2015年12月15日

以前ご紹介した「年末になると観たくなる映画」の話

ちょうど1年前に「年末になると観たくなる映画」という記事で紹介した映画を昨日もDVDで観た。

「歓喜の歌」という、立川志の輔が原作の映画である。全編が「人の優しさ」に溢れていて、あちこちに散りばめた伏線が最後に生きてきて、シナリオも素晴らしい作品。まだご覧になっていない方に是非とも観て頂こうと思って YouTube で動画を探してみた。のだが・・・、予告編しか出てこなかった。

「歓喜の歌」の予告編 (しかも画質が良くない)

原作である落語バージョンがこちら ↓

立川志の輔 「歓喜の歌」

ついでと言ってはナンだけど、クラシックの「第9」の代表的な名演の動画がこちら

フルトヴェングラーが1951年7月29日にバイロイト祝祭管弦楽団を指揮したライヴ。これはCDでも保有していて、この動画には無いが、フルトヴェングラーが舞台に登場する足音も入っている。史上最高の名演と評価されているが、私が生まれる前の録音なのでモノラルだし音は良くない。

もう少し良い音で聴きたい人はこちら

こちらはカラヤンがベルリンフィルハーモニーホールで演奏したもので、静止画でなく動画。

いちおう、ヤフオクで「歓喜の歌」のDVDが出てないか調べたら、いくつか出ていた。

出品一覧がこちら

「おくりびと」は8枚落札していろんな人に差し上げたけど、欲しい人は自分で落札して頂きたい。

あ・・・、YouTube に、大泉洋主演でのテレビ版「歓喜の歌」(画質は悪い)があった。映画とは少し設定が違うけど、これもいい。大滝秀治さんが凄くいい味を出してるわ。こちらは1時間ちょっとで短め。

posted by poohpapa at 06:21| Comment(16) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時期の洋画だと、ディケンズのクリスマス・キャロルものでしょうか。
何かのきっかけで善人(?)になるって、結果幸せを手に入れるというのは全ての人の願望なのかもしれませんね。

中国人や韓国人だって何かのきっかけで…ないか。
いや中国人だって、きっと全部が全部意地汚くていんちきばかりやろうとする民族ではないはず。
少しでも誤魔化して得しようとするような性根が腐ったヤカラは、たぶんほんの1〜2億人くらいのものじゃないだろうか。
多くても5億人くらい…
Posted by ハリケーン at 2015年12月15日 08:34
poohpapaさん、おはようございます。

「歓喜の歌」の松岡錠司監督は小林薫が好きなんですね。「東京タワー」ではおとん役、「深夜食堂」ではマスター。淡々とした人物描写が好きです。

高倉健しばりだと、年末年始は「鉄道員」と「駅 Station」ですね。どちらも舞台は北海道。「駅」は倉本聰脚本で昭和の雰囲気なので若い人には難しいかな。「鉄道員」は広末涼子がかわいいですね。

今年の立川パレスホテルのディナーショーは小林幸子ですか。同日、隣の昭島ではイルカ。どちらもチケット残っているそうですよ。このレベルのアーティストでも売りきれないなんて、音楽不況なんですね(今の小林幸子に3.2万円は高いけど)。
Posted by バラキ at 2015年12月15日 08:58
ハリケーンさん、おはようございます

多くて5億人・・・、そんなにいたら地球が滅亡します (*´ω`)

中国人にも韓国人にも友人はいますが、中国も韓国も民度としては低い方から何番目、ですね。中国、「衣食足りて礼節を知る」でなく「衣食足りて傲慢になる」ですもんね。

ところで、「クリスマス・キャロル」は観てないですね・・・。評判がいい映画とは聞いてますが。観といたほうがいい映画なんでしょうね。
Posted by poohpapa at 2015年12月15日 09:00
バラキさん、おはようございます

今から早出して法律相談に行くのと、予定が詰まってて、返信は夜になりそうです、すみません。
Posted by poohpapa at 2015年12月15日 09:05
poohpapa さま
あの…私事ですが、「悪徳不動産屋の独り言」のブログを読み終えましたのは3年前でなくて、昨年の夏でした。少し早いですけど良いお年を迎えてくださいませ。 (*´∇`)
Posted by ポニー at 2015年12月15日 09:27
おはようございますpoohpapaさん

え?フルベンのバイロイトで動画があった・・・?
て、期待させといて違うじゃないっすか、静止画ですがな旦那^_^;
でもまあ超名演には違いないですね。
うちは足音付きのレコードを持っているがために、未だにプレーヤー
所持して捨てることもままならんですわ。
しかし、時代は変わりましたね。
若い頃は、レコード1枚にも節約してお小遣い貯めて、
やっと念願の1枚を手にしたというのに、
今ではネットで無料であらゆる曲・演奏が聴けるんですから。

「歓喜の歌」観たいですなー、ツタヤ巡りして探してみるか。
映画の予告編観ただけで期待持てそう。
昔観た「俺たちの交響楽」ってのもまた観たいんだけど手に入りませんわ。
Posted by トントン at 2015年12月15日 09:33
poohpapaさん、よこから失礼します。

