2015年11月16日

私も武田邦彦教授のご意見に同感

ビジネスジャーナルの記事から、

小保方氏博士号剥奪で責任逃れの早稲田大に、「論文読んでない」と批判噴出

 早稲田大学は11月2日、一連のSTAP細胞論文問題を受け昨年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏の博士号取り消しを決定した。この決定に対し、小保方氏は「今回の決定に失望している。指摘された問題点をすべて修正して論文を再提出した。学術的な理由ではなく、社会風潮を重視した結論だ」とコメントを発表。このコメントに対し早稲田大学が反論を行うなど、両者の主張は平行線をたどっている。

 耳目を集めることになった小保方氏の博士論文問題の本質は、どこにあるのだろうか。

 中部大学総合工学研究所の武田邦彦教授は、11月9日のCS番組『虎ノ門ニュース 8時入り!』(DHCシアター)で、小保方氏の博士号取り消しに関連し、重要な発言を行っている。

「私の調査では、小保方氏の周辺の(同氏とは無関係の)5研究室でも、多くのコピペが見つかっている」

 武田教授は小保方氏の論文を読み「学問的価値があり、立派な論文だ」と評価し、その上で早稲田大学の責任について指摘した。

「学生は半人前であって、指導教官が指導するのが仕事。採点にミスがあったら教師が謝り、本人に被害が及ばないようにするのが学校の責任。採点が間違っていたという理由で、後で取り消されたら、学生の人生が狂ってしまう。私たち博士論文を審査している教授の間では、今回の早稲田大学の措置を“あり得ない”と言っている。名古屋大学のある先生は、『論文を読んでないとしか言いようがない』と言っていた。早稲田大学は逃げただけだ。このままでは日本の教育はダメになる。早稲田大学には、学問の府としてのプライドを持ってほしい」

●回避された大学側の責任追及

 そもそも博士論文の審査は厳密である。博士号の学位は3〜5人が審査する。主査(指導教官)は同大学から選ばれるが、副査は外部の大学から選ばれることも多い。審査には、通常半年程度はかかる。予備審査会、公聴会、審査分科会と進み、そのすべてをパスし、かつ主査・副査の全員が署名しなければ、博士号を授与することはできない。

 小保方氏が2011年に早稲田大学から博士号を授与された際にも、この厳格なプロセスをすべてパスしたのであり、そこにミスがあったとしたら明らかに大学側に責任があると考えるのが当然であろう。主査、副査をはじめ、予備審査会、公聴会、審査分科会に出席していた人々になんの問題もないというのだろうか。

 11月2日の早稲田大学の記者会見によれば、小保方氏のほか、06年以降に博士号を授与した博士論文で、引用不備など訂正が必要なものが89本あり、うち48本はすでに訂正したという。小保方氏の博士論文は訂正を認められず、博士号剥奪という結論となった。

 STAP問題から続く、小保方氏のみに責任を押しつける風潮は、異常としかいいようがない。同問題でも指導教官への責任追及ではなく、小保方氏たった一人への個人攻撃に終始した。

 「現代の魔女狩り」とまでいわれる「STAP狂騒曲」は、いつまで続くのだろうか。

(文=大宅健一郎/ジャーナリスト)


この記事の中で、私が「なるほど・・・」と思ったのは以下の一節、

学生は半人前であって、指導教官が指導するのが仕事。採点にミスがあったら教師が謝り、本人に被害が及ばないようにするのが学校の責任。採点が間違っていたという理由で、後で取り消されたら、学生の人生が狂ってしまう。


私には「小保方氏の論文が学問的価値がある立派な論文」かどうかは分からない。ただ、早稲田大学で小保方氏の論文の審査を担当した教官たちが小保方氏の博士論文をろくすっぽ読んでいなかったのは間違いないだろう。読んでいなかった、と言うより、教官には理解できずに鵜呑みにするしかないモノだった、と言うほうが正しいかも。小保方氏の博士号を剥奪するなら、論文の不備を見過ごした教官にも何らかの処分があって然り、だと思う。あ・・・、昨日の記事の「然り」が出てきた (*^_^*)


