2016年09月03日

見てはならないものを見てしまったような・・・

昨日の朝、店に行こうとして歩いていたら、通りの真ん中で野良猫が何かと奮闘中だった。

近付いて見てみると、何と、野良猫が鳩を咥えていて、その鳩が暴れていたのだ。遠目にはビニール袋の中身を漁っているように見えたのだが、事態は深刻だった。私が近付くと猫はいったん咥えていた鳩を放したが、鳩はもう飛び立って逃げることができず、すぐに再び猫に咥えられてしまった。

うちの街の野良猫は餌をくれる人がいるから餌にも水にも不自由していない。たぶん、食べるのが目的でなく本能的に狩猟をしただけなんだろう。うちの街の鳩はとにかく警戒心が無く、以前は駅前の大きな交差点の向かい側から歩行者の青信号で(飛ばずに)歩行者と一緒に歩いて横断し終えた鳩もいる。見ていて微笑ましいが、反面、いつか事故に遭ったりカラスに襲われたりするんだろうな、と思っていた。

改めて咥えなおした鳩をどこかに運ぼうとするも、私の存在が気になるようで、何度か振り返って睨まれた。たまたま引越しの立ち会いに行く予定でデジカメを持っていたので様子を写真に収めてみた。

DSC01361.JPG

DSC01362.JPG

私が突進していけば猫は再び鳩を放したかも知れないが、そうであっても鳩は生き延びられないだろう。残酷なようだが、食べるのが目的ではないとしても、猫の習性として鳩が死ぬまで弄り続けて、最後はどこかに持って行くんだろう。例えば、いつも餌をくれるオバサンの家の玄関とか・・・。

猫はまだ生きている鳩を咥えたまま近所の家の庭の奥に消えて行った。鳩を助けたほうが良かったものか、放っておいて正解だったのか、は正直、解からない。ただ、良し悪しは別にして、写真を撮ったことで、災害や事故の現場に居合わせて被害者を救助するより先に写真を撮ってSNSに投稿する輩と同じ人間に成り下がったみたいで、若干の自己嫌悪はある。ハトサンの全宅の会員としては・・・ (*´ω`)

posted by poohpapa at 03:39| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございますpoohpapaさん
徐々に回復の兆しで何よりです。
病人と女性には優しいトコロテンですが、
元気になったら、またいちゃもん難癖のコメントをさせていただきますね。

私目もこの夏、セキレイの雛が道端に転落しているのを発見して困りました。
草の上に堕ちたせいか元気に口を開けていましたが、(目も開いてない)
巣に戻そうにもどこにも見当たらないし、このままでは猫かカラスの餌食になることは
明らかで、いったんは手に乗せて自宅で保護しようか迷いました。
しかし、すでに家で2種類の鳥を世話してるし、このタイプの鳥は
昆虫とか幼虫のような生きた餌をあげなくてはいけない大変さを考えて
元の位置に戻しました。
もしかしたら親鳥が見守ってくれていることを信じて。
しかし、現実は残酷です。
そこを離れて数分後に案の定、カラスが舞い降りてきて雛をつかんで
飛んでいくのを見てしまいました。
黄色いくちばしを開けて餌をねだる姿を思い出すと今でも胸が締め付けられます。
たった数分の命だったなら、万難を排しても自分で保護すべきだったかなと。
歳をとったせいか、動物どころか小さな虫ですら命が尊いものに思えてなりません。
最近では蚊やゴキブリですら殺すことをためらわれるトコロテンです。(ウソウソ)

Posted by トコロテン at 2016年09月03日 09:28
poohpapaさんおはようございます。

まあ!なんて薄情な人なんでしょう!鳩さんも助けたらきっと、毎晩、お礼に来てくれるかもしれないのに。きっと、恨んでいることでしょう。

しかし、まあ、自然界の掟もあることだし、助けるのもいけないのかも

いや、やっぱり、弱い者を助けることも大事かも

でも猫にしてみれば、当然かも。油断した鳩が悪いのだ!

でも、助けてあげればそれで、poohpapaさんも地獄に落ちずに天国に行けたかも。
Posted by たか at 2016年09月03日 11:08
トコロテンさん、おはようございます

いやあ、トコロテンさんは良いことをしたんだと思いますよ。カラスに「ここに美味しい餌がありますよ」と教えてあげたのですから (チクリチクリ)

コメントとは裏腹に、ご自宅で、現れたゴキブリに大騒ぎして中性洗剤をぶっかけているトコロテンさんの姿が目に浮かびます (^◇^)

冗談抜きにして、カラスにも生きる権利が有りますもんね。セキレイの雛はどのみち助からなかったと思いますね。自然界は残酷ですが、人間が手を差し伸べれば救える命があったとしても、それをすべきかどうか、して良いかどうかは難しいですね。

