2016年06月16日

これって、もしかして・・・

一昨日のこと、度々当ブログに登場している(幼稚園の頃からお母さんと一緒に毎年来店してくださってた)Mちゃんからメールが来た。「明日、お休みなのですが、ご都合いかがですか?」とのこと。

ご都合、というのは「食事の」であって、若い娘さんからのデート(?)のお誘いである。と言っても、先日、私のほうから「久しぶりにランチでもしましょう」と誘っていたものではあるのだが、そうであってもMちゃんからの誘いは凄く嬉しい。親子以上の年齢差はあるが全く気をつかわなくて済むし。

昨日、昼前に待ち合わせていつものガストへ。ま、たまにバーミヤンとかJonathan'sにも行くが、安上がりなデートである。なぜガストなのか、と言えば、Mちゃんのお父様は既に退職しているが「すかいらーく」の元取締役。それもあって、すかいらーくの系列のレストランに行くようにしている (*^_^*)

たまたま昨日から新メニューになったばかりで、美味しい食事を楽しみながらいろいろ話をさせてもらった。不思議なもので、田舎の親友と同じで、会ったらこんなことも話そう、あんな愚痴も聞いてもらおう、と考えていても、顔を合わせただけでス〜っと吸い取ってくれて話す必要が無くなったりする。

Mちゃんも私の性格を良く心得ていて、嬉しいことを言ってくれる。例えば、「私の父より私のことをよくご存知だと思いますよ」とか・・・。これ、もし私の娘が他の年上男性に同じことを言っていたならもの凄くショックだと思う。ここは疑ったりせず、そのまま受けとめさせて頂こう。

で、昨日から伊勢丹の2階のコンコースでワインフェアをやっていて、馴染みのソムリエさんが来ているのでMちゃんに「ワインを1本買ってあげる」と言ったら笑顔で「はい」との返事。

「遠慮せんのかい!?」と怒ったら、「いちおう昨日メールで辞退はしてますけど」だと。仕方ないので連れて行って、いろいろ試飲してもらって、税込み4104円の白ワインを手土産に持たせた

1998円のワインも「美味しい」と言っていたが、ワインほど値段の差が明確に出る酒も珍しいし、本音では高いほうのワインが気に入ったのは分かっていた。なので、自分の娘に言うように「安い方にしなさい」と嫌味を言ったものの、結局は高いほうのワインを持たせた。ソムリエさんもよく心得ていて、それ以上に良いワインも当然に揃っているのだが、そんなのを勧めようとはしない。それは助かる (^◇^)

伊勢丹の2階の通路でお別れする時、しばらく歩いて振り返ったら、その場で私の姿を見送ってくれていた。たまに、「振り返ったらもう消えていた」という人もいて、そんな時は凹んだりする。そんなだからMちゃんが相手だと少しも「惜しい」などとは思わない。私なんかを慕ってくれるのが嬉しいから。

それに、昨日は年金も振り込まれていたから少しは私の懐も温かかったし

待てよ、援助交際でもないし、本当に下心は全く無いけど、これって傍目には美人局じゃなかろうか 💧

posted by poohpapa at 04:54| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「遠所交際」から「近所交際」と思えば・・・・。
Posted by Occhan at 2016年06月16日 06:13
Occhan さん、おはようございます

不動産屋をやっていて、こういうお客様に巡り合えたことは不動産屋冥利に尽きますね。ま、物怖じしない、と言うか、怖いもの知らず、と言うか・・・、YouTube の動画でよくある「ライオンが食べるつもりで狩りをした獲物の小動物を食べずに護っている」のと自分を重ねていたりして・・・ (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年06月16日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]