次元は違うが、

高校時代、期末試験で私の間違った答えが正解とされていたことがあった。「ラッキー!」ではあったが、その答案用紙を職員室に持って行って、教科担任に「これ、間違ってるのに正解になってるんですけど・・・」と言うと、先生は「ああ、ほんとだ・・・。だけど、私が正解だと思って〇しちゃったんだから正解でいいよ」とのこと・・・。予想してなかった反応で・・・、正直、困った。

実は、私は余裕がある成績を収めていたワケでなく全く逆であった。その1問で追試になるかどうかが決まるくらい切迫していたのだが、当時、私にとっては自分が追試になるかどうかより先生に間違いを認めさせる方が重要だったのである。「落とせる(落第させられる)もんなら落としてみろ!」という意気込みで職員室に向かったのだが拍子抜けしてしまった。今思えば、昔は一事が万事おおらかだった。

卒業式の直後、卒業証書を持って職員室に行って、担任に「物理の中間試験と期末試験と学年末試験、5回とも白紙答案を出しているのに単位が与えられるのはおかしい。落第させるべきでは」と言ったのだが、その時も「卒業証書でも何でもやるから、頼むから出て行ってくれ」と言われた・・・。

先生は、私の人生が狂わないように配慮してくださったんだろう。ま、そう思っておこう

今回の小保方氏の処分(その内容)によって早稲田大学が評価を落としたのは間違いない。もし小保方氏が出した論文が「デタラメな捏造で、他からの引用ばかりで、当然に博士号に値しないモノだった」として、それに対して博士号を与えたのは他ならぬ早稲田大学自身なんだから。

それによって小保方氏や理研には相当な国税を注ぎ込んでいたワケだから、「悪いのは小保方一人」として我れ関せずで逃げるかのような早稲田大学の態度は如何なものか。

以前の構造計算偽造問題、いわゆる姉歯問題の際、欠陥マンションに対して「担保評価がある」と認めて融資を実行した金融機関が一切の責任を取っていないのと似ている。

だから私は武田邦彦教授のご意見に激しく同意するものである。



posted by poohpapa at 05:23| Comment(12) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

早稲田はこれで品格を落としましたね。取り消さずに問題なく修正されている、なんてコメントで認定しておけば、太っ腹をみせられたのに。
最初に博士論文を認定した人達の責任はどうなんでしょう?


物理の中間試験と期末試験、授業にでてたら、60点もらえるのですよ。試験の時、たまたま忘れてただけなんでしょう。
Posted by たか at 2015年11月16日 08:19
たかさん、おはようございます

理系の博士号・・・、全く新しい発見(研究成果)や理論を確立して得られるものなのか、剣術の免許皆伝みたいに「全ての技術を習得した者」に与えられるのか私には分かりませんが、今までにない発見や技術で、というなら教官も理解できないかも知れないし、免許皆伝ならコピーや引用があるのは当然、と思ってしまいますが・・・、どうなんでしょう。

いずれにしても、審査に当たった教官には見抜けなかったか、ちゃんと読んでなかったのか。だとすると責任は免れませんよね。小保方氏にだけ責任をおっ被せるのはみっともない話です。

内容が博士論文としては十分でないものに博士号を与えるワケにはいかないでしょうけど、何かいい「落とし処」は無かったものか・・・。

そうそう、私は文系クラスでしたが、物理の実力テストでは理系クラスの平均点を上回っていたんですよ。物理の先生が好きでなくて、中間期末は白紙答案を出していました。
Posted by poohpapa at 2015年11月16日 08:55
武田邦彦さんかぁ…
彼が擁護するとネガティブ・キャンペーンにしかなりませんね。

早稲田大学だけではなく、日本の大学全体がディプロマミルだと思われるので(もう思われているのかな)、厳しい結果はやむを得ないと思います。
それより小保方さん以外にも沢山いるので、まとめて処分しないとダメでしょう。
当然指導教官も含めて。
私学にも税金は多量に注ぎ込まれているので、早稲田に対する補助金をストップするくらいの罰則はないといけませんね。
論文のコピペを見分けるのは難しいでのでしょうが、今の時代それをやるか、あるいはコピペをOKにするかしかないでしょう。
しかし、論文を書く研究者の矜持とかはどこいっちゃたんでしょうね。
Posted by ハリケーン at 2015年11月16日 10:01
正論を言えば、小保方さんと同様なケースをまとめて処分、ということになるのでしょうが、それはパンドラの箱を開けることになります。

