2016年02月05日

おせちのフチ子・・・

以前とりあげた「イオンのおせち」にオマケで付いてくるフチ子、またヤフオクで出品されたのだが、

開始価格は18000円で早々に入札者が現れた。元々のおせちの値段は15000円(税別)である。当然におせちは出品者が食べていると思われ、料理は無くなってるのにフチ子だけで18000円・・・。

「需要と供給の関係」、大袈裟に言えば「自由経済の原則」かと思われるが、あんまりだ ( `ー´)ノ

これで今年の年末もイオンは新しい柄の着物をまとったフチ子をオマケに付けたおせちを発売するだろう。どう見ても「5000円でも高い」と思われる内容のおせちをオマケで釣って15000円で販売するのだから、イオンは阿漕、と言えるかも知れない。今年の末に再び売り出されても私は買わない。イオンの思惑に乗りたくないから、である。

はい、解かってますよ、やせ我慢ですが・・・、それが何か!? (*´ω`)

posted by poohpapa at 06:05| Comment(10) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出品者がイオン関係者とか…
Posted by ハリケーン at 2016年02月05日 08:00
poohpapaさんおはようございます。

そりゃ、後悔しますよ。絶対に買うべきでしょう。
でもね、最近、このフチ子人気にあやかって、自製品の売り込みのために、限定フチ子を景品として出しているところも多いし、

来年くらいは、このイオンの阿漕な商売を真似して、いろんなところから、限定フチ子が発売されるでしょう。

また、1品だから値打ちがあるので、次の晴れ着シリーズなんかになれば値崩れでしょう。

でも、後悔するから、イオンのまずいおせちを買うべきでしょう。あれで15000円は高いなあ。。。。
Posted by たか at 2016年02月05日 08:33
poohpapaさん、おはようございます。

フチ子の原価率は20%、これを5万個売ってトントンだと書いてありました。おせちのフチ子がガチャガチャに入って、1回300円(形と色が複雑なので)とすると、原価は60円。これを5万個作ると3千万円。おせちのフチ子は2種類なので6千万円が必要となりますね。おせちの生産数は不明ですが、仮に1万個とすると、フチ子の値段は6千円となります。そう考えると、あの内容で1万5千円は納得できる(買いたくないけど)。

オークションに出回る数が少ないことを考えると、おせちを購入したのはフチ子マニアがメインだったのでしょう。人形つけるだけで売れるのならば、今年も確実にやりますね。是非買ってください。
Posted by バラキ at 2016年02月05日 10:08
ハリケーンさん、こんにちは

<<出品者がイオン関係者とか…

ああ、なるほど・・・、その手がありましたか・・・ (^◇^)

自分で出品して自分で(別のIDで)落札して手数料をヤフーに支払っても、メリットはありますね。来年、今年迷って買わなかった私みたいなのがかなりの確率で買いますもんね。

なるほどね・・・(*^▽^*)
Posted by poohpapa at 2016年02月05日 10:16
たかさん、こんにちは

まあね、私にとって一番いいのは、来年たかさんが「おせち」を購入してフチ子だけ私に送ってくれれば最高なんですけどね、おせちまで送れ、とは言いません。見るから不味そうな「おせち」はたかさんちで食べてもらって構いませんので、フチ子だけ送ってくださいな。

でね、もういろんなフチ子が出てますよ。この晴れ着のフチ子はとくに「萌え〜」ですが。来年・・・、たぶん買いません。いくらフチ子がおまけで付いてきても、あの内容で15000円は無いモノですから。

だから、たかさん買ってよ、って言っても、関西人は買わんでしょうね (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年02月05日 10:23
バラキさん、こんにちは

だからあ〜、買ってよ (^◇^)

たしかに、フチ子の原価は2割くらいのものでしょうね。私の感覚では、ヤフオクに5千円くらいで出品されたら入札してもいいかな、くらいに思っていましたが、18000円でも手を挙げる人がいたとは・・・。

ま、原価的にはそんなものだとしても、とにかく、メインである「おせち」の内容が酷いので、主にうちのが食べるのですが、うちのにあんな値段不相応なおせちなど食べさせられません。同じカネを出すならもっと上質なおせちはいくらでもありますもん。

いくら晴れ着のフチ子が萌え〜、であっても、そんなものにカネを・・・・・、出しても欲ちい・・・ (^^;
Posted by poohpapa at 2016年02月05日 10:32
「ねこっぷち」で検索かけてみて! こっちの方がかわいいと思う!
Posted by 次男 at 2016年02月06日 02:33
見たけどさ・・・、あんまし可愛いとは思わないなあ・・・。オマエの趣味、よう解からん (^◇^)

