきれないでしょう。

セウォル号の事故と今回のフェリー火災、国民性の違いを改めて見せつけられたような気がしました。セウォル号の事故の時に「日本人船長だったら絶対にあんなことしない」って根拠なしに思っていたけれどそれが本当だった。
日本人であることが誇りです
Posted by はなくろ at 2015年08月04日 09:39
poohpapaさんおはようございます。

機関士の母親がテレビに出ていたけど、可哀想でしたね。

玄倉川水難事故の親達はモンスタークレーマみたいなもんでしょう。
自業自得です。
Posted by たか at 2015年08月04日 10:24
度々出没してすいません。
こういう事ありましたねー
最初の報道で、こういう事態に陥った経緯を聞いた途端、はっきり言って同情する気持ちが一切なくなり、ニュースにも注意を払わなくなってましたですね。
冷たい女です。すいません。


安保の件は・・・
多分、参加者の中には、いろいろ深く考えずに短絡的ノリで「他人の信念」を上っ面だけ「自分の信念でもある」と思ってしまった人が多くいるのではないか、そういう人がいざ「ないない」と言っていた状況の渦中の人となったら、手のひら返しで騒ぐのではないか?
という意味ととらえて、「あるある!」と私も思います。

私は非難されるのを覚悟でいいますが・・・
今の日本の状態なら安保賛成、だけどそれなら米軍に足かせをはめる事なしに本当の意味で有事の際に有効な防備ができるような体制にして欲しい、と思います。(足かせとは米軍が国内の一般道を移動できないとか。今はできるんでしたっけ? 兵站業務で戦果って左右されるじゃないですか。)
私が米兵だったら、アレしちゃダメ、これは困ると言われつつ、でもあんたの命をかけて助けろって言われたら、うち帰っちゃおうかなー、って思いますね・・・勝手に帰れませんが。

逆に安保反対ならば、自国民が自国を守れるようになっていなければならない、と思います。
私は安保反対なんですよね。というより、自国は自国民で守るべし、の一言なんです。
それができた上で、その時その時の状況に応じて同盟内容、相手を選べるようにしようよ、と。
相手を選べる状態なればこそ、相手もこっちを重んじるんだよ、と言いたいです。

私は両親の遅い子供で(女心として一応断ったり)、両親はばっちり戦中派です。後1年、いえ半年戦争が長引いていたら父も前線に送られていたかも。祖父は実際前線で戦っておりましたし。
そういう親、祖父母から話を聞くと戦争はしちゃいかん!って思いますが、papaさんも書いておられましたが、戦争とはこっちがするつもりがなくても起こるもの。
それでもしない、と言い張るなら、侵略・征服・属国化に甘んじるしかない。
私は身近になかった他言語を、今更覚えろと言われても覚えられませんヨー?

私だったら、北海道から鳥取県あたりの日本海側のそこここで同時に陽動作戦を行って、米軍・自衛隊がどうすべどうすべと言いながら日本海側広範囲に集まって来たら、太平洋側から攻撃をしかけますね。
日本海側と太平洋側、装備はあってもそれを操作する熟練兵の数って足りるのかなー?

なんて。
今はボタン戦争でしょうけどね。
 
遠くからミサイルドンパチ撃ち込まれて、迎撃するにも限度があって、もー止めさせるには元を断つしかない!って時、今の日本の憲法では他国内を攻撃目標としたミサイル飛ばせるのかな?自衛隊の攻撃機飛ばせるんですか?
それとも日本の都市が爆撃されているのに、米軍に「よろしく!」って言うしかないのかな?
迎え撃ち漏らしたミサイルが着弾して、そこここで町が崩壊し人が逃げまどう時、誰が安全な場所まで自分を、家族を、大事な人を送り届けてくれるんだろう・・・?


あ。
記事が一本書けた。しまった。(笑)
コメント欄で長文申し訳ありません。

Posted by 葉山猫 at 2015年08月04日 13:44
20年以上前に新聞のコラムで読んだ記事。
姪の女子大生がコラムっ子のとこに来た時に、明治時代の
話しがちょっと出た。
乃木希介のことを話すと姪は知らないという、では東郷平八郎は
というとやはり知らないという。
女子大生なのに、そもそも日露戦争を知らなかった。
明治時代じゃ今の子は知らないかな、と話題を昭和に進めると
太平洋戦争のことも知らなかった。
そもそも、日本とアメリカが戦争したことすら知らなくて、
逆に「それでどっちが勝ったの?」と聞かれ、
コラムっ子は椅子から落ちそうになったと。
バカはこの姪だけかと思ったら大間違い。
姪は後日、学校でこの話(日米戦争)を友人たちに聞いたところ、「知ってる子も
いたけどほとんどの子は(日米戦争を)知らなかった」と言っていた。
昭和末期でさえ、歴史認識がこの程度の若者は少なくなかった。
この女子大生たちも今は50歳前後の立派な?大人です。
まさかと思うが、安保反対デモの中に加わってたりしてw





Posted by トントン at 2015年08月04日 18:44
ハリケーンさん、こんばんは

コメントの返信をしなければ・・・、と思いつつ、睡魔に襲われて夕方から寝てしまいました^^;

<<個人的には、中洲のDQNと安保反対デモ隊は被りません。

いえいえ、200%被ってますよ〜。

自らに迫る危険を認めようとせず、人の意見や注意、警告には全く耳を傾けないのですから。今、私が対峙している気違いや孤独死したC氏と同じタイプの精神異常者です、それは間違いなく。単に、意見や政治信条の違い、ではありませんね。

