2016年11月02日

こんな若者は消えろ!

先日、朝、店に出るために歩いていてバス通りに出て右折すると、前方から若い男が歩いてくる。

私は右端に寄って進んでいたが、向こうはやや中央寄りで進路を全く変えようとしない。隙間はあるが、そのままでは行き交えないから、相手がさらに車道側に寄るか、私が「それよりもっと」車道側に寄らないとぶつかってしまう。たいていは、こういう場合、進路変更が少なくて済むほうがどちらかに寄るもので、今までは互いに阿吽の呼吸で、ほとんどトラブルになったことはない。

だが、男は全く譲る気はなく、私も体を捩じったが男のリュックと私の左肩がぶつかってしまった。すると、男は何度も後ろを振り返り、私を睨み付けていた。ま、私も睨みつけていたけど。

過去には、同じように肩がぶつかった瞬間に私の上腕を思い切り掴んで凄んだ男がいる。30過ぎくらいだったと思う。昨日は20代半ばくらい。べつに「歳を取ってるから偉い」とは言わないが、ある程度は年長者に対する敬意を持っていても良いのでは?、と思う。

男の頭の中では、「コイツとなら喧嘩しても勝てる」くらいの判断しか働いてなかったんだろう。もし喧嘩したなら自分のほうが強いかどうかしか考えないチンピラみたいな男だった。こういうのが発作的に凶悪事件を起こしたり、我が子を虐待するのではなかろうか。

ああいうのは碌な人間にはならない、と断言できる。

posted by poohpapa at 07:36| Comment(10) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう成人男性でしょう。
碌な人間にはならないというか、既に陸でなし(完了)ですね。
Posted by ハリケーン at 2016年11月02日 07:55
ハリケーンさん、おはようございます

こういう若者はたまにいますね。スマホに夢中で気が付かない、とかいうのでなく確信犯なんです。

たいていは、年寄り同士でも、どちらが横に移動したほうが(より)移動距離が少ないかを瞬時に判断して阿吽の呼吸でズレてぶつからないようにしますが、自分がよける気はサラサラないのですよ。ほんと、相手が実の我が子でも幼児虐待とかに進むんじゃないかと心配になります。
Posted by poohpapa at 2016年11月02日 08:31
poohpapaさんへ
ご無沙汰しています、今年は秋がほとんど味わえずに、夏から一気に冬に突入した感があります。年寄りにはきつい季節になりました、お互い体調には気を付けましょう。
さてこの話題ですが先日元皇族の竹田氏の’神社の参り方’の話の中で’参道の真ん中を歩いてはいけません、そこは神様の通り道です’と言う話がありました。
そう言えば昔、祖父さんか近所の年寄りから’道の真ん中を歩いてはいけない’と言われたことを思い出し、その理由が分からなかったのですが、妙に納得させられました。
江戸時代の武士も鞘が当たらない様に左側を歩いたそうです、何を勘違いしているのか現代人はお互い道を譲ると言う観念が無くなったようです。
最近アフリカの女性が’もったいない’と言う日本の感覚を世界に広めてくれましたが、今度は日本人から’お互いさま’と言う感覚を広めないといけませんね。

Posted by ボース at 2016年11月02日 09:33
poohpapaさんおはようございます。

同じように肩がぶつかった30過ぎくらいと、昨日は20代半ばくらいが
出会ったら、どうなるのでしょう?

@正面衝突して、殴り合いになる。
Aお互いビビって避ける。
B2人とも反対むいて逃げる
Posted by たか at 2016年11月02日 12:51
poohpapaさんこんにちは
大概は道ですれ違う時には、こちらが避けると向こうの方が「すみません」
という感じでちょっと会釈してくれたりして気持ちがいいもんですが、
中にはいますよね、チンピラが。

で、こういうチンピラというのは相手を選びます。
自分より強そうと見るや、たちどころに態度を変えます。
poohpapa 氏がガタイのいい強面ならあっさりと端に避けて
道を譲るという腰抜けです。
だからこそチンピラなのですね。
肩がぶつかったくらいで相手にして poohpapa氏が刺されたりしたら
このブログが止まってしまいますので、
鬱憤はここに書いてチンピラを相手にしないようにしてください。

