2016年03月10日

大きなお世話

 すみません、先にアップしていたつもりでしたが非公開のままでした m(_)m


国連女子差別撤廃委が、日本の皇室の「男系継承」を「女性差別」と批判していて、最終見解案に皇室典範改正の勧告を記載していたが、日本の抗議で削除されていたとか。

私個人は愛子さまが天皇になられるのは喜ばしいことだと思うが、日本の皇室のことまで国連が口を挟むのはおかしいと思う。そんなことをしているヒマが有ったら国連総出で難民問題に対応していろ、と言いたい。

他にも、従軍慰安婦への反省が不充分であるとか、結婚できる年齢が男18歳、女16歳になっていることや離婚後に再婚できるまで女性は半年の期間が設けられていることなどが女性差別だとの指摘も。

その中で唯一納得いくのは「再婚までの期間」だけ。DNA鑑定が可能な現代において女性が半年も結婚を認められないのは実情に即してないから。結婚が許される「男18歳、女16歳」というのはむしろ男が差別されているのでは。家族を養う生活能力や先々の戦闘要員の早期補充を考えての法律なのかは不明だが、日本では今も女が(子供のうちから親に)自分の意にそわない結婚を強いられている、とでも言うかのような時代錯誤な認識をしているものか。戦後70年、国連では今も壮大な敗戦国イジメが行われているようだ。

いずれにしても「大きなお世話」ではないか。何度も書いているが「従軍慰安婦は単なる売春婦」であって、無給で売春を強いていたなら人権問題だが高給を食んでいてなぜ人権問題なのか。それを言うなら、イギリスやオランダ、スペイン、そしてアメリカも中国も他国のことをとやかく言えないものだろう。

なんでもかんでも「差別だ人権だ」と騒ぐ連中こそが差別や逆差別をしているように思えてならない。

posted by poohpapa at 05:50| Comment(12) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
いつも思っているのですが、歴史を論ずると時、今の常識とか感覚で当時を慮ってはいけないと言う事です。
慰安婦は悲しい事実です、がしかし当時は合法だったのです。
女衒と言う制度もありました、食べて行けない家庭が泣く泣く少女を手放したのです、彼らがいなければ一家全滅と言う事にならざるを得なかったのです。
しかし今の時代それを飯のタネにするとは、本当に恥を知れですね、特に日本人の弁護士、福島瑞穂、お前の事だ。あっ出自は半島でしたね、出自を暴露した石原慎太郎を名誉棄損で訴える話はどうなったのかな?
僕はあくまで女系天皇には大反対です(推古天皇のような一時的な女性天皇は別です)、文字のない時代から2000年以上連綿と紡いできた男系天皇制を我々の時代の浅慮で途切れさせて良いものかと思います。
皇室は今、存亡の危機です、とにかく次々世代は久仁親王殿下しか後継者はおられないのです。
一日も早く男系皇室の数を増やすことが、憲法改正より急務だと考えています、なにせ日本の根幹にかかわる問題ですから。
Posted by ボース at 2016年03月10日 12:09
「女性差別」に文句を言うのは女性の扱いが男性よりも悪い場合だけじゃなく、逆の「男性差別」の問題も「女性差別」とされる訳です。
不遇なのは絶対許せないけど、厚遇されているのも我慢ならん、というのが真のジェンダー論者ということです。世の中で全く平等なことは完全にゼロなので、文句を言うのが仕事ということですね。
実に不幸な人達です。
Posted by ハリケーン at 2016年03月10日 13:21
一言だけ口を挟ませてもらいますが、
先々、愛子が継いだらもはや天皇家は終わりです。
それ以前に浩宮の時点でもう崩壊しかけていますが・・・。
Posted by トントン at 2016年03月10日 19:18
ボースさん、おはようございます

福島瑞穂ねえ・・・、早く引退してほしいモノですね。国会の質疑を聴いていても支離滅裂で、なんら国民目線ではなく「日本政府の転覆が目標」みたいなものですもんね。

<<しかし今の時代それを飯のタネにするとは、本当に恥を知れですね、

まったく、仰る通りですね。国連が「我々大国も歴史の中では女性の人権を著しく蹂躙していたこともあった。それらを踏まえて真摯に反省しなければならないのも事実だが、日本も充分に反省してほしい」と言うならまだ納得できますが、自分たちのしてきたことには蓋をして一方的に日本だけを悪く言うなら納得はいかないですね。どうせ中国が後ろで糸を引いているんでしょう。

皇室の男系か女系か、に関しては、私は「柔軟に対応すればいい」と思っています。伝統に拘る必要は無いのでは、と思うのですよ。国連の女性差別撤廃委員会の口出しは論外だとしても、「男でなければならない理由」というのも見当たりません。2000年以上つづく伝統だから、というのは根拠としては薄く思えてしまいます。ふだんは男尊女卑に凝り固まっている私でもそう思います。

どうしても男でなければならないなら側室を設けてもいいですよね。直接的な行為を経ずに優秀な女性の候補者に試験管ベビーを産んでもらうとか。なんて言うと、強烈な非難を浴びるでしょうけど。

