2016年05月31日

本人は気付いていない失礼 (^◇^)

先日、うちのある入居者さんが更新契約の手続きに来てくれて、いつものように手土産でビールを6缶くださったのだが・・・、ふと見ると、どうもおかしい。

リニューアル・オープンしたばかりで滅茶苦茶混んでいて入場制限までしていた「 from 中武」の地下のマルエツで購入なさったようなのだが、変だったのは熨斗紙である。

白黒のリボン柄で、薄墨で上に「志」、その下に入居者さんのお名前が書いてある・・・。

どう考えても弔事用である。もちろん、お客さんに悪意はなく、店員さんとの伝達途中で起きた何かの間違いだったんだろうけど、こういうのは中には怒り出す人がいるかもしれないから怖い間違いだと思う。

長い付き合いで、私は気にしない。言っておいてあげたほうが良かったかな、とも思ったが言わないことにした。家族ぐるみでお付き合いさせて頂いている他のご家族の方に知れたらもの凄く叱られるだろう。

と言うか、もしかすると「お客さんの予知能力」で、もうすぐうちの店が潰れることを暗示していたのかも知れない。私が近々死んだりして・・・。気を付けなければならないのは私のほうだったりして (*´ω`)

posted by poohpapa at 06:38| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>白黒のリボン柄で、薄墨で上に「志」
本人が間違えたのか?それとも店員が間違えたのか?
店員が間違えても、本人が気がつく?はずだけど?。

まあ、今度は、黄色のリボン柄でもらいましょうねえ。。。。
Posted by たか at 2016年05月31日 07:40
たかさん、おはようございます

開店日で滅茶苦茶混雑してて、店員さんの声もよく聞こえなかったかと思います。「熨斗は付けますか?、用途は何で?」「〇〇〇で・・・」「ああ、弔事用ですね」「ああ、はい・・・」くらいでしょうか。

レジ袋の上から熨斗が見えますから、気付けたかも知れませんね。とくに違和感をもつこともなく、とにかく(うちの)店に急ごう、と焦っていたのかも・・・。

私は気にしてませんから指摘もしません。お気持ちが嬉しいのですから (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年05月31日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]