2015年11月14日

読めそうで読めない漢字

いつもの訪問先 「grape−『心』に響く動画メディア」さんの(少し前の)記事から、

「黒子」「集く」簡単な漢字なのに読めない漢字24種!あなたはいくつ読める?

読めそうで読めない漢字の話。PCや携帯での変換に慣れていて、読めても書けない漢字は多い。

頁ごとにレベル1からレベル4まで徐々に難易度が上がっていく。試しにやってみたら、1頁目と2頁目は全部読めたけど難易度が上がる3頁目と4頁目は半分しか読めなかった。してみると、宮崎美子や麻木久仁子は凄いと思う (*´▽`*)

以前も書いたが、お馬鹿キャラで売ってるタレントは勉強する必要が無くて楽だけど、博学をウリにしているタレントは常に知識の吸収に努めなければならないから大変。どっちが売れっ子か、でなく、今のポジションを維持するために必要な努力量を基準にギャラが決まるようなシステムも必要かも。

あ・・・、ダメだろうけど、クイズ番組なんかでは基準となる(低めの、言わば基本給の)ギャラを平等に設定しておいて、あとは正解数で(歩合みたいなギャラが)決まる、というのもアリか・・・。

それにしても、視聴者参加型のクイズ番組は見かけなくなったなあ・・・。素人参加型のほうが圧倒的に制作費は安くつくだろうし、なんでお笑いタレントなんかを使うんだろ・・・。わざとらしく不正解の解答をするたびに面白くも無いギャグやボケを見させられるのにも最近は飽きてきた ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 06:27| Comment(9) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
oohpapa さま
漢字は難しいです…。
今まで、紅葉…こうよう 愛でる …あいでる…と読んでいました(^o^;)
よかった…papaさまに顔を知られてなくて…(*^_^*)
Posted by ポニー at 2015年11月14日 17:25
poohpapaさま 今日、書き込みさせていただいたのですがアドレスを間違って入力してしまいました。
よりによって、漢字の間違いの記事なのにアドレスも間違えてしまいました(@_@;)
Posted by ポニー at 2015年11月14日 18:16
レベル2の設えるでつまづいてしまいました。
さすが、poohpapaさんは不動産屋さんですね。

レベル3も集くは難しいですね。
ベイゴマ(ばいごまとも)は読めましたしなつかしかったですね。

レベル4は、「然も」や「偶に」など逆に引っかけ問題かなと思うぐらい簡単でしたけどね。
ただ「戦ぐ」はクイズ番組でよみかたを覚えました。
Posted by T加 at 2015年11月14日 18:44
ポニーさん、こんばんは

今日は生憎の天気で、明日も続くみたいですね・・・、とほほ。

あ、「p」が抜けてる・・・、と思いましたですよ。ただし、全然OKです。

「愛でる」は、その昔、高校時代に古文で「虫、愛でる姫君」というのを習っていたもので覚えてました。でなければ分からなかったかもです (^◇^)

日本語は難しいですね。世界一難しい国語だと思います。ふだん使いこなしているだけでも日本人は凄い民族だと思ってしまいます。

Posted by poohpapa at 2015年11月14日 19:18
T加さん、こんばんは

実は、私が漢字を覚える方法は、毎日記事をアップしている中で、平仮名から漢字に変換していて「ああ、こういう字を書くんだ・・・」と覚えていったり、あとは、クイズ番組「Qさま」で覚えたりしています。もっとも、覚える端から忘れていきますが ^^;

ただ、Qさまを観ていると、「それは当て字だろ、普通はそんな字を書かないだろ!?」というのがよくありますね。テレビ画面に向かって文句を言うこともしばしばでした。

レベル3、4で半分正解、というくらいで平均的でしょうかね。あ・・・、T加さん、たぶん私より正解率が高かったんじゃないでしょうか。なんとなくそんな気がします。

Posted by poohpapa at 2015年11月14日 19:26
あきまへん、難しいです。
特に最後のページはひとつも解らんとです。
だが、こんなん読めなくても明日もまた陽は昇る(なんのこっちゃ)

学生の頃、意地悪で国語得意女に「薔薇」とか「檸檬」とか「憂鬱」を漢字で書いてみろ
とやらかしたのが思い出されます。
寿司が好きなんで鮃(ひらめ)や鱸(すずき)、細魚(さより)蝦蛄は読めるんですがねー。
Posted by トントン at 2015年11月14日 21:48
トントンさん、おはようございます

そう、漢字なんか読めなくても陽はまた昇りますもんね (^^♪

最後の頁(レベル4)は、「徐に」「四方山」「然り」は読めましたけど、「階 = きざはし」なんて、「きざはし」という単語自体を知りませんでした。この世に生を受けて間もなく64年になりますが、初めて聞いた言葉です。意味も知りません。

で、調べてみたら「段階」・・・、

「その件につきましては一気に変更することは避け、きざはしを踏んで対処いたします」なんて言いませんよね、普通。死語ですね、そんなのを問題にしちゃイカンでしょう。

「戦ぐ = そよぐ」は、後で思えば「Qさま」で宮崎美子が正解していたような・・・。

「薔薇」「檸檬」「憂鬱」、自慢じゃありませんが・・・、書けません。そんなの書けなくても宅建の免許取り消しにはなりませんから平気です (*´ω`)

そう言えば、お寿司屋さんで貰った「魚へん」の漢字がいっぱい書いてある大きな湯呑、うちの親父が使ってましたね、懐かしいです。
Posted by poohpapa at 2015年11月15日 05:35
階とかはともかく、固有名詞(サンマとかホオズキ)なんかはほぼ当て字や見た目が由来な気がしますけどね。
読めた方がいいのでしょうが、必要性は余り感じません。
というより、娘の小学校のお友達の名前が全く読めません…
Posted by ハリケーン at 2015年11月16日 09:42
ハリケーンさん、おはようございます

「Q様」なんかを見てると、普段そんな漢字は当てないだろ、という「読み」ばかりで納得いきませんね。つまりは日常的に使うことが無い漢字の読みが出題されていて、クイズの問題としては面白いのですが、それを正解とされると「何だかなあ・・・」ですね。

あ・・・、阿藤 海さん、お亡くなりになりましたね。好きな俳優さんでした (合掌)

普通は「そう読めない」キラキラネームをクイズの問題にしたら面白いかも知れません。今はキラキラネームが流行ってますが、少し前までは「クラブのホステスみたいな名前」が多かったですね。源氏名が後から追っただけのことなんでしょうけど・・・。
Posted by poohpapa at 2015年11月17日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]