Posted by poohpapa at 2016年03月11日 07:03
ハリケーンさん、おはようございます

<<不遇なのは絶対許せないけど、厚遇されているのも我慢ならん、というのが真のジェンダー論者

たしかに、そうあるべきですね。ですが、日本では「自分たち女性が不遇な件では文句を言っても、女性が得していることには目を瞑っている」のが実情です。中には男の教授や教員の中にもそういうノがいて・・・。なんでもかんでも男女平等にしたら著しく(男にとっては)不公平な世の中になるのは目に見えているんですがねえ・・・。

いくらなんでも、男女で更衣室やトイレは分けなきゃおかしいでしょうに ( `ー´)ノ
Posted by poohpapa at 2016年03月11日 07:10
トントンさん、おはようございます

めずらしく意見が違いましたね (*^_^*)

私はむしろ、秋篠宮のかあちゃん(紀子さま)が腹黒そうで好かんのですよ。ネットで「皇太子殿下は退位して秋篠宮に皇位継承権を譲れ」とかの意見をよく見かけますが、非常に心無い意見ですね。皇太子殿下ほど一身に苦労を背負っていらっしゃる方もいないもの。自分たちで(雅子さまを)バッシングして追い込んでおきながら皇太子殿下に「退位しろ」は無いものです。

皇室の中のことは知る由もありませんが、雅子さまが辛い日々を送っている時に、秋篠宮妃が雅子さまに何か温かいアドバイスをしたり声を掛けたりしたのか、甚だ疑問です。同じように民間から皇室に嫁いできた身であるなら、心から気に掛けてくれる人がいる、ということがどれだけ励みになるか、ということ。私なんか、本音では雅子さまの苦悩を喜んでほくそ笑んでいるのでは、くらいに思っています。

皇太子殿下、結婚なさる時に、今の状況を予見していらっしゃったのでしょう「雅子は私が全力で護る」と仰っていて、その約束を誠実に果たしていらっしゃいます。無責任なバッシングはどれだけ辛いものか、恐れ多い物言いですが、解かるような気がします。

たしかに、愛子さまは皇族として外観上は見栄えはしません。秋篠宮んちの佳子さまのほうが対外的にも立派に通用する器量でしょう。ですが、私には愛子さまはとても思慮深く裏の無いお人柄、とお見受けします。愛子さまが継いだら崩壊する、などとは思いません。

まして、皇太子殿下と秋篠宮とでは天皇たる資質に雲泥の差がある、と私は思っています。

もっとハッキリ言っちゃいますと、もし秋篠宮が新入社員で入って来たら「コイツ、使いものにならんだろうな」と直ちに判断するでしょうね。ま、元々が私は秋篠宮もかあちゃんも好きではありません。

トントンさんの皇太子殿下への評価は低すぎますよ。恐れながら、私には皇太子殿下の背負っていらっしゃる苦労、よく解かるつもりでいますし、もし「今の日本で、男の中の男って誰?」と訊かれたなら、私なら真っ先に皇太子殿下を挙げさせて頂きます。それくらいですね、本当に。
Posted by poohpapa at 2016年03月11日 07:37
poohpapaさんへ
’伝統に拘る必要ないのでは’との意見ですが、ちょっと一言。
僕は皇室は日本文化伝統の守り神みたいなもので伝統を守ることが、その存在意義だと思っています、皇室が伝統から逸脱したら、日本の伝統はその根幹を失い何でもありの世界になってしまいます。
今の我々がその伝統を破棄したら、後世の日本人から大いに責められると思います、それは御免ですね。
それからトントンさんへ、皇室の方を呼び捨てするのは日本人として見苦しいと思います、皇室典範にも敬称を付けるようにと法律で定められています。
皇太子殿下の人となりについてはpoohpapaさんの意見に賛成です。
あの落ち着き、話し方世界中どこに出しても恥ずかしくありません、なかなかの人格者だと思っています、願わくばもう少し身長があればと愚考しますが、それが日本人なのです。
次代の天皇として仰ぐには十分な資質を備えられています、今上陛下と皇后陛下が養育され、又その両陛下を見て育ってこられたのです間違いはないと思います。
Posted by ボース at 2016年03月11日 09:04
ボースさん、おはようございます

何か・・・、ボースさんのお言葉だと説得力がありますね・・・。

女系を認めることで伝統から逸脱するかどうか、皇室が崩壊することになるか、は、最終的には日本人の心の持ち方、つまり、日本人がどれだけ皇室を敬うことができるか、に掛かってきますね。ただし、今の世の中、皇室を認めなかったり崩壊を望んでいる人が活発に蠢いているので、一つの綻びから破綻に向かう危険もありますが。

皇太子殿下がせめて雅子さまより身長が高ければ、とは私も思いますね。それを補って余りある人格と気品が有りますし、それでも、私は心から尊敬しております。

もしも皇室が無くなったなら、日本人は心の拠り所を失って、間違いなく一つに結束ができなくなってしまうでしょうね。そうなったら中国や韓国の思う壺ですね。危ない、危ない・・・。