しまった今朝生んだ卵を持って来れば良かった。

Posted by トコロテン at 2016年11月02日 20:02
ボースさん、おはようございます

ほんと、一気に寒くなりましたね。まだ11月上旬なのに、今、ストーブ(ガスファンヒーター)を点けてます。足下から冷えるもんですから。その・・・、年寄りには冷えは禁物ですしね。

ところで、立川では歩道はあって、そこそこの幅は確保していますが、何と言っても自転車が我が物顔で通るので、ちょっと真ん中に寄ろうものなら直ぐにチャリンチャリン鳴らされます。それでいつも最初から端っこに寄って歩いてます。「おまえら車道だろ!?」とは言いません、ムダですから。

ほんと、最近の若者は「道を譲る」という概念が欠如していると思います。

「参道の真ん中は神様の通り道」というのはイイですね。人間、謙虚でなければいけません。それは相手が神様でなくても自然に対しても言えますね。人間の驕りが重なったところで大災害が起きます。

私の場合、「もったいない」の精神は、子供の頃から強く根付いてます。それが為に、うちのから「お父ちゃんが死んだらこれらをどうしたらいいの?、全部は棺桶に入らないよ」と言われてまして、ヤフオクで売れるような品物のほうが少なくて、困ったモンです(滝汗)




Posted by poohpapa at 2016年11月03日 06:40
たかさん、おはようございます

<<同じように肩がぶつかった30過ぎくらいと、昨日は20代半ばくらいが
出会ったら、どうなるのでしょう?

その発想は面白いですね、私は考えませんでした。矛と盾の話になりますね。おそらくは、一旦は、相手を見た直感で、最初は互いに避けようとして二人とも中央に寄ってしまい、ぶつかりそうになって、引っ込みがつかずに両方が「なんだ、オラ!」と凄んだのでは (^◇^)

そういうシーン、見てみたかったですね、ほんと。ま、どっちも核保有国ですね。

Posted by poohpapa at 2016年11月03日 06:47
トコロテンさん、おはようございます

たしかに、たいていは、こちらが避けて譲ると「すみません」と言ったり、軽く会釈してくれますね。譲らずに「なんだ、オラ!?」と凄むより、そのほうが互いに気持ちいいものですがねえ。そんなことでしか自分の存在感を確認できない寂しい人がいる、ということなんでしょうか。

ま、こういうチンピラは、向こうから歩いてきた私を見て、「こいつなら喧嘩になっても勝てる」と思ったんでしょう。自分より強そうな相手に向かっていくだけの度胸は無い、と見ています。喧嘩は腕力の優劣だけではないのですが、知らないでしょうね、そういうことは。

立川だけじゃないかも知れませんが、立川はけっこういますね、そういうの。買い物便的にはとても暮らしやすい町ですが、とにかく「変なの」が多いです。そういうのが集まってます。

ああ・・・、府中に引越してえ・・・ (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年11月03日 06:58
poohpapaさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。

papaさんが仰られるように立川は多いですよね、この手の人。
駅前がこれだけパチンコ屋だらけな現状を見ると、治安の程度も察しがつきますが・・・。

立川の柴崎体育館近辺の環境が好きなので、来春の引越はその辺りを考えているのですが、この手の人や生活保護受給者の多さに躊躇しています。
Posted by 北の銀狼 at 2016年11月04日 16:57
北の銀狼さん、こんばんは

治安は・・・、そんなに悪くはないと思うのですが・・・、いかんせん「普通でない人」が多いです。生活保護で言えば、東京都で生活保護受給者一人当たりの支給額は、台東区に次いで立川市が第2位の多さです。率で言うと、例えば駅方面に歩いていくとして、途中ですれ違った人33人に一人が生活保護受給者で、今も増え続けています。半分は我々市民の税金からの支出なんですよ。

柴崎体育館のあたりは喧騒から離れて静かですが、利便性で言えば北口のほうが暮らしやすいですね。昔は八王子が多摩の中心でしたが、今はすっかり立川が中心になってしまいましたね。都心に近い国分寺より立川なんですね。

私がこんなことを言ってはナンですが、立川より府中のほうが暮らしやすくていいような・・・ (*´ω`)

Posted by poohpapa at 2016年11月04日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]