日本では産学分離が基本にありますから、お金になる研究は企業で、お金にならない研究は大学で、と分離されています。

企業は、基礎学力がある人材であれば充分ですので、学部卒の学生を欲しがります。
大学院に進む人は、「お金にならない研究をしたい人」、「実力が足らないため箔を付けたい人」のどちらかになります。
前者は圧倒的に数が少なく、その中でも優秀な人はほんの一握りです。

残念ながら大学院に進学する人の、9割9分くらいが、研究者としては資質が足りない人です。
しかし、その9割9分を受け入れなければ、研究室を存続させることができず、優秀な研究者(主に教授)に研究をさせることが出来ません。
このあたりは暗黙の了解になっています。

小保方さんの処分は、論文内容に対してのものではないとすれば、概ね妥当だと思います。
「自己の虚栄心と顕示欲を満たすために、社会問題化するほどの詐欺行為を行い、暗黙の了解で成立していたメッキ構造を、世間に認知させてしまったこと」への処分です。

Posted by AK at 2015年11月17日 00:53
ハリケーンさん、三たび、おはようございます (*^_^*)

これだけ世間を騒がしてしまったので、小保方氏が標的になるのは致し方ないのかなあ・・・。なんか、小保方氏だけを生贄に差し出しているかのようで不快なんですよ。もちろん、処分は致し方ないとしても、ですね。

時代がかった見方をするなら、元禄の時代、殿中で刃傷をした浅野内匠頭が切腹で吉良上野介はお咎めなし、という裁定が下ったようなもので・・・、(違うか ^^;)

<<論文のコピペを見分けるのは難しいのでしょうが、今の時代それをやるか、あるいはコピペをOKにするかしかないでしょう。

それは言えてますね。私の記事なんかでも、人様のサイトの記事の全文をコピーして、さも自分が書いたかのようにアップするのはNGですが、「こういう意見の記事があって、それに対して私はこう思う」はOKでしょうから。相手方が「リンク不可」とか「全文コピー不可」とのことでしたらダメですけど・・・。

理系の研究でも、誰かが先に発表した論文から発展させてオリジナルな研究成果を出す、なんてことはよくあることでしょうし、日本の産業なんかはそうやって発展してきたものですもんね。

それにしても、論文を書く研究者の稔侍、ほんと、どこに行っちゃったんでしょう・・・。
Posted by poohpapa at 2015年11月17日 06:47
AKさん、おはようございます

<<「自己の虚栄心と顕示欲を満たすために、社会問題化するほどの詐欺行為を行い、暗黙の了解で成立していたメッキ構造を、世間に認知させてしまったこと」への処分です。

怖いくらいに深いですね・・・。そう考えると、たしかに腑に落ちますね。だから「トカゲの尻尾切り」になった、と言えるのでしょうか。

小保方氏の博士論文が最初から最後まで全くのデタラメだったのか、マトモな部分もあったのか、最後の「STAP細胞の発見」だけが捏造だったのか、は私には解かりませんが、論文の内容に関しては大学側からの説明はありませんでしたね。と言うことは、大学側は「全てが捏造」だと断じたことになりますね。

論文が捏造だとして、その捏造を教官が5人もいて誰も見抜けなかった、というのは早稲田大学にとっては恥晒しもいいところです。だから教官の処分は出来なかったものか・・・。つまりは、そういう処分をすることがAKさんの仰る「パンドラの箱」の蓋を開けることになるんですね。

小保方氏は1年の猶予期間を頂いて、改めて修正した論文を提出したようですが、どうも「最初に結論ありき」だったのでは、と思いますね。どう修正しようが処分内容は決まっていたんでしょう。

