2016年10月14日

細かな話で恐縮だが・・・

先日、ヤフオクで本を1冊落札した。定価3600円の1割以下の値段で、通常の落札価格と比べても1/3ほど。なのでそれ自体は有り難かったのだが、説明書きに送料が「一律460円」とあって、「そんなにしないだろうに・・・」と思っていて、ゆうメールで届いた荷物の送料を見たら、350円・・・。

たまに、「梱包費用を含む」という高めの送料の表示があって、仕方ない場合もある。梱包資材だって掛かるのだし、100円とか200円の本を送るのに「送料だけ」だと手間賃にもならず赤字だろうから。

そういう表示があって送料460円なら「ま、しょうがないだろう」と思えるのだが、届いた本の梱包に使われていたのは廃材だったし、「差額の110円はどこに行ったのでしょう?」と訊きたくなる。安く落札したのだから「差額は返すべきでは」と出品者に要求したりはしないけど、「なんだかな〜」である。

しかも、先に出品者から私に付けられていた評価は「非常に良い」ではあったが、内容はヤフーから用意された定型文「ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします」だったので私も初めて「同じ定型文」で評価を返した。あの(毎日ヤフオクで相当な件数の取引がある)ブックオフでさえ、手間が省ける定型文は使っていないのに。

低額商品の場合は仕方ないけど、送料は、原則的に(実費だけで)フェアにやったほうがいいと思う。説明文の「送料一律460円」に納得して入札したんだろ!?、という話にはならない。

私はふだん100円、200円で細かいことは言わないが、こういうのはハートの問題だから気になる。こういう出品者とは実生活でも付き合えないだろうな、と思った。後味の悪いオークションだった。



posted by poohpapa at 06:04| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapa様、おはようございます。

ヤフオクは規定により、送料は実費請求(梱包手数料含まず)となっています。

当方は出品経験がありますが、重さによって送料が変わる場合、梱包後に予想より高くなったり低くなったりすることがあります。予想より高くなった場合は追加請求しませんが、送料は予め頂いていて、発送したら安くなってしまったこともあります。また、集配に来てもらうのと、直接窓口に持っていくのでは値段が変わります。雨降り等で出しに行けなかったときは高くなるので、予めその料金で請求します。

また、書籍の場合は大量に出品していると思われ、出品の度に送料を確認するのが面倒なため、一律にしていると思います。以前は出品価格は安いが、梱包料をとる人もいましたが、淘汰されました。

コメントに関しては、人それぞれ。ビジネスライクに落札者と付き合っていますよ。
Posted by バラキ at 2016年10月14日 07:34
poohpapaさんおはようございます。

一律にしているのは、個別で計算するのが面倒だからなのでしょう。
ゆうメールなら全国どこでも同一料金なのでしょうが、宅急便なら配送地域によって
異なるから、でしょうかね。

最近、購入した本で送料の方が本代より高かったのがありますね。
アマゾンで。「悪徳不動産屋の独り言」→本代¥181円、送料+ ¥ 257
でした。いま、本代¥391円が最安値です。。。。。
Posted by たか at 2016年10月14日 08:03
そんなとこの料金をチェックしてはダメ。
美味しく料理をいただきたいなら厨房は覗かないことです。
Posted by ハリケーン at 2016年10月14日 08:08
バラキさん、おはようございます

書籍なんかの場合は、簡単に送料の予測がつくものです。ただし、たとえば「ゆうメール」を利用していない人と利用している人で送料に違いが出てしまうのはかまいません。発送の仕方、集配に来てもらうとか自分で持ち込むとかで送料が変わる、それもOKです。

もちろん、実際に460円掛かっているなら高くても問題はありません。比較的送料が高いレターパックライトで送っても360円ですから、どんな送り方をしてくるんだろう、と思ってました。ちなみに、今回の発送方法は「ゆうメール」でした。何度も出品しているなら料金も解かっているハズでしょう。私には、こういうのは「許容誤差の範囲内」とは思えません。

「送料に不足が生じた場合はこちらで負担します」と書いている出品者さんに出会うとほのぼのしますね。多く頂き過ぎたから、と切手で返してくれた出品者さんもいます。オークションはカネと品物のやり取りが完了した時点で終わり、でなく、経緯も大切かと思うのですよ。私は少数派でしょうけどね。

我々の仕事で、仲介料を客付け業者に振り込む際、振込料は引いてもいい暗黙の了解がありまして、引く場合には、相手の口座に振り込む際に一番振込料が安い方法で振り込みます。実費を頂くならそういう気遣いは必要で、相手の業者もそうしてくれたなら嬉しくなります。ま、私の場合はよほど嫌いな業者でない限り振込料は引きませんが。

評価のコメントに関しては、定型文を用意したヤフオクに対して「余計なことしやがって」と怒ってます。それくらいの手間は掛けさせたほうがいいものでしょう。

良し悪しは別にして、オークションの取引相手と実生活でお付き合いさせて頂いている人も何人かいます。もちろん、それぞれ「人柄が素晴らしい」と思えた方たちですね。私は落札専門なので、ビジネスライクに徹することはしないですね。探していた品物を手に入れられた喜び以上に、良き人と出会えた喜びは大きいですから。顔の見えない相手だからこそ、温かみが感じられたほうがいいでしょう。
Posted by poohpapa at 2016年10月14日 08:09
たかさん、おはようございます

その情報は有り難いですね、今、自分の本を(安く買いたくて)探してますので。でも、送料より安い、ってのは情けないですね、ミジメになってきます。五月書房さんも解散してしまったし、もう書店ルートでは手に入らないのでヤフオクも毎日チェックしてますし、たまにアマゾンもチェックしてたんですけどね。早速、購入しよ、って、そういう話じゃなかったですね (*´ω`)

今回は「ゆうメール」だったので、最初から正確な料金は分かっていたと思いますね。これ、「梱包料込みで460円」という表記がされていたならOKです。その場合は「了解して応札した」ことになります。そういう一言が足りないのもマズかったんじゃないかと・・・。ま、些細なことですが。
Posted by poohpapa at 2016年10月14日 08:46
ハリケーンさん、おはようございます

これ、厨房の話と同じじゃないし・・・ (^◇^)

たまに、良くも悪くも、出品者さんの人柄が伝わってくることがありますね。感動することもよくあります。もちろん、ガッカリすることも・・・。だからオークションは楽しい、とも言えますが。
Posted by poohpapa at 2016年10月14日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]