私も、この時に助かった人たちがどうしているか気になります。せっかく拾った命なのでこれからは社会に恩返しする生き方をしよう、とはしてないでしょうね。そういう性根は死んでも治りません。子供も、どうなんでしょうね。その時のレスキュー隊や地元の人を逆恨みしていそうな気もしますね。

安保法案が「違憲」と言いながら「だから先に憲法改正を」とは言わないんですよね、反対派の人は。

〇安保法案には賛成で憲法違反でもない(解釈の問題で良い)
〇安保法案には賛成で憲法違反だから憲法改正をした上で法案を可決しよう(間に合うかどうかは別)
〇安保法案には反対だし憲法改正も必要ない(憲法9条を利用しているだけ)

安保法案には反対だが憲法改正は必要、というのはナシですね。今、反対している奴らは9条を利用しているだけで、憲法改正をしてしまうと安保法案に反対する根拠を失いますから。ま、何かこじつけるとは思いますけどね、昔も今も左翼のやることは何も変わっていませんしね。

<<日本は自力で国を護れるよう備えなければならない
というのであれば安保はいらないと思いますけど…
安保があるかぎり自力で守れるようにはなりませんね。

それだけの軍事力を備えていないのに、今、安保を破棄できますか?、順番が違うと思いませんか?

憲法議論と同じで、軍事力増強には反対しておきながら「安保は要らない」と言う・・・、支離滅裂なんですよ。安保も認めないけど自国を護れるだけの軍事力を備えることには反対する・・・( `ー´)ノ

この安保法案に関する一連のコメント、本当にハリケーンさんからなのかなあ・・・。

Posted by poohpapa at 2015年08月05日 21:43
はなくろさん、こんばんは

自殺行為、と言うより、集団自殺ですね、判断力のない子供まで巻き込んだ・・・。

ほんと、レスキュー隊に死傷者が出なかったのが何よりです。人の命の重さは同じではありませんね。どう考えても、この馬鹿な大人とレスキュー隊員の命が同じ重さとは思えません。

フェリー火災、韓国でも「日本人を評価せざるを得なくなってる」ようで、こんなこと言ってはナンですが愉快です。そうなんだよ、オマエらとは根本的に違うんだよ、と胸を張りたくなります。
Posted by poohpapa at 2015年08月05日 21:52
たかさん、こんばんは

そっか・・・、どこかで同じような奴らを見てるな・・・、と思っていたのですが、たしかに、モンスターペアレンツはこんな感じでしょうね。

機関士のご両親、お気の毒です。まさか、こんな事故で息子さんを失うとは思ってもみなかったでしょうし・・・。原因をしっかり究明して、同じような事故が起きないようにして頂きたいですね。
Posted by poohpapa at 2015年08月05日 21:58
葉山猫さん、こんばんは

いやあ、このニュースをリアルタイムで見ていた人たちは、子供は別にして、「助けなくていいよ、こんな奴ら」と思っていたでしょうね。私もそうでした。せめて、「女子供だけでも何とか助けてくれ」とでもお願いしたなら可愛いとこありますが、いよいよもって危なくなったら(悪天候にもかかわらず)「ヘリを呼べ」「オマエらの仕事だろうが」ですもんね。

私がレスキュー隊の隊長だったら何か理由をつけて撤退してしまいますね。子供もいるから難しいでしょうけど・・・、子供を助け終えたところで「後は無理」と言うかもです。

助けられても感謝もしないでしょうしね。地元の人が出したおにぎりを「不味い」と言って床に叩きつけるような人たちですから。ましてや、後日、救助に当たってくれた関係者を訪ねて謝罪とお礼をする、なんてことも無かったでしょう。子供を除いて、全員死んだ方が世の中の為だったかと思います。

ま、私のほうが葉山猫さんより遥かに冷たいのです。私の場合は、一生懸命尽くしていても、見切りをつけたならもう人間扱いしませんもん^^;

安保の件は・・・、スルーさせて頂きますね(おい)

ただ、葉山猫さんはいつもながらに冷静に分析なさっていると思いますね。でもって、マスコミや周囲に流されて、よく考えずに反対している人たちは、イザ有事となったら真っ先に「自衛隊、助けて!」と騒ぎ出すのは間違いないでしょうね、たしかに。

言えるのは、戦争法案だ、徴兵制復活だ、と騒いでいますが、葉山猫さんが仰るようにボタン戦争の時代ですから徴兵では間に合いません。国土が攻撃されて戦争に巻き込まれることになっても、戦地に赴いたり実際に戦闘するのは自衛隊の(訓練を受けた)人たちなんですね。

って、スルーしてないですね、すみません(*´▽`*)
Posted by poohpapa at 2015年08月05日 22:19
トントンさん、こんばんは

失礼ながら、姪の女子大生さん、相当にレベル低そうな感じが・・・(*´▽`*)

いくらなんでも、日本がアメリカと戦争していたことも、負けたことも知らないとは・・・( `ー´)ノ

でもね、授業がイケナイんですけどね。以前から言ってますが、歴史の授業は、日本史で言えば、明治維新より前、つまり江戸時代までは「教養」であって、それ以降は「教訓」だと思うのです。つまり、同じように歴史として習っていても、全く別物なんですよね。

それに、古い順に教えていて、だいたい明治維新くらいまでで年間の講義が終了しています。それでは太平洋戦争のことを今の子供たちが知らなくても仕方ないかと思います。

で、さすがに、50歳まで生きているなら「もう知った」でしょうけど、安保反対デモに参加していたなら何も進歩していないことになりますね。もちろん、安保法案に対して具体的に「思うところ」があって反対するのは全くかまいませんが、周囲に流されて自分で考えることなく、なら最悪です。

そうでない50歳になっていることを願っています(^^♪
Posted by poohpapa at 2015年08月05日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]