2015年10月18日

こういう学校行事は大賛成、羨ましい

本日3本目の記事、と言っても引用ですが (*´ω`)

これもいつもの「 grape -『心』に響く動画メディア」さんの記事から、

『日本一過酷な遠足』 バレンタインよりも男女が胸キュンする行事

この元記事はリンク先に飛んでご覧ください。

ずっと以前に私も記事にしていたかと思います。こういう遠足(学校行事)はいいですね。毎年、回を重ねて「良き伝統」になってますし。こういうのを思いついた人、かなり頭がいいですね。

24時間以内に、ということは、真夜中も歩いている、ということで、105kmを休みなく歩き続けたとして、成年男子が早足で100mを1分で歩くとしたなら17時間半、不動産屋の広告よろしく80mを1分で計算したなら22時間弱。「105kmは直線距離」だとすると、ゆっくり歩く男子ならギリギリ。

それにしても、お守りとリンゴの話・・・、ロマンチックでいいですね。好きでなくても「惚れてまうやろ」です。うちの母校でもやれば良かったのに、と思います。ま、先生が大反対したでしょうけど。自由な校風を謳っていながら「そういうのを許さない」教師たちでしたから。要は、面倒が嫌で、自分はリスクを負いたくない連中でしたから。先生の言っている「自由」は「自分たちの掌の上だけで転がしてる自由」でしたね。そういうのを実感していたのは生徒会活動をしていた生徒だけでしょうけど。

私の母校からだと伊勢神宮までが最短距離で同じくらいの距離になりますでしょうか。甲府一高の強行遠足が如何に過酷なものかが分かります。それでも、そんな青春があるのは羨ましいです。



posted by poohpapa at 05:52| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く胸キュンしませんな。

自分に置きかえるとそんなことは断じてあり得ないのですが、バレンタインと一緒で全く「お守り」を貰えない男性も沢山いるわけです。
一方、自分を顧みても思いつくのは、全く歯牙にもかけない相手から「お守り」を押し付けられるということも多々あります。

こうなるとテンションだだ下がりで、完走しようとする気持ちはおろか、最初から参加するのもやなこったになります。
完走率が53%もあるのは、学校行事で強制されるからですね。
こんな全く不幸な高校生活を送らされる学校があろうとは…

自分には身に覚えのない不幸な境遇の男子高校生に落涙を禁じえません。

「お守り」を貰ったからといって、いきなりその娘を好きになったりしないでしょ、普通。
完走するのが嫌で途中で「リンゴ」は食べちゃいますね、普通。
で、酷いヤツだと罵られる、こんなに不幸なことはあってはなりません。
Posted by ハリケーン at 2015年10月19日 09:02
ハリケーンさん、こんにちは

順番が前後しちゃいました、すみません。

まあ、私も、胸キュンまではしませんが、高校生の青春の1ページとして温かく見守ってあげれば・・・、と思いますですよ。思いを寄せる人からお守りを貰える人、眼中にない人から貰っちゃった人、誰からも貰えない人、貰いたいとも思っていない人、全部含めて青春です。

そういうのを抜きにしても、いい行事、だと思いますよ、私は。
Posted by poohpapa at 2015年10月19日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]