2016年03月23日

自分で言うな!

ガストのモーニングに行くと読売新聞の朝刊が置いてある。「ご自由にお持ち帰りください」となっていて、たまに持ち帰る時もあるが、今日は持ち帰らなかった。だが・・・、気になる紙面が有った。

読売新聞で、最初に読むのは四コマ漫画「コボちゃん」、次が「気流」(投書欄)、次いで「人生案内」(相談)の順である。それから他の記事を読み進めるのだが、今日はその人生案内と投書が気になった。

人生相談では、介護の仕事をしている女性が、家に帰っても母親の介護をしなければならず、ついつい母親にキツく当たってしまうことで悩んでいる内容。それに対する最相葉月氏の回答が素晴らしかった。

相談者の気持ちをよく鑑み、丁寧に自分の思いを伝えた後で、こう結んでいる。「誰もあなたを無責任だなんて非難しませんから。いえ、させてなるもんですか」と。その言葉は、どんなにか心強く相談者の胸に響いたことであろう。読んでいて私もウルウルきてしまった。


一方で、「気流」の中の投稿。自らの不妊体験をもとに、先日の大阪の中学校の校長の発言を「無責任」だと指摘している。私が気になったのは、そう指摘したことでなく、過去に「女は2人以上子供を産まなければ日本が潰れる」と言われたことがあって深く傷ついたことがある、という記述。

最近は、政治家やテレビのコメンテーターやタレントの発言に、やたら「傷ついた」と言い出す人がいるが、そんなのは「自分で言うな!」である。傷つく(傷ついた)かどうかは周りが判断や配慮するもので、本人がやたら申告するものではないと思う。そう言うと「本人でなければ解からない苦痛なのに冷たい人だ」と言い出す人もいるだろうけど、最近は些細な言葉尻を捕えて「自分は傷ついた」とアピールする人が多い。中には「自分は被害者」とアピールすることで気を引こうとする人もいる。

そうするとどうなるか・・・、周りが気を遣わされることになるだけである。自分から「傷ついた」と言わなくても、そして「私は大丈夫」と言われても、ちゃんと見ている人は見ていてそれなりに対応するのだから、「そういうことは自分から言うな」、と言いたい。自意識過剰で責任転嫁をしているだけだ。

いろんな障害や困難に直面していても明るく前向きに歩んでいる人も多い。周りに気を遣わせて疲れさせておきながら「自分は傷ついている」などと言う・・・、私なんかは「だから何!?」と言いたくなる。

言えるのは、すぐ「傷ついた」なんて言う後ろ向きな人間には幸せは訪れない、ということ。

posted by poohpapa at 08:56| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一級建築士はみんなスケベと言われて、傷つきました。
Posted by けろけろ at 2016年03月23日 10:49
それくらいのことで「傷ついた」なんて言ってるようじゃ一級建築士事務所は維持できませんよ。私なんか、ネットの中では「脱法ハーブ」に関わっていることにされてますから (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年03月23日 10:53
>そうするとどうなるか・・・

薄気味悪いプロ市民と人権弁護士がすり寄ってきてちやほやされる、というアメリカン・ドリームを妄想しているんですよ。

なんちゃらハーブについてはちょっと興味があるので、一度経験させてください。
Posted by ハリケーン at 2016年03月23日 11:01
脱法ハーブ、やってないってば ( `ー´)ノ

あれは例の「気違い」がネットに書き込んでるだけのことですから。それより、まだ果たしてない(約束してた)「おっぱいパブ」に早く行きましょうよ (^◇^)

ところで、なんか、最近はみんな「自分は被害者」という意識を持ち過ぎですね。自分で人生を切り拓いていこう、なんて意欲は吹っ飛んでて、やたら他人頼みですもん・・・。
Posted by poohpapa at 2016年03月24日 06:59
おっぱいパブには、私も一緒に行く約束になっていたと思いますが・・・
楽しみ〜
Posted by けろけろ at 2016年03月24日 09:27
けろけろさん、ご安心を (^^♪

スポンサーを忘れるワケありませんから (ぷっ)
Posted by poohpapa at 2016年03月24日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]