2016年06月30日

これが民主主義の限界なのか

イギリスのEU離脱が国民投票の結果によって決まった。今になって、「まさか離脱になるとは思わなかったので離脱に入れた。もう一度やり直してほしい」などと馬鹿なことを言う国民もいたりして。

投票率はほぼ80%、52:48という僅差での結果・・・。棄権した20%の人が投票していたら逆の結果になった可能性もあるが、それが民主主義。慌てたところでもう取り返しがつかない。

イギリスそのものが離脱するだけでなく、ロンドン市がイギリスから独立するだの、スコットランドが独立するだの、いろいろ出てきた。イギリスが離脱するなら、と他のEU加盟国に飛び火しそうな勢い。さらには、そんなことが可能かどうか不明だが「スコットランドはEUに残留する」なんて話もある。

かつては世界の6割を支配していたイギリスも堕ちたものである。などと偉そうに・・・ (*´ω`)

これで当分、イギリスはガタガタになるだろう。そんな民度の低い国が国連で安保理の常任理事国になっている。元々が戦勝国と言ってもアメリカのお陰で勝たせてもらったようなもの。常任理事国の中には火事場泥棒みたいな国もあるし。どうせなら、この問題が安保理改革に飛び火してもらいたいもの。

民度が低い、と言えば、そういうことに関しては日本もイギリスを笑っていられない。憲法改正で国民投票になったなら、左翼の「改正したら戦争に巻き込まれるよ。日本は戦争する国になるよ」などというデマに汚染されて、「よく解からないから、だったら、とりあえず変えないほうに入れようか」となるもの。違う次元の話でも、今回のイギリスの様子を見て「変えないほうがいい」という判断に傾く人も多いだろう。

イギリスのEU離脱を巡る国民投票・・・、ある意味、「民主主義の限界」を見たように思う。

posted by poohpapa at 05:50| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イギリスの国民投票の結果だから民度がどうのと言っても仕方がないような気もするんですが

国民投票の場合、投票数の過半数でなく
有権者数の過半数で成立ということにできないもんですかね。
こうした方が民意がより正確に伝わると思うんですがね。

日本の場合も憲法改正で国民投票なんて事態もあり得ますので。
国民投票に関する法律を改正してほしいですね。
Posted by T加 at 2016年06月30日 07:32
投票率は高いですが、18歳から24歳の層の30%が有権者登録していないそうです。
65歳以上で登録していないのはおよそ5%らしいので、若者がもう少し投票していたら結果は変わったかもしれませんね。

「国連」自体の解体・再編成は必要でしょう。
少なくとも中国抜きで。
Posted by ハリケーン at 2016年06月30日 08:05
T加さん、おはようございます

<< イギリスの国民投票の結果だから民度がどうのと言っても仕方がないような気もするんですが

一部の国民とはいえ、「まさか離脱になるとは思わなかったので離脱に入れた。もう一度やり直してほしい」と言ってる人が何人もいる、というのは、私からすると「イギリスって、そんな国だったの!?」という感じです。何事も冷静沈着に判断する国民性、と思っていたのはかいかぶり過ぎでしたかね。

結果を見て、「なんだ、残留が勝つと思ってたけど、これなら投票に行けば良かった・・・」などと後悔している人もいるでしょうね。もっとも、それは日本でもたまにあることですが。

棄権も消極的な意思表示法の一つですが、大勢で纏まらないと効果ないし、今回のケースでは投票に行かなかった人は何も言う資格は無いでしょうね。行かないアンタが悪い、としか言えません。

日本で国民投票になったら、人気タレントが出てきて反対して、流される人が結構いるでしょうね。

<<有権者数の過半数で成立ということにできないもんですかね。
こうした方が民意がより正確に伝わると思うんですがね。

いい線だと思います。仮に投票率が70%だとするとボーダーラインが2/3くらいになりそうですね。でも憲法改正の国民投票になったら、日本では賛成多数にはならないような気がします(ふう)
Posted by poohpapa at 2016年06月30日 08:15
ハリケーンさん、おはようございます

「投票に行けば良かった」とか「こんなハズじゃなかった」というのも、それも選挙ですもんね。

<<投票率は高いですが、18歳から24歳の層の30%が有権者登録していないそうです。
65歳以上で登録していないのはおよそ5%らしいので、若者がもう少し投票していたら結果は変わったかもしれませんね。

なるほど・・・。有権者登録する必要があるんですね。ちと面倒ですね。

話が逸れますが、私は、日本でも選挙権が18歳に引き下げられましたけど、失敗だったんじゃないかな、と思っています。

同じ高校3年生で、早く生まれた生徒と遅く生まれた生徒で投票権の有無があるのも、なんだかなあ〜、と思います。18歳になっていてもいなくても同じ学年の中で差は無いですもん。20歳で大学生なら選挙権の有無(差)があっても気にはならないのですが・・・。

国連の改革は、今の無能な事務総長の下では望めませんね。史上最悪の無能っぷりですから。常任理事国以外の多くの国が反旗を翻さないと動かないでしょうね。最大の既得権ですもんね。サミットがあるから、日本は国連を脱退してもいいんじゃないでしょうか。それで「日本が戦争に舵を切った」などと、どこの国も思わないでしょうし、何か不都合がありますかね???
Posted by poohpapa at 2016年06月30日 08:32
>>有権者数の過半数で成立ということにできないもんですかね。
こうした方が民意がより正確に伝わると思うんですがね。

これだと「選挙に行かなければ仮に離脱派の人でも問答無用で残留に投票した事」になるので、民意を正確に捉えてることにはならないと思います。

選挙に行ってない人全員が満場一致で残留派なわけありませんし、
離脱ボーダーを過半数にするか何%に設定するかどうかは別として
民意を正確に測るなら選挙に行った人だけで判断するべきかと思います。
Posted by 次男 at 2016年07月02日 11:57
次男へ

おはよう。今頃は夕刊の配達に備えて眠ってる頃かも知れないけど (^◇^)

これ、「現状を変えるかどうか」を問うのなら、投票した人の過半数で決する、というのは良くないんじゃないかな。それが民主主義であったとしても、ハードルを常に過半数に設定していいかどうか悩むところで、例えば日本でも衆議院で可決した法案を参院で否決されたら、再度衆議院で2/3の賛成をもって可決されるのと同じで、何でも過半数で良い、ということにはならないと思うんだよね。

長く続いているものを投票の過半数で決めてしまうのは不都合も起きると思う。もっとも、実際に過半数で可決となっていても圧倒的賛成多数で可決されたなら構わないんだけど、今回のように僅差で可決された場合は後でゴタゴタするもんね。

ま、有権者がちゃんと選挙に行けば済む話なんだけどね。
Posted by poohpapa at 2016年07月20日 09:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]