2016年07月13日

「漁夫の利」の危惧

休み明けからぼちぼち更新を、と思っていたのだが・・・、看過できないニュースがあった。

鳥越俊太郎が都知事選に出馬するとのこと。今はまだ元気、個人差がある、といっても76歳・・・。そろそろ「お迎え」がくる歳である。たとえ当選しても任期を全うできるかどうかさえ怪しい。それより何より、ハッキリ言って、鳥越俊太郎は舛添要一より遥かにタチが悪くて資質が劣る人物で、自民が分裂選挙なんかしてると、傍目にはいかにも清潔そうに見える鳥越が「漁夫の利」を得ることになるだろう。

mns. によれば、

鳥越氏は「近代市民社会はなんで成り立っているか。税金で成り立っている。税金で都庁、都議会といった役所が運営されている。そのことをしっかりと心に留めたい。税金は日本では忘れられがち。お役人や議員といった税金を使う側だけでなく、納めた方も意識が希薄になっている。税金を納めている権利の行使として投票があるのに」と投票率の低さも指摘した。

 「舛添さんに典型的に見られたのは」として税金について触れ、「皆さんたくさん払っているでしょ、僕も思います。こんなに納めているんだって。皆さんが汗水垂らした税金だということを忘れてしまっている。だから外国に行くときはファーストクラス、スイートルームに泊まったとか、とんでもない使い方になってしまう。税金であるという意識が希薄になっている」と舛添氏を批判し、「納税者意識を心に留めて仕事していきたい」と語った。


とあって、いかにも有権者が喜んで賛同しそうなことを言っているが、舛添が露骨に韓国寄りだったのに対し、鳥越は潜在的かつ確信犯的に韓国寄り、いや、韓国そのものと言ってもいいほどの反日。都民にとっては、間違っても、鳥越が都知事になってはならない、と思う。そうなったら悪夢である。舛添が打ち出した「韓国人学校への都有地の提供」も覆されることは無いだろう。

私は10年ほど前、当時は全日の会員業者で、有楽町フォーラムでの研修に参加していて、その時の講師が鳥越だったのだが、話の中身が薄くて、「こんな奴に講演料を幾ら支払っているんだろう」と思ったほど。研修なのにクソの役にも立たない話を延々されて、以来、この男が大嫌いである。当時は鳥越がどんな思想の持ち主かは知らなくて、ただ「テレビでよく見かける評論家」という印象しかなかったが。

ハッキリしていることは、鳥越俊太郎はジャーナリストの皮(面)を被った反日活動家でしかない、ということ。「日本にとって不利益をもたらす特定の思想に国民を誘導しようとしている似非ジャーナリスト」でしかない。

上記のような税金の話とか、任期途中で退任せざるを得なくなった二人の前任者を擁立した与党の責任などを追及されれば、それは全くその通りではあるが、それと「鳥越俊太郎が都知事に相応しいかどうか」ということは別の話。与党もよほど上手く戦わないと鳥越都知事が誕生してしまうだろう。

