2016年09月24日

また繰り返される精神鑑定の愚

ニュースによれば、

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件で、植松容疑者は現在も重い障害がある人を侮辱する言動を繰り返していて、警察と検察は事件当時刑事責任能力があったか見極めるために精神鑑定を行うとか・・・。ただし、警察は「事前に凶器を揃える」など犯行が計画的であることから容疑者に刑事責任能力があるとみて捜査を続ける方針とのこと。

毎度毎度、それこそ何度も何度も書いているが、

刃物で急所を刺せば人は死ぬ、首を絞めれば人は死ぬ、銃で撃てば人は死ぬ・・・、それが解かっていて犯行に及んでいたなら「責任能力(判断力)はあった」ということではないのか。

そもそもが、誰もが人を殺す時点で尋常でない精神状態になっているんだろうし、「責任能力なし」と言えるのは白痴の場合のみ、つまり、自分が誰であるかさえ分かっていない人だけ。逆に、そういう人は殺人など犯さない。そもそも「そういう(誰かを殺そう、という)概念」など持ち合わせていないのだし。

今の「責任能力鑑定」は全く無意味で、容疑者の人権ばかりに配慮した仕組みでしかないと思う。この植松がもし「責任能力なし」で不起訴(措置入院)になったとして、いつかは娑婆に戻る。その時、再び殺人を起こさない保証はない。いや、偏見なんかでなく、この手の精神異常は完治せず、簡単にスィッチが入って必ず殺人を繰り返すだろう。その時、誰が責任をとるのか。護るべき対象は誰なのか。

私は死刑制度の存続に賛成だが、今の制度で「責任能力なし」となった殺人者に関しては「仮釈放なし」の終身刑が存在してもいいと思う。本音では、死ぬまで税金で食わせるのは納得いかないが。

植松は「障害者は生きている価値が無い」として犯行に及んだが、ならば「オマエこそが生きている価値のない正真正銘の障害者、気違いだよ」と言いたい。

もう、何でもかんでも「精神鑑定」なんて止めてもらいたいし、やるならハードルを高くしてほしい。


ところで先週と今週の水曜日、テレ東で「模倣犯」というサスペンスドラマが放映されたが、見応えがあった。これ、制作した局は日テレか?、と思えるほどに豪華な(演技派の)役者を揃え、観ていくうちにぐいぐいと引き込まれていった。ま、現実離れした構成もあったけど、それでも素晴らしかった。

で、思った。もしこれが現実の話なら、この犯人は精神鑑定を受けるだろうな・・・、と。

精神鑑定・・・、遺族感情を逆なでして甚大な二次被害を及ぼす制度でもある。



posted by poohpapa at 05:03| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
精神病や統合失調症を理由に犯罪が許されるのはおかしいです。被害者やその御家族も絶対に納得出来ないでしょうし、加害者に報復をする人が出てきても当然だと感じます。だいいち、精神病や統合失調症の患者さんのほとんどは平穏に暮らしているのに、一部の人が犯罪をして精神病や統合失調症を理由に許されたら他の患者さんに失礼です 香菜子
Posted by 香菜子 at 2016年09月24日 11:10
香菜子さん、こんにちは

全く同感であります。もちろん、私が言っている二次被害、というのは、遺族による報復ではなく、精神鑑定によって不起訴になることで遺族は一生重い荷物を背負うことになる、ということですね。加害者が無罪になって法によって護られるのに自分は何もしてやれない、という慚愧で・・・。

白痴の人の場合のみ不起訴でも仕方ないのでしょうけど、その場合でも、家族や周りの人の監督責任は問われなければなりません。ま、そういう人が「人を殺める」というのは考えられませんが。

いずれにしても、精神鑑定で不起訴、とかになったりすれば、同じ病気の人に対する偏見は生まれてしまいます。植松が特殊なんですよ。病気のせいではありませんよね。

それにしても、香菜子さんは優しいですね、ほんとうに。
Posted by poohpapa at 2016年09月24日 12:20
poohpapaさんへ
ご無沙汰しています、何時まで雨が続くのでしょうかね?
法律的な仕組みは知らないのですが、致傷、致死、殺人などの人を傷つけたような犯罪人を、仮釈放や、精神鑑定の結果等で社会復帰させた場合、その人間が再犯を犯した時、社会復帰させた人間の責任は問われないのでしょうか?
そんな事まで責任は取れないと役人なら言うかもしれませんが、被害にあった本人や家族は、どこに怒りのぶつければいいのですかね、運命だからあきらめろとでも言うのですかね。
役人と言えども、いや役人だからこそ責任の所在と言う緊張感をもって判断しろと言いたいですね。
Posted by ボース at 2016年09月24日 17:21
ボースさん、おはようございます

ちょっと前(台風が続けてくる前)は「水不足だ」と騒いでましたが、少なくとも、その心配は消えましたね。喜んでいいやら悲しんでいいやら・・・、死者も出てますのでねえ。

