2016年09月04日

なんか変・・・、と思ったニュース

先ず、毎度「同じ内容の繰り返し」だけど・・・、

下痢、全く回復しない・・・。他の方はみんなもう元通りになってるんじゃないかと思うけど・・・。駅前の銀行まで行って帰るだけで息切れするし、水分補給はしてるつもりだけど出てくほうが多いかも。

さて、今度の水曜日にペルー旅行記の下書きを書いて順次アップしていきたいと思っているが、その前に、気になった(古い)不思議なニュース、

乳がんを早く発見できなかったのはマネージャーのせい!和解に合意

乳がんを早期発見できなかったのは元ビジネス・マネージャーが健康保険料の支払いを怠ったためだとして、1,500万ドル(約15億円)の訴訟を起こしていた米女優のシャナン・ドハティが、和解条件に合意したとTMZ.comが報じた。

とあるが・・・、「マネージャーが健康保険料を支払っていなかったから100%自費治療になるので健康診断に行けず乳癌を早期発見できなかった = マネージャーのせい」、という論拠が意味不明。

著名な女優であれば億単位で稼いでいるハズで、全額自費で検査を受けたとしても屁でもないだろうに、言ってることがセコすぎる気がする・・・。たとえマネージャーに落ち度があったとしても、日本人的な感覚だと「心配なら自費で検査を受けて保険が利いた場合との差額を請求すればよい」話。検査を受けなかったのは本人の責任であって、マネージャーが(おそらく億単位で支払って)和解する話ではない。

こんなので和解金を支払うことになるアメリカの訴訟社会は病んでいるとしか思えない。


あと、近々、日弁連が「死刑廃止宣言」をするらしい。相次ぐ冤罪(えんざい)事件の発覚や世界的潮流を受け、初めて明確に「廃止」を打ち出す、とのことだが、相次ぐ冤罪・・・??、死刑判決が冤罪だと認められて覆ったこと、今までにいくつあったっけ?。痴漢や窃盗の冤罪は多々認められるけど、終戦直後までならいざ知らず、死刑判決が出るほどの重大犯罪が冤罪であることなど皆無に近いのでは。

もちろん、100の死刑執行が正当であっても一つの冤罪での執行があったのでは問題だとは思うけど、疑念が残る判決に関しては今までも法務大臣が執行命令書にサインしていなかったのでは、と思う。むしろ、一点の疑いも無い確定判決に対して速やかに執行しないほうがおかしい。

「人の命や人権は大切」と言うけど、人によりけりだし、殺された人の人権を無惨に奪っておいて自分の人権は護られる、というのは公正ではない。何より、被害者や遺族の人権が置き去りにされているし。「死刑制度は凶悪犯罪の抑止力にならない」とも言うが、そんなものを求める必要はない。死刑制度と抑止力は元々関係ない。処刑の様子を公開するのが一番の抑止力になるんだろうけど、日本では刑場の写真を公開するまでが関の山。本当は中学くらいの時にCGの動画で死刑執行までの流れを生徒に見せておくと良いと思う。ショックは大きいだろうけど、抑止力を期待するならそれが一番だと思う。

(表向きは)人権にうるさいアメリカでも、死刑執行に(被害者遺族の希望があれば)立ち会わせてくれるのだから、日本でも遺族が希望すれば立ち会わせてもいいんじゃないか。遺族にとっては、それで初めて事件が完結するように思う。遺族に「刑の執行がされたこと」の通知だけではねえ・・・。

私が以前お世話になった弁護士さんが某冤罪事件の弁護団長をしていて、見事、裁判のやり直し ⇒ 無罪を勝ち取ったが、その男は出所して直ぐ、同居していた支援者の女性を殺している・・・。冤罪も怖いけど、真犯人を娑婆に出してしまうのはもっと怖いように思う。

世界の潮流なんて考えなくてもいい。死刑制度があるから人権意識が低い国、なんてのは言い掛かり。私からすれば、実質的に世界で最も人権意識が低く根深い差別が残っている国の一つがアメリカだし。

日弁連・・・、ただの人権ボケの集まりでしかないんだろう。もう選挙に出ないでくれよ ( `ー´)ノ


posted by poohpapa at 05:45| Comment(10) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

まあ、アメリカの訴訟って、ホントに信じられないですね。コーヒーが暑くてやけどしたから弁償しろ!とか、まあ電子レンジで猫を乾かしたら死んでしまったのは、マニュアルに書いてないから、弁償しろ!とか、ありましたね。

日弁連が「死刑廃止宣言」→死刑は人道的でないから廃止しろって、まあ、被害者は人道的に殺されたのでしょうかねぇ。
Posted by たか at 2016年09月04日 08:48
たかさん、再び、おはようございます

私は「行き過ぎた福祉が国家や地方自治体の財政を破綻させる」と、いつも思っていますが、「行き過ぎた人権」も同じですね。もし、日弁連に所属する弁護士の家族が惨殺された時の裁判でも「死刑制度に反対」と言っていられるならホンモノ(ただしアホ)だと思いますが、そういう立場に立って見ないと解からないでしょうね、人権ボケ弁護士には。