大学院の研究生のお話も、内情も、「なるほど、たしかにそうかも」と納得がいきました。いつも解かり易く解説してくださって有り難うございます。本当に助かります。
Posted by poohpapa at 2015年11月17日 07:03
poohpapaさん、こんにちは。

この話題、私が呼ばれているようなので。
博士課程の審査過程で重要視されるのは、査読(審査)がある権威のある学会誌(どこでもいいわけじゃないです)に掲載された論文数です。分野にもよりますが、最低3本は必要でしょう。このハードルがあるため、大学院修了後、博士になるまで数年を要します(博士になれずに博士課程を終了する人もいます)。研究内容はこの過程で学会と会員に審査評価されます。小保方氏もこの段階はクリアしています。博士論文はそれらの業績のまとめで、書き方等の指導は受けますが、正直言うと細かくチェックされることはないです。指導教官(主査)は別にして、不正があったとしても副査の先生方にそれを見抜くことは困難です。学会誌に掲載されている論文があり、それが評価されているならば問題ないだろうという考えです。

早稲田大学の問題は、研究者としての教育を小保方氏にしていなかったということです。実験の過程を記録する、論文の文章は図は自分で書く(誰が書いても同じ内容になるものでも)等々。その結果は甚大で、業界?内での早稲田ブランドは失墜しており、明治大学がそこに食い込もうとしています。

「博士は足の裏に付いたご飯粒。取っても食えないし、取らないと気持ち悪い」と言われ、ないと教授になれなかったりとか制限はありますが、取ったところで身分を保障されるものでもないです。なので、自分の売り込みに必死になり、小保方氏のように業績を膨らませて理研に就職しようとするヤカラが出てきます。

大学院博士課程まで進む人は、「実力が足らないため箔を付けたい人」という言葉は耳が痛いです。そうかもしれないけど、大学や研究機関で生きていくために最低限必要な肩書きを取りたい人と理解していただけるとありがたい。それと、お金になるから研究をするのではなく、お金を(研究資金)を取るために研究をしています。お金のためなら、起業や企業の方がマシ。もちろんお金にならない基礎研究をする続ける先生方もいらっしゃいますが、どっちが偉いというわけではないと思う(ノーベル賞のIPS細胞は人々を救い金になりますが、ニュートリノは実生活には関係ないです)。

そして、無事博士になっても就職難です。大学はポストが限られているため、残れるのは一握り。小保方氏のように理研に入っても任期制であり、成果が残せないとクビで、次の職は保障されません。なので、研究を捏造してまで業績を上げようとする人が出てきます。

STAP細胞騒動の結論は、STAP細胞は存在せず、似たような動作するES細胞が混入したものであったということ。ES細胞は小保方氏がわざと混入したのか、誰かが混入させたのかはわからない(証拠がないため)。よって、理研は小保方氏をこれ以上追求できないのです。

騒動の謎は、有能な研究者である笹井氏や若山氏がなぜ騙されたかということ。ES細胞の混入はまず最初に疑うべきだし、笹井氏はそれはないと会見で言い切り、最後まで信じて自殺した。小保方氏にそれを信じ込ませる魔力があったとしか言えないです。

STAP細胞問題が博士課程取得まで飛び火してしまいました。poohpapaさんの考えの通り、小保方氏の博士論文は問題ない(修正すれば)ものだと思います。研究内容は学会誌に投稿し掲載された論文数で担保されているから。それ言い出したら、早稲田に限らず、私を含めて博士剥奪者が続出ですよ。

長々とすみません。確かに、「大学院に進学する人の、9割9分くらいが、研究者としては資質が足りない人」かもしれませんが、これを研究者としての資質があるかを見極めるのが大学院(2年間)であり、研究者として育成するのが博士課程(3年間)なんです。そこんとこをご理解いただければ、私も少し生きやすくなります。
Posted by バラキ at 2015年11月17日 12:18
バラキさん、おはようございます

はい、呼びました (*^_^*)

詳細に教えてくださって有り難うございます。

日本にとって、返す返すも残念なことは、有能で掛け替えのない研究者である笹井氏を失ってしまったことですね。あの小保方さんに、笹井氏を信じ込ませる魔力があった、とはとても思えないのですが・・・。もちろん、容貌ではなく学問的に、ですけど・・・。