例えば迷子になったニホンザルの赤ちゃんを保護しようとして餌やミルクを与え、その後、元気を取り戻したからと元居た場所に戻して、親が現れても、人間の臭いが付いた子供を放置してしまって、結局子ザルが死んでしまった、ということもあるそうですね。

私も、鳩を猫から助けて動物病院に連れていったとして、その鳩が生き延びてくれる保証はありませんし、たまたま私がそこに居合わせただけでそこまですべきなのか悩みましたね。

ただねえ、食べるワケでもないのだから、本能とは言え猫は「無駄な殺生」をしてますね。

鳩の眼・・・、観念していたようにも見えました。この件で、昨日は一日ブルーな気分でした。


Posted by poohpapa at 2016年09月04日 06:04
たかさん、おはようございます

助けるべきだったのかなあ・・・。もしかして、助けていれば、夜中に美しい女子(おなご)が枕元に現れて、「美しい反物を織ってさしあげます」とか言ってくれたかも。鳩じゃ無理か (*´ω`)

ついつい弱い方に味方してしまいますが、猫からすれば当然だと思います、ただ本能に従ったまでで・・・。どちらの視点から見るかの違いですね。

たまに、うちの庭にも鳩が来ていて、室内から窓越しにノルンが凄く反応しています。窓を開けてやったならおそらくは捕えようとするでしょうね。行方不明になったことがあるので開けませんが。
Posted by poohpapa at 2016年09月04日 06:12
うーん
ネコちゃんも本能ですからね。
どちらも可哀想。

それにしてもこのニャンコ、通り掛かった人がハトさんマークだと知っててやったのか。
なかなかの手練れじゃ。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2016年09月04日 09:42
ん? その辺のエサもらってる野良猫でも普通にハト食べるよ?
今までに何回か見たことあって、どのくらいしっかり食べるかって言うと

頭の骨と背骨の骨だけ残して全部食べる。
頭の骨と背骨と両羽を残して全部食べる。

このどっちか。
ホントに骨しか残らない、羽まで食べちゃうんだよね…。
たまに道端に落ちてるんだけどやっぱすぐだれかが拾って捨てるから
見る機会は少ないかも。

こないだ、ねずみを食べてる猫も見たけど
お腹掻っ捌いた直後に近づいたせいか、クルマの下に逃げ込んで恨めしそうにこっち見てた。
取らねぇよ…(´・ω・`)

数10分後に戻って来たら外皮以外全部綺麗に食べてたわ…。
骨どこ行ったんだよと…(´・ω・`)

Posted by 次男 at 2016年09月04日 23:59
ピーちゃんの身元引受人さん、おはようございます

なんかねえ、鳩の眼が「ハトサンの全宅の会員のくせに助けてくれないのかよ・・・」と悲しそうに訴えているようで、辛かったですね、ほんと。

一度、猫が咥えていたのを放した時に、もう飛び立って逃げることができずに地上を走って逃げようとしていたので、どのみち助からなかったとは思います。

以前、野良ネコが車に轢かれた時には動物病院に連れていきましたが、この場合、鳩を動物病院に連れていって治療代を負担して・・・、とまでは考えませんでしたね。街に戻してもいつかまた猫やカラスに捕まることでしょう。私が一生保護することはできませんし、しないほうがいいでしょうから。

でも、悪いことしたかなあ・・・。こういうの、ずっと引きずるんですよね (*´ω`)



Posted by poohpapa at 2016年09月05日 06:15
次男へ、おはよう

へえ・・・、けっこうそういう場面に遭遇してるんだ・・・ (^◇^)

<<
頭の骨と背骨の骨だけ残して全部食べる。
頭の骨と背骨と両羽を残して全部食べる。

おまえ、よく観察してるなあ・・・。でも、猫の習性として、餌をくれてる人(うちの街では近所の美容院のオバサン)んちの玄関にそのまま運んで置いてきて見せびらかしそうな気がするけどね。そっちの野良猫は餌に不自由してるんじゃないかなあ・・・。

最近はネズミそのものが少ないから猫がネズミを捕まえるとこなんか見たことないけど、そう言えば・・・、以前うちのが野良猫の世話をしてた時、と言っても餌やりじゃなくて庭をトイレに提供して見て見ぬふりをしてただけだけど、うちの玄関にネズミの死骸が置いてあったわ。義理堅い猫もいるもので。

<<お腹掻っ捌いた直後に近づいたせいか、クルマの下に逃げ込んで恨めしそうにこっち見てた。
取らねぇよ…(´・ω・`)


猫からしたら「取りそう」に見えたんじゃないか? (*^_^*)

そうそう、JCB、そろそろ振り込みなよ (業務連絡)

Posted by poohpapa at 2016年09月05日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]