2016年08月13日

陽気で礼儀正しく、「50年ぶりに立川に来た」というオバチャンたち

店番をしていても、街を歩いていても、私ほど道を尋ねられる人間はいないと思う。

昨日も、うちのと駅方面に向かって裏通りを歩いていたら、向こうから来た二人連れのオバチャンに声を掛けられた。ま、ここでは「オバチャン」と言っているが実際には70歳前後と思われる。

「シネマ通りというのはどちらでしょう?」

「シネマ通りは向こうのバス通りを挟んで反対側ですよ」と方向を指さしたものの、土地勘が無ければ「そう聞いただけ」では分からないし、また迷いそう。それで、「分かりやすい場所まで一緒に行きましょう」と言うと凄く喜んだ。歩く速度を少し落として、「ここまで来れば後は迷うことは無い」という場所まで一緒に歩いて、「向こうに赤信号が見えるでしょ?、大通りを越えたあの信号の先からシネマ通りです。ところで、シネマ通りの何処に行きますか?」と訊くと、「時計屋さんなんだけど」とのこと。

シネマ通りに時計屋は1軒しかない。数年前にオープンした「格安電池交換」をウリにしている店である。「立川は50年ぶりに来たけど、すっかり変わってしまって迷っちゃったわ」と言っているオバチャンたちが、まさかに電池交換だけの為に訪れる、ということではないだろうけど、ま、そこは詮索しない。

「あの信号を渡って150mくらい行った左側にその時計屋さんがあります。もう真っ直ぐ行くだけなので迷うことは無いでしょう」と言うと、明るい笑顔で丁寧にお礼を言われた。それは私も気分がいい。

オバチャン二人の後ろ姿を見送りながら、うちのに「よく道を訊かれるけど、いつもこんな感じで案内しているんだよ」と言うと、「うん、分かる」と笑っていた。先日の、就活で面接に行くのに道に迷っていた娘さんの時もそうだが、こちらがよほど急いでない限り一緒に探したりもする。店に飛び込んできて道を尋ねる人には航空地図(住宅地図)をコピーして渡したりする。なぜそうするのか、と言えば・・・、

相手の笑顔が見たいから、である。それは本当に。

ただ、「失敗したかな・・・」と思った。不動産屋は公益法人の一員なんだし、そこは「不動産屋であることをそれとなくアピールしておくべきだったか」と・・・。それは不動産屋全体の為に、である (*´ω`)

posted by poohpapa at 04:18| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
香菜子です。poohpapaさんのお人柄が感じられるお話ですね。大人になったら自分の顔に責任を持ちなさい、という言葉がありますが、おそらくpoohpapaさんのお顔には「この人に聞けばきっと間違いないわ、親切な方に違いないわ」と人を安心・信頼させる雰囲気が出ているのだと思います。笑顔が見たいから、とさらっと仰るところが素敵です。世の中には目先の損得勘定で人間関係を決めて、困ってる人に手を差し伸べないばかりか、上から目線で横柄な態度・傲慢な態度で接するような人も多いので、そういう人にも見習って欲しいです。わたし、poohpapaさんのような人格の方が学校の先生になってくだされば良いのに、と勝手に思っています。香菜子
Posted by 香菜子 at 2016年08月13日 07:53
poohpapaさん、おはようございます。

seesaaは一部のblogで文字化けが発生しています。スマホは大丈夫です。取り急ぎの報告です。
Posted by バラキ at 2016年08月13日 08:46
香菜子さん、おはようございます

なんか、SeeSaaは現在、一部で「文字化け」しているようですが、香菜子さんはお読み頂けたんですね、良かったです (^◇^)

この返信も、サイトからでなく、初めてSeeSaaの管理画面から打っております。

ところで、いろんな人から道を尋ねられるのは、おそらく「地元に古くから住んでる人」って雰囲気が漂ってるからだと思いますよ。店に飛び込んでくる人は、「不動産屋だから道をよく知ってるだろ」と思われたからでしょうね。私が無類の方向音痴だとも知らずに・・・ (爆)

常にヒマしていますので出来ること、でもありますね。案内しながら「ああ、自分は今、しっかり、日本人してる・・・」と思っています。私が特別親切なワケではなく、こういうのは日本人の特性でもありますから。ただし、うちの曰く、「目的地まで連れて行ってくれる人は少ないだろうね」とのことですが。

でもホント、自分がしたことで喜んでくれる人がいる、というのは幸せなことですね。





Posted by poohpapa at 2016年08月13日 09:14
バラキさん、おはようございます & 有り難うございます

seesaa、まだ直ってませんね。今日は一日こんなかも知れませんね・・・。ま、そのうち直るでしょうから気長に待ちます。
Posted by poohpapa at 2016年08月13日 09:16
poohpapaさま

seesaa直りました。
わが町の開かずの踏切の手前で、どのタイミングで渡ろうかと迷っている(ように見える)中年の車いすの男性がいました。「手伝いましょうか」と声をかけたのですが、「大丈夫」とのこと。車いすの操作が不慣れなようで、渡りだして遮断機が降りたら大変だとは思ったのですが。その後、また別の場所で出会い、横断歩道を渡りきれそうになかったのですが、人を寄せ付けない雰囲気だったので、手を貸しませんでした。なんだかな〜の昨日でした。

シネマ通りって、どこがシネマな小道ですよね。昔、映画館があり、流行っていたのでしょう。いい感じに寂れていますね。

時計と言えば電池交換、自分でできるようになりました。私の時計、安ものなのですが、海外製ということだけで高いのです。工具と電池で1000円弱。これからは電池だけなので、300円程度でOK。でもこれを商売にしようと思うと、裏蓋の種類応じた工具が必要だし責任もあるし、それなりの値段を取られてもしょうがないかなと思いました。
Posted by バラキ at 2016年08月13日 10:22
バラキさん、こんにちは

SeeSaa 、やっと直りましたね、ご心配をおかけしました。

さて、向こうから訊いてきてくれたり、こちらの申し出を快く受けてくれるのは有り難いですね。孤高の雰囲気で「大きなお世話だわい」て感じで声が掛けられないのは辛いですね。相手の方の気持ちを傷つけないのは最低限のマナーだと思います。もし辞退するにしても笑顔で「有り難うございます。気になることでしょうけど、今は自分がどこまでできるか試している段階なのです。なので、とりあえず自分で頑張ってみます。ですが、お声を掛けて頂くだけで心強いです、有り難うございます」とでも言ってくれたなら気持ち良いのですが・・・。そうするとね、私なんかは「あ、この人は体が不自由なだけで、ちっとも障害者なんかじゃない」と思いますね。でも、たまに偏屈な障害者がいますよね。

電池交換、以前も書きましたが、ロフトは3500円です。バラキさんに頼めば手間賃はサービスしてもらって300円・・・、これからバラキさんに頼もうかな (おい)

冗談抜きにして、1000円くらいが適正価格なんでしょうね。ところで、南米への旅行にロレックスをしていくのは嫌なので、それで先日1980円の腕時計を購入してきたのですが、電池は4〜5年もつそうで、それなら電池が切れたら捨てるようですね。

風防はプラスチックで傷が付きやすそうだったので、うちののスマホの液晶保護シール(予備の)を円形に切って貼り付けました。上手くいきました。宜しければバラキさんの時計にも貼りますよ。手間賃込みで特別に2000円でどうでしょう (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年08月13日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]