笹井氏が自殺してしまったことで、小保方氏の研究がマトモなものではなかった、と判る、ということでしょうか。可能性がある、と信じられたなら自殺という選択はしなかったのでは、と思うのです。

それと、STAP細胞の有無、できるかできないか、ということと、博士論文の中身とは(関連性0とまでは言いませんが)別のモノではなかったかと思うのです。STAP細胞の信憑性が騒がれて、作れなかったことで、遡って博士論文を検証して博士号を剥奪する、というのがどうも・・・。

それにしても、「博士は足の裏に付いたご飯粒。取っても食えないし、取らないと気持ち悪い」という例えは絶妙ですね。それでも、昔から、優秀な子供に対して「末は博士か大臣か」と言われていますし、博士号を取ることは素晴らしいことです。

もちろん、某宗教家のように世界中の大学から「名誉博士号」を貰っていても、そんなものはクソの役にも立たないし、私からすれば、逆に、かえって不名誉なものですが。
Posted by poohpapa at 2015年11月18日 09:53
タイトル : 2016.7.25(月) 虎ノ門ニュースを見て・・・武田さん しっかりしてください

法律 や 地方の条例には欠落している事柄も多々あります。
それは性悪説を前提とした法体系ではないことに由来するために、まさか・・・というように 事件が発生してからでないと分からないからです。
議員が議員控室で覚せい剤を使用するなど、誰が想像したでしょうか。
地方を代表し、住民のための地方政治をするという(尊敬されるべき公職者としての覚悟)が求められるのは当然のことです。 健全を求める住民はそれを期待し、法を逸脱し礼を失う不適格な人物は神聖な議場から退場すべきです。
しかし、執行猶予であり 法に抵触していないから復職したいと居直ることに反発するのは、間違いだと(武田邦彦氏)は反論していました。
この武田氏の説明に半井小絵さんが疑問視し、覚せい剤をやった議員というのは 社会的にはよくない と言うと、 だって執行猶予がついてるじゃない、受刑するには当たらない。覚せい剤の何がいけないの?昔は合法だったんだよと反論する武田氏。
あまりの展開に、司会の居島一平も そもそも議員控室でというのはねぇ・・・と 居た堪れず半井小絵さんに助け舟を出すや否や、 どうしてあなたは裁判官より上なの?・・・と反論する武田氏。
(武田さんよ 無罪ではない、係争中でもない。 有罪が確定したことを忘れるな!)
許してしまったら、二人目・三人目を黙認する社会になってしまう。 事件を軽んじているようです。覚せい剤が住民社会に拡散しても構わないとでも言うのでしょうか。

その社会的倫理観・道徳観を心得ぬ者が住民の代表として議会にまた戻ってくるという発想自体が、日本人社会に有るまじきこととであり、この日本人に共有する観念は法を越える大切なものです。 法治国家といえども、法が全てに優先するという考えに基づく判断は間違いであるということに気づくべきなのです。
倫理・道徳は、法よりも下位だというのでしょうか。
 
また、大橋巨泉が生前に書き残した個人的意見の・・・(このままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけ書いておきたい。 安倍晋三の野望はおそろしいものです。 選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。 7月の総選挙、野党に投票してください。死後のお願いです。)・・・を取り上げて 大橋巨泉さんは立派な人なので・・・と持ち上げ、科学とは無縁の個人評価で解説してしまう武田氏。 

全ての事象を科学者として捉えて考えるというのは尊重できるのですが、ときどき大切なことを見落として結論してしまうのが武田邦彦氏の欠点であり、このうっかりで180度 方向性が変わってしまっている。

武田先生が別の話題で何度も使われていますが、(○○さんの爪の垢でも飲んで欲しい)は間違いです。  正しくは(○○さんの爪の垢でも煎じて飲むがいい)です。
Posted by 虎ノ門ファン at 2016年07月25日 20:40
虎ノ門ファンさん、おはようございます