ところで本題、こういう不起訴や措置入院期間満了で出てきた人間が再び殺人などの凶悪犯罪を犯して、(結果的に?)判断を誤った当事者が責任を取らされたり処分された、という話は全く聞きませんね。それでも、法的に責任能力云々で裁判に掛けないで放免したほうが「成熟した人権社会」を維持できる、という判断でしょうか・・・。

極論を言えば、江戸時代のように、凶悪犯罪者は家族まで処刑される、というのは「行き過ぎ」ではあっても秩序は保てるし、それで恐怖政治にもなってなかったと思うのですよ。悪いことさえしていなければ平穏に暮らせていたのですから。

なんか、小さな人権、しかも歪んだ人権意識でもって、平和に暮らしている人の人権が蹂躙されるのは納得いきませんね。

役人や公務員は、自分が責任を取らされることが無いよう、それだけを念頭に仕事してますので、彼らには何も期待できないですね。もしかすると、自分の家族が殺されて、容疑者が不起訴処分になっても、解かることはないかも知れません。

Posted by poohpapa at 2016年09月25日 06:13
「精神鑑定」自体の揺らぎが大きすぎると思っているので、そこを基準にした過去の判例は時代とともに有効ではなくなるような気がしますが、少なくとも今の技術では正確な「精神鑑定」自体が難しいのではないかと感じています。
社会規範を理解できない人も同等に罰を受けると言うのがダメな理由は、「過失」とかと同じ情状酌量なのでしょうが、「故意」であれば頭がおかしい判断基準であっても同じ様に刑に服すべきでしょうね。
ただ、頭のおかしな犯罪者をまともな(というのか疑問ですが)犯罪者と一緒にしているとまともな人が可哀想なので、別な施設は必要かもしれませんが。

でも、人を噛んだ犬の殺処分に反対する人は、障害者の処分にも反対しないと…とは感じます。
Posted by ハリケーン at 2016年09月26日 08:41
ハリケーンさん、こんにちは

何をもって「責任能力なし」とするのか、犯行当時「心神喪失だった」と認めるのか、基準が曖昧ですね。心神喪失なんて、人を殺す時にはみんなそうじゃないですか?

人を殺す理由は人それぞれ。落ち度のない相手を殺めたなら、情状酌量は必要ないでしょうね。

人を咬んだ犬の場合は、飼主に責任が多々あるからで、野良犬の場合でも同情すべき点はあるもの。咬まれた人のほうにも過失があるケースもあるでしょう。無差別殺人と一緒にはならないかと・・・。

カネが欲しくて人を殺す、相手が憎くて殺す、なんとなく誰でもいいから殺したくなって人を殺す、どれも精神異常です。私は、一人殺したら死刑、それでいいと思います。誰かの前途を問答無用で奪っておいて、自分は更生の機会を与えられる・・・、そんな不公平はありませんよね。だいいち、そんな奴が更生したからと言って、社会に役立つ人間になってくれる可能性は低いでしょう。更生の可能性と再び事件を犯すリスクと天秤にかけたなら、リスクを重視するのが当然です。

精神鑑定など要りませんよね。殺し方を知ってて殺したのですから。
Posted by poohpapa at 2016年09月26日 17:21
久しぶりにコメントしますが、ブログは毎日楽しみに読んでいました。
この犯人、障害者は迷惑なので死んだ方がいいと言っていますが、自分はまだ若いのに生活保護申請していて、なんだかなーって感じです。
誰も好き好んで障害を持って産まれてくるわけではないですし、健康に産まれても、人はいつ病気や事故で障害を持つか分かりません。
ご家族の気持ちを考えると、精神鑑定なんて信じられません。
殺人まで犯さなくても、このような考えを持つ人が世の中にはいるんだろうなと思うと、本当に恐ろしいです。
だけどpoohpapaさんの今日のブログを読んで、ちょっとすっきりしました。
Posted by 春菜 at 2016年09月26日 22:38
春菜さん、おはようございます

実は、春菜さんからのコメントを読ませて頂いて、急遽、今日の記事を変更しました。と言っても、予め用意していた記事ではなく、今朝3時40分に起床してから書いたものでありますが。

<<誰も好き好んで障害を持って産まれてくるわけではないですし、健康に産まれても、人はいつ病気や事故で障害を持つか分かりません。

そのとおりですね。私も、そして誰もが、何かしら異常性を秘めているものだと思うのです。何をもって異常者というのか、そう認定するのか、その判断基準は実に曖昧ですね。なので、私が普段から言っている考え方「どのようにしたら人を殺せるか知っていて犯行に及んだなら精神鑑定の必要はない」、で良いんだと思うのです。もちろん、それを言ったら「心身喪失で不起訴」は無くなりますが。

それと、もっと被害者の失われた人権や被害者遺族の心情や人権に向き合う必要があるでしょうね。
Posted by poohpapa at 2016年09月27日 05:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]