この仕事をしていると、誤った居住権の主張や、個人情報保護なんかにぶち当たることはしょっちゅうです。居住権はちゃんと家賃を支払っている人間にだけ認められる権利ですし、個人情報保護法は「法律を自分に都合よく解釈して逃げ回る」ことを赦すための法律ではないハズです。

日本を住みにくくしている元凶が人権ボケ弁護士集団「日弁連」と言えなくはないでしょう。
Posted by poohpapa at 2016年09月04日 09:07
poohpapaさんへ
人権派弁護士、言葉の響きは心地よいかもしれませんが、僕に言わせれば、思考停止弁護士と言いたい位です。
まず昨年の安保法案に憲法違反との事で訴訟を起こしているのも、この手の弁護士です。
彼らはとにかく反対して、注目浴びることがを目的のような気がします、通常の社会人なら、反論を言う時に、その対案を出さないと無視されるのが落ちです。
死刑を廃止して何かいいことあるのでしょうかね?
犯罪被害者家族の気持ちは?、死刑廃止して犯罪人を何時までも税金で養う意味は?犯罪抑止力は?。
僕が知らないだけかもしれませんが、それらについて何ら意見を述べず、ただ冤罪だけを取り上げて反対しているように思えます。
これだけ科学捜査が発達すれば冤罪は全くゼロとは言いませんが、ほぼゼロに近ずけることができます。
終戦直後のあの混乱期に見られるような確率での冤罪発生は、今後改善されることは火を見るより明らかです、それでいいではないですか。
人間は神ではないのですから、三審までやれば、それで十分のような気がします。
それでも冤罪をもとに裁くのを止めろと言うのは、裁判自体を否定することになり、つまりあなた方の存在否定につながります。
自分に都合の良い’死刑を出すような裁判だけ辞めろ’と言っているようなものです、本当に短絡的思考停止弁護士たちです。
本当に冤罪を防ぎたいのであれば、裁判官立会いの下で自白剤の使用を認めるべきです、
でもこれだって人権、人権と言って反対するでしょうね。
この事でいつも思い出すのが、光事件での弁護士の記者会見です、本当にこいつら全く常識がないと痛感しました。
弁護士になるまで一生懸命勉したであろうに、吉田茂首相の国会での放言’曲学阿世の徒’と言う言葉を思い出しました、本当に何を勉強したのでしょうか。
Posted by ボース at 2016年09月04日 11:01
poohpapaさんこんにちは

人権派もどきの弁護士連盟が死刑反対するのは勝手ですが、
日本の世論では国民の八割が死刑制度に賛成してますね。
この八割という数字は凄いもので、普段は敵対している右だ左だの
相反する思想の人々でも、これに関しては一致というくらいの数字です。
死刑反対は10パーセントも無いという世論の中で、
死刑制度反対を宣言するということを見ても、
こいつらの動きは日本国民の声に背を向けた、
明後日の方向であることがわかります。
こいつらにとっては国民の世論などどうでもよく、自分たちの信条さえ通れば
いいということでしょう。
発端のアムネスティの主張を見ても、死刑反対の論拠に犯人の生きる権利や
人権ばかり並べていますが、肝心の「犯した罪相応の刑罰」には全く
触れていません。(私が見落としているかもですが)
私自身は死刑制度が無くなっても構いませんよ。
その代り、目玉くりぬきの刑とか両腕切断の刑とか両足切り落としの刑
とか、要するに犯人が野に放たれても二度と同じ犯行が出来ず、
かつ生涯不自由に苦しむ刑罰を与えて欲しい。
もっとも人権を損なうという意味では死刑と同じで、まあ、
永久にそういう日は来ないでしょうが。

Posted by トコロテン at 2016年09月04日 17:04
下痢が長引いているのであれば、点滴をした方が良いかもしれませんね。
腸から体内の水分が放出されている状態ですので、水分補給に関わらず、脱水症状になりやすいです。
Posted by AK at 2016年09月04日 19:12
ボースさん、おはようございます

ほんと、思考停止弁護士ですよね。日弁連の会員の中には「死刑制度は存続させたほうがいい」と考える弁護士もいるでしょうけど、立場上、そうは言いにくいことでしょうね。

組織の大きさは違いますが、うちの宅建立川支部と似ていますね。支部長が「こういう方針で行くからみんな協力するように」と言えば、誰も「それはおかしいでしょう」とは言えないで「異議なし」になります。うちの役員さんもまた思考停止しています。

<<人間は神ではないのですから、三審までやれば、それで十分のような気がします。
それでも冤罪をもとに裁くのを止めろと言うのは、裁判自体を否定することになり、つまりあなた方の存在否定につながります。

まったく同感です。「それでも不充分、冤罪が・・・」、と言うなら、どんなに証拠が挙がっていても本人が否定し続ければ「冤罪の可能性あり」になってしまいます。

<<本当に冤罪を防ぎたいのであれば、裁判官立会いの下で自白剤の使用を認めるべきです

海外ではやっていそうな気がしますね、もちろん。独裁国家では、でしょうけど。ウソ発見器も確実性が無い、とのことですから、最後の砦は自白剤とか催眠術とかになるのかも。でも、どうせ「人権があああ」とか言って騒ぐんでしょうね。

