2016年07月20日

鳥越俊太郎こそが東京にとっての癌

一見すると実年齢より若いし、渋くて、一流ジャーナリストのように見えるが、超弩級売国奴の鳥越俊太郎が都知事になったら都民にとっては舛添続投より悪夢である。それは間違いなく。舛添が打ち出した「都有地の韓国人学校への貸与」も撤回されず、条例による外国人参政権も実現しかねないから。

私は、マスコミやジャーナリストが時の政権に対して批判的な立場で監視をして発言したり報道すること自体は当たり前だと思っている。なので必ずしも常に公平中立でなくてもいい。だが、ジャーナリストやマスコミそのものが政治的に偏った思想を持って国民をミスリードするのは有ってはならないこと。

その最たるものが鳥越俊太郎である。立候補を決めた際のテレビ番組で、「安倍政権は戦後最悪の政権」と言い切っていて、世間から注目されている中でそれが言いたいがための立候補だったか、と思ったほど。鳥越の頭の中には村山富市も菅直人も無いようで、私からすれば、戦後最悪の政権のツートップが村山政権と菅政権なのだが・・・。村山富市が阪神淡路大震災の際に自衛隊への出動要請を逡巡したことでどれだけの助かったハズの命が失われたか、3.11の際、時の権力者であった菅直人の暴走でどれだけの混乱を巻き起こしたか、ということは、鳥越がジャーナリストであるなら解かっていなければならないこと。当たり前の感性や価値観を持っていれば解かることが解かっていない・・・。私が鳥越俊太郎を似非ジャーナリストと呼ぶ所以である。

ところで、都知事選が始まってしばらく経つが、立川市にはまだどの候補も訪れていない。どの有力候補者も「立川は東京都ではない」とでも思っているのだろうか。来たのは幸福の科学の七海某という候補者のみ。もし有力候補者の中で鳥越が真っ先に立川に来たなら、それならば鳥越俊太郎に一票を・・・、絶対に入れないけどね (^◇^)

と書いていたら・・・、昨日「とくダネ!」でやってたけど17日に立川に増田候補が来ていたようだ・・・。私に挨拶が無かったから気が付かなかったよ (おい)

4割にのぼる浮動票が当落の行方を決める、と言われているが、だとすると鳥越当選の目が出てくるかも。増田さん、アンタは追いつかないから今からでも降りたら?、と言いたくなる。

自民党も「自分たちのメンツ」と「左翼の鳥越に都知事になられることの結果と将来」を天秤にかけたら、何を(どちらを)優先すべきか分かりそうなもの。自民都議連もとことん馬鹿だねえ ( `ー´)ノ

参考までに、鳥越の本質を突いている以下の記事を貼らせて頂く。

他者の議論を「妄想」呼ばわりし、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏
ここまで論理が矛盾して破綻しているジャーナリストも珍しい (^◇^)

東京都知事選は参院選のリベンジ選挙と化している

この人は日本の味方か敵かという根源的な部分を真摯に問え

少なくとも、鳥越が弱者の味方で都民(納税者)目線で都民の為に働いてくれる、なんてことこそ妄想。鳥越は自分の主義主張しか考えない人物である。それは左翼の特徴で、顔や発言に表れている。

4年後の東京オリンピックの際に、まだ生きていれば80歳・・・。絶対に生きていてほしくない。

さて、ちょうど1ヶ月後の今日はマチュピチュにいる。あまり体調は良くなく、無事に旅行の日を迎えたいもの、と「自律神経失調症」と「腎臓病」を抱えている私も思っているほどで、鳥越が4年間の激務に耐えられるとはとても思えない。私と同い年の小池氏や増田氏に対しても「もう少し若い候補はいなかったのかな」と思ってしまうくらいで、海外の40代や30代の市長をニュースで見ると「経験が無いと務まらない」なんてことも無いんじゃなかろうか、と思える。自分が癌であることは何らウリにはならない。主張で一番共感するのは桜井誠氏なんだけど、消去法で(あまり好きじゃないけど)小池氏、かなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:01| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

さすがに、首都、東京の知事選挙です。21名もの方々が立候補されました。
昔顔なじみの、ドクター中松がいないことは少し残念です。

高橋 尚吾 32 (元)派遣社員
谷山 雄二朗 43 映像配信会社長
桜井 誠 44 (元)市民団体会長
鳥越 俊太郎 76 ジャーナリスト
増田 寛也 64 (元)総務相
マック 赤坂 67 スマイル党総裁
山口 敏夫 75 (元)労相
山中 雅明 52 政治団体代表
後藤 輝樹 33 便利屋業
岸本 雅吉 63 歯科医師
小池 百合子 64 (元)防衛相
上杉 隆 48 ジャーナリスト
七海 ひろこ 32 幸福実現党役員
中川 暢三 60 (元)大阪市北区長
関口 安弘 64 政治団体代表
立花 孝志 48 政治団体代表
宮崎 正弘 61 日大教授
今尾 貞夫 76 医師
望月 義彦 51 ソフト開発社長
武井 直子 51 (元)学習塾講師
内藤 久遠 59 (元)陸上自衛官


ここで、現在、ファン投票として鳥越俊太郎と小池百合子が首位争い、次に増田 寛也が後を追う形で、他のものは引き離されているようです。

すると、都知事はこの3名に絞られるようです。

昨日TV討論会があったようです。(見てません)鳥越俊太郎が小池百合子に「病み上がり」といったことに腹をたてたようですが、どこに、問題があるのでしょう?自分が立候補するときにガンにかかって治療して療養していた、と言ってませんでしたっけ?

まあ、こんな事でガアガアいってないで、今後、東京都はどう進むのか?そういった事を議論してほしかったですね。え!!!、鳥越はこれから考えるって? バカじゃないの!
Posted by たか at 2016年07月20日 08:06
たかさん、こんにちは

その討論会の様子、見ましたが、鳥越は立候補に当たってたしかに「自分は癌で、4回も手術をして・・・」と言っておりましたよね。だったら小池氏の「病み上がり」発言は間違いではないでしょう。選挙戦略として自分が言う分にはいいけど、人から言われたくない、ということなんでしょう。

今日、立川駅方面に出掛けたら、増田寛也氏が来てました。立川には2度目です。偉い!、と褒めてやりたいですが、投票はしないと思います。鳥越は・・・、立川までは体力的に来られないでしょうね。

健康面とか年齢的な不安だけでなく、鳥越には都知事は務まりません。都政が立ち往生したら、その時は、能力不足でなく健康上の理由で投げ出すんじゃないかな、そう思います。

ほんとはねえ、桜井誠氏がいいんだけど、彼も都知事の実務は無理です。

顔ぶれだけは21人も揃っていても、今回は碌なのが出てないですね・・・。舛添を呼び戻すか ^^;

Posted by poohpapa at 2016年07月20日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]