2015年10月31日

Youtube で見つけた「おもしろ動画」

たまたま見つけた動画で、この男は死亡しているようだが、記事のジャンルは「笑い話」にする。

本当にあった呪いの「韓国エレベーター」

こんなの「呪い」でも何でもない。タダの馬鹿、国民総「火病」というお国柄を如実に物語っている話。

ちょっと考えれば「突っ込んだらどうなるか」など分かりそうなもの。小学生でも分かるだろう。こういう精神異常者を単独で街に出すのが間違い。本人より行政の責任ではある。

posted by poohpapa at 06:55| Comment(2) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
死亡した男性の行為もかなりアレですが、写り込んでいる人影が何の関心もなく平然と無視しているのが怖いです。
日常の風景なので、誰も関わらないようにするのがこの国の基本なのでしょうか。
怖い、怖すぎる。
Posted by ハリケーン at 2015年10月31日 08:57
ハリケーンさん、再び、おはようございます

私も、近くにいた誰も注意しなかったのかなあ、と思いました。転落した後で寄ってきたオジサンが「今、なんか落ちなかったっけ?」、下を覗きこんで「あ、やっぱり落ちてるわ」という感じで違和感がいっぱいです。

ドアにぶつける時の掛け声と転落する時の絶叫がリアルですね。

こんなふうに、人に迷惑を掛けて死んでいくのはねえ・・・。とことん自分勝手なんですね。
Posted by poohpapa at 2015年10月31日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]