名張毒ぶどう酒事件なんかでも、もし自白剤の使用が認められていたら、どんな真実が出てきたことか。もし私が奥西被告の立場で無実であるなら、自分のほうから自白剤の使用を求めたかも。

山口県光市の事件での弁護団(安田弁護士)の会見は酷かったですね。子供の言い訳にしか聞こえませんでした。安田弁護士も死刑制度反対で凝り固まっている弁護士で、判決そのものより死刑制度が納得いかないようで、あんなのが弁護士をしてるんだもんなあ・・・。

Posted by poohpapa at 2016年09月05日 06:37
前も書きましたが、私はよくなったと思います。
一昨日、昨日と久しぶりに運動もしましたし。
私は点滴と抗生物質、整腸剤で医者に行ってから5日ぐらいで治りました。
血液検査、CT、検便などしました。
前も言いましたように、これで1万1千円、さらに薬代が5000円近くかかりました。
わたしもマチュピチュのホテルの水は変だなと思っていました。
岐阜の高齢の参加者の方は全く何も問題なかったとのことでした。
電話かけたらお元気でした。
あまり治らないようであれば、他の病院でも見てもらった方がいいかも
しれません。お大事にしてください。

Posted by 岐阜の者 at 2016年09月05日 06:42
トコロテンさん、おはようございます

体調はあと少しのところまで来ていますので、辛辣なコメントは今しばらくお待ちください (^◇^)

日本人の国民感情として、「凶悪犯罪には死をもって報いさせる、というのが当たり前」、ということですね。当然に被害者やご遺族の人権や感情に寄り添った感覚なんだと思います。トコロテンさんの仰るように、8割という数字はもの凄いですね。言うなれば、与野党挙って賛成しているようなものですもん。というか、反対する人ってどんな人たちなんだか顔が見たい気がします。

先ほどボースさんへの返信でも書きましたが、山口県光市の母子殺人事件の弁護団も、被告の量刑の軽重より死刑制度そのものに反対するというトンチンカンをやっていて、現行の法律は無視していましたね。奴らは被告の量刑より自分たちの主義主張を通すことのほうが大切なんですね。

<<私自身は死刑制度が無くなっても構いませんよ。
その代り、目玉くりぬきの刑とか両腕切断の刑とか両足切り落としの刑
とか、要するに犯人が野に放たれても二度と同じ犯行が出来ず、
かつ生涯不自由に苦しむ刑罰を与えて欲しい。

私もそれに近い考えを持っています。幼い子供に食事や水を与えず餓死させた親とか同居人には、同じように水と食料を与えないで死んでもらうのがいいかな、とかね。でも、腕や脚なんかをチョン切ると、後々福祉の予算が食われますのでNGかと思いますが・・・。

日本人の8割以上が死刑制度に賛成、という数字は今後も変わらないでしょうけど、人権ボケ弁護士が「死刑に代わる仮釈放なしの終身刑」なんてのを打ち出してきたら「それでもいいか・・・」と思う人も少しはいるかもですね。終身刑なんて要りませんよね、税金の無駄遣いです。遺族が希望すれば死刑執行ボタンを押させてあげてもいいくらい、と私は思っています。


Posted by poohpapa at 2016年09月05日 06:56
AKさん、おはようございます

先日は有り難うございました。お陰さまで直ぐ記事が表示されるようになりました。実は寂しいこともありまして、カウンターを撤去してしまったので、これからキリ番プレゼントができなくなる、ということでして・・・。もう今は誰もキリ番なんてやっていないのですが、このサイトくらいはやっててもいいかな、と思ってました。ま、仕方ありません。

ところで、病院には行ってまして、初期の段階で点滴も受けましたが、今日あたりまたお医者さんに相談してこようかな、と思っていました。長すぎますもんね・・・。頭もフラフラしてますし。

ご心配を頂き有り難うございます、凄く心強いです。
Posted by poohpapa at 2016年09月05日 07:02
岐阜の者さん、おはようございます

快方に向かって良かったですね。私も、(内臓的には)胃から上はだいぶ良くなりました。食欲も出てきましたし、もう何でも食べられそうです。嘔吐感もありません。問題は胃から下、腸ですね。

昨日は夜一回だけでしたから、一昨日の7回に比べればかなり良くなってはいますね。

マチュピチュの水、おかしかったですよね。でもみんな飲んでるハズですが・・・。

あ、海外旅行保険金の申請、してくださいね。我が家には損保会社から請求書の用紙が送られてきました。治療が完了したら送付するつもりです。私のほうが岐阜の者さんより治療代が安いのですが、せっかく(カード会社に)掛けてもらってる保険なのでちゃんと請求しようかと思います。

ところで、他の皆さんはご無事で良かったですね。うちらの添乗員さん、この後も4回くらい同じツアーの添乗予定がある、とのことでしたが・・・、彼女も(彼女なら)大丈夫でしょうね、きっと (*^_^*)

Posted by poohpapa at 2016年09月05日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]