2016年06月26日

今度は台湾バナナ

北口にリニューアル・オープンした from 中武のB1のマルエツで、先日「台湾バナナ」を購入した。4本単位の一房で、金額にすれば大したことはない。先日のメキシコマンゴーと同じくらいである。

食べてみると、私が今まで食べてきた台湾バナナとは食感も味も違う。柔らかくて、台湾バナナ特有の粘りもコクも無い。だが、台湾バナナということで、他の産地のバナナより値段は高かった。

たかだか400円前後だが、どうしても疑問だったのでマルエツに電話をした。もちろん、返金も交換も辞退する旨を伝えたうえで、「本当に台湾バナナだったのか検証してほしい」と伝え、昨日、残った一本をマルエツに持参して「試しに食べてみて頂けないか」とお願いした。担当者(お店の管理職の方)はその場では食べなかったが、後で食べてはくれるだろう。結果は連絡頂けることになっている。

逆に、「これは今日入ったばかりの台湾バナナですが、こちらを食べてみてください」と出されたので食べてみた。それは台湾バナナで間違いなかったようだ。少し粘りとコクは足りないような気もして、もしかすると「ひっかけ」でエクアドル産なんてこともあるかも知れないが、少なくとも私が購入したものとはまるで違う。最近は台湾バナナでなくても「高所栽培バナナ」とか出回っていてけっこう美味しいから。

ただ、気になることがあって、若いスタッフは「台湾バナナの出始めだからということもあるかも・・・」などと言っていて、それに対しては「出始めでも熟して黒い斑点が出ていても、台湾バナナの食感は変わりませんし、このバナナには台湾バナナ特有のコクがありません」と反論しておいた。先ず防御しようとするのは仕方ないことだろう。だが、調べる前から言い訳しているようだと結果は聞かなくても判る。

1本持って行ったが、半分に切ってもらい、残りの半分を或る方に食べて頂くことにした。それはマルエツにも伝えてある。誰かと言うと、南口の東急ストアのサービスカウンターのスタッフである。事情を話したら、「それなら私より青果担当のNさんのほうが分かるかも」と言って、直ぐにNさんを呼んでくれた。

そこで、事情を話さず、「このバナナの産地がどこだかお判りになりますか?」と一口食べて頂いたら、直ぐに答えが返ってきた。それは、私が最初に食べた際にうちのに言ったのと同じ内容である。

「ああ、これはフィリピン産のバナナですね」と。私もうちのに同じことを言っていたのだ。

Nさんが仰るには、「最近よく出回っている他の地域のバナナでももう少しコクがありますが、このバナナには全くコクがありません。なのでこれはフィリピン産でしょうね」とのこと。

何かの事情で、流通過程で産地が間違われたとか入れ替わってしまったのではないか、とも仰っていて、それは私もそう思った。仕入れっ放しでなく抜き打ち検査くらいすればいいのに、とは思うが。もしかして青果卸会社の「産地偽装」なんてこともあるかも知れない。台湾バナナと謳ったほうが高い値段で売れるのだから、商談時の試食では本物を出していて出荷の際には別物を出した、とも考えられる。

東急ストアの青果担当のNさんと私の見立てが一致したからと言って「それで間違いない」とは限らないが、私としては味覚や感性が(たぶん)まだ衰えていないと確認できたのが嬉しく思えた。

子供の頃、バナナは年に1本食べられるかどうかのご馳走で、それだけにバナナを食べる時は味覚の全てを研ぎ澄まして食べていた。それが台湾バナナであればなおのこと。なので間違えることは無い。


さて、あとはマルエツからの調査結果報告待ちである。私みたいな客は、店側からすると「とても有り難い客」でもあり「とても嫌な客」でもある、と自覚している (*´ω`)



posted by poohpapa at 05:43| Comment(10) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当事者誰もが、「そんなバナナ!」と思ったことでしょう。
Posted by Occhan at 2016年06月26日 07:10
Occhanさん、おはようございます