そうそう、私も嫌いな皇族を呼び捨てにしたり「かあちゃん」などと言ってしまうので、すみません。


Posted by poohpapa at 2016年03月11日 09:19
poohpapaさんこんにちは

恐らく、皇室に対する自分の思いとpoohpapaさんの思いは
180度違うと思います。
人間は考え方や受け止め方が異なって当然であり、
私なりの考えを持つ人もいることはご了解ください。
ちなみに私の周囲にも「天コロ」とか「天ちゃん」とか
酷い言い方をする人がおりますが、純然たる日本人です。
その言い方はなんだ!と言いたくもなりますが、
昭和天皇が崩御されて、半年も経たないうちに
昭和天皇が大切に残した樹木を切り開いて、
吹上御苑に70億(といわれている)豪邸を建てたのは
どこの誰でしょう。
こう返されたら何も言えません。
ここでずらずらと非難合戦を繰り広げるのは本心では
ありませんので止めますが、事実を知ることが
大切だと思います。
法で決まってるから敬称をつけろ、などと言うのは、
まさに左巻きが喜ぶ餌です。
尊敬に値する存在であれば、自然に敬称はついてきます。
呼び捨てにしたのは、私にとっては相応しく思えないからです。
ただし、今後は皇室関係のことはここに書くことは控えます。



Posted by トントン at 2016年03月11日 18:41
トントンさん、こんばんは

実のところ、私も、わりと大きくなるまで、皇室は好きではありませんでしたね。貧乏人の僻みで、「俺たちは食べるものに困っているのに、皇族は一番いいものを食べて、一番いい服を着て、運転手付きの車に乗って、海外にも行けて、贅沢三昧に暮らしているんだろうな」としか思っていなかったので。今なら、もしも「代わってやる」と言われても断りますが。日本国民の幸も不幸も一身に背負うこと、私なんかにできるハズもありませんから。

昭和天皇のご行幸の様子を見ていても、昔は何とも思いませんでした。どんな思いで陛下が全国を回られていたのか、解かるようになったのはわりと最近です。

ま、ご存知のように、皇室の中にも好き嫌いはあります。好きでない皇族はボロクソです。ただ、日本国民である限り、皇族にはこれでも一定の敬意は持っています。

吹上御苑に70億(?)の豪邸を建てたのも、もしかすると本意ではなかったかも知れませんよ。私は陛下が宮内庁から打診があってホイホイと了解したとは思えません。昭和天皇も質素を常としていたようで、宮内庁から諸々新調するよう進言があっても常に断っていたと聞いています。

いずれにしても、我々庶民が知らないところで決められている話ですね。昔なら「建てるとしても1億で充分だろ!?」と思ったでしょうけど、今なら「70億?、宜しいんじゃないでしょうか」と思います。

でね、尊敬に値するかどうか、よくよく吟味なさってみてください。本音で言えば私も、「皇族だからといって、ガキにまで『さま』を付けなきゃならんのかい!」と思わなくもないですけどね。もちろん、心の中で呼び捨てにするのはOKです。

ただし、コメント欄ではありますが、ブログのコメントで「愛子」と言ってしまうと「日本死ね」のオバサンと一緒になってしまうような・・・。ボースさんの仰ってるのも、法律論でなく心の問題として、だと思いますね。言えるのは・・・、日本の皇室は世界のどの皇室や王室より気高い、ということですね。

いかんなあ・・・、(この件で)あたしゃ言ってることもやってることも矛盾だらけだわ・・・ (*´ω`)
Posted by poohpapa at 2016年03月11日 19:27
トントンさんへ
’見苦しい’と言うきつい言い方をしたことは謝りますね。
またあなたが言う’尊敬に値する存在ならば敬称は自ずからついてくる’も全くその通りだと思います。
僕にとって2000年近く続く系譜と言うものは、その存在だけで尊敬に値すると思っているので、僕はこれからも皇室を尊敬し、不完全ですが敬称も使います。
それとpoohpapaさんへ
いろいろ気を使ってくださってありがとうございました。
これでこの件に関するコメントは終わりにしたいと思います。
Posted by ボース at 2016年03月11日 23:41
ボースさん、おはようございます

気を使ってなどいませんよ〜 (*^_^*)

ボースさんともトントンさんとも長い付き合いですから、どのようなおつもりでコメントなさって頂いているかは解かりますもん、ほんと。それに、意見の違いはあって良いものですし、あって当然ですもんね。と言いつつ、先日、気持ちの悪いコメントを管理人の特権でサクっと削除しちゃいましたが。

私はもう身分を明かしていますので、向こうは私のことが誰だか判るし、もしかしたら私のことを知っているのかもしれませんが、上から目線な物言いなので、返信するには値しないな、と判断しまして。

反論や批判は全然OKですが、他の方も読まれるワケですから一定の配慮は欲しいモノですね。こちらの人間性まで否定するなら来なくていいじゃん、と思ってしまいます・・・、器が小さいので(滝汗)
Posted by poohpapa at 2016年03月12日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]