トントンさん、「俺たちの交響楽」って、武田鉄矢の初主演映画(舞台は川崎)ですよね。amazonで1854円で売ってますよ。レンタルは期待薄です。
Posted by バラキ at 2015年12月15日 09:50
またまたすみません。「俺たちの交響楽」は松竹オンデマンドで324円で配信しています。一度見るだけならば、こちらがお得。便利な時代になりました。レンタルビデオ屋がつぶれる訳だ。
Posted by バラキ at 2015年12月15日 10:05
バラキさん、教えていたただきありがとうございます。
パソコンで観られるなら、松竹オンデマンドに
します。
うちはテレビがカミさんの縄張りなんで、
もっぱらパソコンで視聴なんですわ。

Posted by トントン at 2015年12月15日 12:36
バラキさん、おはようございます

小林薫さん、ひょうひょうとした演技で、ちゃらんぽらんな公務員をやらせたら天下一品ですね。他の役柄でも「いい味」を出せる役者さんですね。健さんの映画も、年末向けの作品が多いですね。年末は・・・、人の優しさに飢えるからでしょうか・・・。

そういえば、立川のパレスホテルの小林幸子のディナーショー・・・、かなり前からポスターが貼られていて、まだ売れ残ってたんですね。小林幸子や八代亜紀は苦労人なのでファンサービスが行き届いていますから観に行って損は無い、とは思います。

八代亜紀のディナーショーは義父母を招待して行ったことがありますが、ディナーショーは歌手の方がテーブルを回ってきて身近に接することができるのが嬉しいですね。ただ、追っかけファンがいて、本人は、嬉しくもあり迷惑でもあり、という顔をしてましたが。

ディナーショー・・・、ヒット曲が少ない歌手はキツイですね (*´ω`)
Posted by poohpapa at 2015年12月16日 08:17
ポニーさん、おはようございます

はい、お互いに良い年にしましょうね。と言っても、来年の前半は今年の悪い運気を引き摺ってることと思いますが (*´ω`)

こちらもちょっと早いですが、来年もどうぞ宜しくお願いします。なんて書くと、この後、コメント入れ辛くなってしまいますかね (^◇^)
Posted by poohpapa at 2015年12月16日 08:21
5億は多すぎますか…4人に1人はいそうだけどなぁ…

クリスマス・キャロルものはまぁ観なくてもいいでしょう^^;
日本の忠臣蔵と同じで、このシーズンには定期的にリメイクされてますね。
ディズニー好きなら1970年のミュージカルか2009年のジム・キャリーなのでしょうが、ニコラス・ケイジとティア・レオーニの『天使のくれた時間(2001)』もいいですよ。
ティア・レオーニおばさんなのに凄く可愛い…
Posted by ハリケーン at 2015年12月16日 08:28
トントンさん、おはようございます

すみません、YouTubeと言うと動画だと思っちゃいますね。表現が適切でなかったですね。

このバイロイト祝祭での演奏はCDでも出ていますよ。私はヤフオクで入手しました。もちろん、舞台に登場する時の足音と拍手が入っていて、臨場感は最高です。

私も、中学高校時代、好きなレコードを買うために、親からもらった昼飯代を節約してました。ひもじい思いをして一枚一枚購入してましたね。そんなレコードも、数年前に、このブログの読み手さんに買って頂きました。楽しんでいてくださると嬉しいのですが。

「歓喜の歌」、映画自体も観た後の余韻も素晴らしいです。シナリオがしっかりしていて、私の中では(邦画の中で)「おくりびと」と「歓喜の歌」は双璧です。私の子供たちにもぜひ観てほしいです。
Posted by poohpapa at 2015年12月16日 08:32
ハリケーンさん、おはようございます

ティア・レオーニ、検索してみたら、私の好みのド真ん中ですね。若き日のシャロン・ストーンより品がありますね。この女優さん、存じ上げなかったのですが、ティア・レオーニ嬢を教えて頂いただけでハリケーンさんと付き合ってて良かったと思えます(おい)

「天使のくれた時間(2001)」、観たくなりました。

それにしても、いろんなことをよく知ってますね。本当に、感服します。
Posted by poohpapa at 2015年12月16日 08:46
ティア・レオーニ良いですよね。
上品で綺麗で笑顔がキュート。
声が低くてハスキーなのが、欠点なのかエロさなのか…
私はマドンナも出てた女性プロ野球映画『プリティ・リーグ』で、ラシーン(ライバル・チーム)の一塁手で見た時から注目してますよ。( ̄^ ̄)エッヘン!
Posted by ハリケーン at 2015年12月17日 08:27
ハリケーンさん、凄い !

そんな以前から注目していたのですから、凄くスケベだったということですね(おい)

ティア・レオーニ嬢、今まで出会ったどの女優さんより好きですね。こんな女優さんがいたのに、ハリケーンさんが知っていて私が知らなかったのが悔しいですけどね、はい。

そこそこの年齢に達していても、歳相応の品性が漂っているから問題なく美しいですね。いやあ、大好きです。ハリケーンさんじゃないですよ、ティア・レオーニ嬢のことですよ。

Posted by poohpapa at 2015年12月17日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]