<<当事者誰もが、「そんなバナナ!」と思ったことでしょう。

・・・・・、さぶっ (*´ω`)
Posted by poohpapa at 2016年06月26日 07:23
poohpapaさんこんにちわ

子供の頃は1ドル360円の時代でしたからね。
病気にでもならないと買ってもらえない輸入物の台湾バナナは高値の花でした。

しかし産地を違えて販売してしまうなんてヤバいですね。
偽装騒ぎになると問題になりますから、「ちょっとした手違いでフィリピン産が
混入しておりました」みたいな幕引きをするでしょうね。
マルエツで購入した殆どの消費者が「この台湾産バナナは美味しくないな、台湾産も
品質が落ちたもんだ」と勘違いしてしまう、こっちのほうが問題です。







Posted by トコロテン at 2016年06月26日 09:29
トコロテンさん、こんにちは

私は「マルエツの手違いで」とは思っていなくて、手違いがあったとしたなら卸会社のほうでしょう。しかも、昨日「今日入った台湾バナナ」として食べさせてもらったのはおそらく紛れもない台湾バナナだったかと思います。てことは、悪く考えれば、バレないように何回かに一度やってたりして・・・。

食肉も偽装があったし、魚も産地や「天然か養殖か」の偽装があったし、野菜もありましたよね。果物もあるのかな、と思ってしまいます。牛肉なんかと違って単価が安いのでクレームも出ないものでしょうから、発覚する心配は低いでしょうね。これ、悪意かどうかは別にして、マルエツは厳重に抗議と調査依頼をすべきかと思います。おそらくは惚けられてお仕舞いになりそうですが。

そういえば、バナナは年1本、ショートケーキなんて数年に一度、それも兄弟で一個を分けてました。今は好きな時にバナナが食べられます。今の子供たちが大きくなったら完熟マンゴーがいつでも食べられるように・・・は、なっていないでしょうね (*^▽^*)
Posted by poohpapa at 2016年06月26日 11:13
私がバナナを食べるのは高熱を出した時だけで、普段は全く食べないので、どんなに高かろうがコクや粘りがなかろうがいいのですが、産地偽装であればいただけませんね。
高熱の時だけ欲しくなるのは(何故かその他の食物は一切受け付けない)子供の頃の体験からきているのかな?

それにしてもバナナを食べ比べなくても産地が分かるのは凄い技能ですね。
社会に役立つものではなさそうですけど。
Posted by ハリケーン at 2016年06月26日 15:42
ハリケーンさん、こんにちは

バナナほど産地の違いが鮮明に判る食べ物はありません。ほら、ワインなんかだと銘柄や生産年まで当てる人がいますでしょ。ワインのブラインド・テイスティングが出来る人を横綱だとすると、バナナの産地を当てるのは幕下付け出しくらいですね。もっと下かも・・・。

問題は「アレ・・・??」と思っても黙って食べてしまう人がいることで、そういう時に声を上げないで黙っていると何らかの偽装をしている会社は味をしめてエスカレートしてしまうということで、サンプルは置いてきましたので、この後でマルエツがどう対応するか、とても興味があります。

「とくに問題や間違いは無かった」、という回答をしてきたらマルエツはお仕舞いでしょうね。
Posted by poohpapa at 2016年06月26日 16:52
しかしバナナだとテイスティングするまでもなく、台湾バナナとフィリピン産バナナでは見た目が一目瞭然な気がしますけど…
品種が違うとしか思えません。
Posted by ハリケーン at 2016年06月26日 21:18
ハリケーンさん、こんばんは

外観では分かりにくいと思います。台湾バナナのほうが少し太めですが、大きな房でなければ分からないかと・・・。ましてや、ビニール袋に入っていますので。

だんだんと、悪意だったのでは、と思うようになっています。
Posted by poohpapa at 2016年06月26日 21:41
フィリピン産のバナナの方が圧倒的に長いじゃん!
見た目がシュっとしてる。
縦横比というか太さと長さの比が、同じバナナとは思えないくらい違うと思いますが…
Posted by ハリケーン at 2016年06月26日 21:56
私の場合は、見た目でなく味や食感で記憶しているんですけどね。

「それにしてもバナナを食べ比べなくても産地が分かるのは凄い技能ですね」と言いつつ・・・、「縦横比というか太さと長さの比が、同じバナナとは思えないくらい違うと思いますが…」と、「見れば分かるだろ」と小馬鹿にする・・・。

いい性格だ (^◇^)


Posted by poohpapa at 2016年06月26日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]