コメントの返信をさせて頂く前に7/25付の虎の門ニュースを観よう、と思って検索したら2時間半以上の動画、というか番組なんですね。途中まで観て、飛ばしながら観てましたが、諦めました。

なので、すみません、番組の中での武田教授の発言に関する部分(大部分)は私の意見が言えません。ただ、武田教授が常に正しいことを言っているとは私も思っていませんで、頂いたコメントの内容から思うに、たしかに「おいおい」という意見はありそうですね。

でも、それが人間であって、だから人間は面白い、と思うのですよ。よほど的外れな意見でない限りは受け入れてもいいかな、と思います。もちろん、賛同するかどうかは別ですけど。

この番組は後で通しで観てみます。虎の門ファンさんからコメントを頂いたおかげで「虎ノ門ニュース」が後で観られるのが分かりました。それは大きな収穫です。有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2016年07月26日 07:26
タイトル : 2016.8.1(月) 虎ノ門ニュースを見て・・・武田さん しっかりしてください (その2)

先週に続き 武田氏は、またもや大切なことを見落として結論してしまっています。
武田先生が 「 正しい 」 とはなにか?  について
下記1〜4の項目に分けた表で 法律(4) の優位性を説明していましたね。
1)神様が決める(宗教)
2)偉人が決める(道徳)
3)相手が決める(倫理・相手の希望)
4)法律が決める(お互いの約束)
先生、しっかりしてください。 血(こころ)が通っていないのは(法律)だけです。
 
(宗教)は神様が決めたというよりも、魂の拠り所として作られたものです。・・・ただし、犯罪性のある一部の新興宗教は別です。
(道徳・倫理・法律)は人が社会に示したものですよ。 
権利も含め、強制力・拘束力を持つが故に人間社会で唯一、(損得に関わる)のは(法律)だけなのです。 だからこそ、(法律には欠陥)が生じます。 法律には(いい人間関係)を求める条文はありません。 道徳や、戦前の(修身)には、ちゃんと有りました。

4)の(お互いの約束)は、(一般社会の約束)と置き換えるとわかりやすいでしょう。
一般社会の共通項程度の考え・合意(いわゆる民主主義) というものでは、どうしても偉人が遺した名言には劣ります。
だから、法律は 欠陥だらけなのですよ。
レベルの低い両者が約束することが、道徳・倫理を超えるのでしょうか?
洗練された(道徳・倫理)に欠陥があるとは 思えません。 
なぜならば、(宗教)も含めて(道徳・倫理)は 長年に渡って 崇高性・安心を求めて社会が選択したことだからです。
世代を経ても(道徳・倫理を 人の学ぶべき)とするのは、そのためです。
(法律は悪用もされる)ことを忘れてはいけません。 
武田邦彦先生は、どうしてこのことに気づかないのでしょうか。

※(反対ばかりして 日本を弱体化する民主党の過ちに、いつまでも気付こうとしない民主党)に対する批判の説明は正しいですよ。
Posted by 虎ノ門ニュース のファン at 2016年08月01日 14:01
虎ノ門ニュース のファンさん、おはようございます

丁寧に解説してくださって有り難うございます。仰ってることはいちいち納得がいきますね、本当に。

実は、ここんとこの体調の悪さで以前の動画も観ておりません、すみません。なんせ、木曜日の午後からずっと臨時休業しておりまして・・・。いくらなんでも明日には出ないと「潰れた」と思われそう。

私も武田先生の意見が常に正しい、とは思ってなくて、むしろ「たまに良い事を言うなあ」くらいです。ただ、いろんな物事を考えるきっかけにはなってくれてますが。

<<(法律は悪用もされる)ことを忘れてはいけません。 

全くその通りですね。このブログでいつも言っていますが、法律を自分に都合よく解釈する人はいるものだし、「法律に違反していなければ正しい」ことにはなりません。すべて人間がすることですし。

宗教は・・・、私にとっては「正しい」ことの基準にはならないかと思いますね。人が神を造ったのですから、間違いも起きます。イスラムの教義を曲解してテロを起こしている人たちがいい例です。

体調が整ったら遡って動画を観たいと思っています。

Posted by poohpapa at 2016年08月03日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]