伊勢丹で、坂本龍一氏の娘さんが作ってる猫グッズで、パス入れとかクリアファイルがセンス良くて、翌日、買いに行ったら売り切れてて、数日後に訪れたら店舗改装中で売り場が縮小してて置いてなかった。また出てくるかなあ・・・。気になったら、よほど高額でない限り直ぐ買わないと後悔するね。

「おせちのフチ子」の記事にコメントが入ってたから、「お父さん、僕が落札して送ってやるよ」とでも言ってきたか、と糠喜びして損したわ (*´ω`)
Posted by poohpapa at 2016年02月06日 07:10
最近、初めてヤフオクなるものに参加しました。商品は元々高い物ではないので、自動入札を用いる参加者がいる事もあいまって、500円ずつとかケチ臭く値が上がって行くわけですが、結構、アツくなるものですね。入札締め切り2時間前には最高入札額者となり、このまま終わればと願うと同時に、ちょっと値を付けすぎたかなとも思い始めました。例えば、その商品が中古品を扱う実店舗に置かれているとして、値段をイメージしてみると、自分が付けた値はそれよりは当然低いのですが、商品内容と値段を鑑みた場合、オークションならではの、「いい買い物した感」が、ないのです。最終的には、他を振り切る値を付けた参加者が現れて、自分は落札できなかったのですが、正直、ホッとしました。落札額はある意味真っ当で、出品者にとってもまぁ納得できるものと思います。ヤフオク歴の長そうなpoohpapa さんは、入札に臨むにあたって何か心得というか、戦略、戦術の様なものはあるのでしょうか。
Posted by B.C.POOR at 2016年02月07日 12:17
B.C.POORさん、おはようございます

へえ・・・、失礼な物言いですが、今頃になってヤフオクデビューをなさったのですね、意外です (*^_^*)

ヤフオク、嵌りますよ〜。入手困難な品物に出会ったり、時に、出品者さんとお付き合いが始まることがあります。素敵な「ご縁」がいっぱい生まれます。

私は350くらいの回数ですが、今までに「もう手に入らないだろうな」と思って諦めていた商品を何度も手にしています。ま、ヤフオクに参加してなければ300万くらいは節約していたかと思いますけどね。

私の場合は即落価格が設定してある商品で、自分が考えている価格とか予算内であれば迷わず落札してしまいます。迷っている間に後で他の人が一発落札したら辛いですもんね。とくに即落価格が設定してない商品は、自分で「ここまでなら出してもいい」という金額で自動入札にして、もしそれ以上の金額で入札する人が現れたなら「自分と縁が無かった」と思って諦めます。

でもねえ、終了が真夜中だったりして、自分が寝る前まで最高入札者だったのに、朝起きたら100円だけ高く他の人に落札されてたりすることも度々あって、そういう時はさすがに凹みますね。

B.C.POORさんが仰るように、中には、他の人に越されてホッとするケースもありますね。ヤフオクは、言うなれば、競争相手とではなく自分の経済力や弱さとの闘いですね。

極意はありませんが・・・、本当に欲しい商品なら、即落するか、「ここまでなら出せる」という金額を決めて、それを超えられたらサッパリ諦める、ということでしょうか。落札しなかったり出来なかった時に、後でウジウジ悔やむなら、自分の設定金額が間違っていた、ということかも知れませんね。今思えば、もう少し予算を見ておけば良かったかな、と後悔しているオークションもいくつかありますね。

私の場合は、午前0時と午後12時にメールでアラートが届くのですが、たまに、深夜2時くらいに私がまだ出品されたことを知らないで寝ているうちに即落されてることがあって、そういうのは悔しいですね。きっと相手は若い人なんでしょう。

そうそう、時々、「え、なんでこんなに安く即落で出してるの!?」という出品もありますから、欲しいものがあればアラート登録して、気付いたら直ぐに入札するといいかもです。ただし、あまりに安すぎるのは詐欺だったりしますが。

同じクリアファイルなんかを数量5で出している人に「もっとありますか?」と質問して、落札価格で10枚購入したこともあります。何でも訊いてみるものですね、ほんと。

オークションで一度だけ見掛けて、その後はついに出品されなかった商品もありますね。今後も出品されることが充分に予想できる商品は、後で徐々に値崩れしますから、先に飛びつかないほうがいいみたいです。今思えば、なんでこんなモノ落札しちゃったんだろ・・・、と後悔している商品もありますが。

でも、ネットオークションは面白いです。ほんと、死ぬまで続けていると思います。お互い、幸せなオークションを楽しみましょう (^◇^)


Posted by poohpapa at 2016年02月08日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]