候補者の頭数だけ揃っても、都民にとって「こんな選択肢しか無い」のが辛いし情けない。




posted by poohpapa at 05:27| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
ご無沙汰しています、今日はちょっと涼しくて過ごしやすいですね。
さて参議院選が終わって、その結果にガックリしている時(日本の心が全敗したこと)に、続いて都知事選ですが、今回ははっきり言って入れたい候補者がいない。
南シナ海の大変化が生じているこの重要な時に、こんなくだらない選挙をするとは。
どうすればいいのでしょうかね?死票覚悟で過激な発言をしている桜井氏に入れようかと思っています。
それにしても野党共闘候補で鳥越とは、与党が分裂している以上、又都民は馬鹿な選択をするのでしょう。
何せ僕を含めて、山本太郎を当選させるくらいの愚民の集まりですから。
出馬会見で’支那、韓国と仲良くする’と言ったとか、第二の沖縄県知事の誕生ですか?ある意味舛添以下ですよ。
舛添にこりて、もう名前だけで選ぶのは止めようと言われていたのに、野党は勝ちたいだけでこの阿保を担ぎ出しました、もう呆れますね。
選挙では担ぎ手は担ぎ手以上の者は担げないと言われます、保守論陣との討論を逃げた男ですよ、なんでしゃしゃり出るかな?
そっちの結論をきっちり出してから、出て来いよ、まさに口先だけの左巻きです。
最近猪瀬をTVで見る機会が増えています、こいつを見る度に、’諸悪の根源は貴様だ’と腹が立ってきます、石原さんから都知事の座を禅譲されながら、金に目がくらむとは、すべては貴様から始まっている。
本当に’ひっこんでいろ’と言いたくなります。
先日参議院選での青山氏の街頭演説をyoutubeで見たのですが、こんな人が参議院議員に当選するとは、ちょっと楽しみで日本も捨てたものでは無いと思っています。
Posted by ボース at 2016年07月13日 08:51
poohpapaさんおはようございます。

あらら、、もうお休みは終わったのでしょうか?

参院選も終わりほぼ予想通りの結果になりました。
今度は、都知事選の立候補もほぼ出そろい、立派なお方達が沢山、立候補され、もう、都民は誰を選ぼうか?、悩んでしまいますね。

まあ、残念なのは、石田純一が立候補を取り下げたことでしょうか?山本太郎と並ぶ有力な人材だったのに残念です。

主力争いか
増田寛也×鳥越俊太郎

意外と善戦するかもダークホース
小池百合子×宇都宮健児

まあ、これはないかも?
マック赤坂×桜井誠
Posted by たか at 2016年07月13日 09:25
ボースさん、おはようございます

凄く嬉しいですね。何がか、と申しますと、先の参院選、私は「おおさか維新」と「日本のこころ」にそれぞれ投票しましたから、「ああ、ボースさんと価値観(というか考え方)が近かったんだ・・・と思えて。元々が安倍さんは支持していても自民党の体質は好きではありませんで、自民党のような政治理念の政党が日本を纏めていくのが一番良いんだろうな、と思ってはいても60歳を過ぎるまで自民党に投票したことはありませんでした。

自民党に入れたのは、民主党から政権を奪い返さねば、と思ったからでして、今はもうその必要も無くなりましたね。で、どの政党が自分の考え方と近いんだろう、と考えたら「おおさか維新」と「日本のこころ」だったワケです。どちらかに、というのは出来ませんでした、両方応援したいので。

青山さんは私も好きで、よくYouTube の動画を観ています。何かと批判する人はいますが、青山さんの解説は正しいですね。ご本人は「一期だけ」と仰ってるようですが、続けて頂きたいですね。

小池さんも好きではないですが、有力3候補の中では消去法で、ま、仕方ないかな、と思います。でも、鳥越みたいな奴に有権者は騙されるんですよね。鳥越は癌患者の希望の星なんかじゃありませんから。アイツ、自分のことしか考えてませんよ。だいいち、都政が何たるかも解かっていませんし。

なんか、鳥越でなければ誰でもいいや、と思っちゃいますね (ふ〜)

Posted by poohpapa at 2016年07月20日 10:33
たかさん、おはようございます

関西の方からすれば「対岸の火事」で面白いでしょうね (*^_^*)

石田純一は、どうも立候補そのものより他に狙いがあったみたいで、CMのスポンサー企業などに違約金を払ってもお釣りがくるくらいの稼ぎにはなるんだとか・・・。

石田純一が出ていればブッチギリで小池氏が勝ったでしょうけど、鳥越だとねえ・・・、騙される有権者は多いでしょうね、それが心配です。

週刊文春が投票前に何かスクープでも出してほしかったのですが、選挙前は難しかったのかなあ。

桜井誠氏は、YouTube で観ると、私と価値観が近いのですが、それで決めるとイギリスのEU離脱の国民投票と同じで後悔しそうな気がします。ここは先ず「鳥越阻止」が優先ですね、ほんと。
Posted by poohpapa at 2016年07月20日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]