2016年12月15日

休んだ気がしない一日 (*´ω`)

昨日の定休日、特に用もなく、久しぶりにノンビリできそう、と思っていたのだが・・・、

入居者から「給湯器が壊れて冷たい水が出っ放しになってる。どうしたらいい?」、「昨晩の雨で先日話した雨漏りが再発してる。鍵交換もまだ済んでない」、「トイレの水の流れが悪いから直ぐ見てほしい」と、立て続けに電話が入った。まあ、準緊急の用件、と言えなくもないが私は定休日である。

店に電話すると携帯に全て転送されるようにしてあって、それは「こういう時のため」でもあるのだが、相手は私が(今日が水曜日で)定休日だということなど全く考えてはいないことに少々腹が立つ。給湯器の故障以外の2件は緊急性は無いのに・・・。翌日(今日)店に出てから修理業者に電話すればかまわないものだが、忘れたりするといけないし、修理業者は定休日ではないのと、依頼が一日遅れれば行ってもらえる日も一日遅れるので電話して手配を済ませた。どういうワケか年末はいつもこうなる。

もう業者も年末年始の休みに入っている大晦日なんかに「直ぐ業者を寄越してくれ」と言ったり、年中無休で24時間営業を謳っている業者に自分で勝手に電話しようとする・・・。

水曜日は絶対に電話するな、と言っているのでなく、緊急時のみにしてくれ、ということ。と言っても、何か起きれば「あ、今日は水曜日で不動産屋は休みだったな・・・」などと考える余裕は無いだろうけど。

一人でやってると、そういう時に小回りが利くかどうかが評価の分かれ目。家主さんからしてみれば、小さな会社に管理を任せているメリットはそれくらいしかないから文句を言ってちゃいけないんだろうけど、せめて「今日は定休日でしたね、お休みのところ申し訳ないのですが・・・」という言葉から入ってくれると嬉しい。

年末年始は電話の転送を切っておくかどうか悩むところ。修理の依頼を受けたとしても業者はやってないし、仮に連絡がついたとしても行かせるワケにもいかないから。さて、どうしたものか・・・。

posted by poohpapa at 07:54| Comment(6) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>店に電話すると携帯に全て転送される
まあ不動産屋が水曜日が休みなんて、一般の
人は知らないかもしれませんね。

知っていて電話するもんもいるでしょうけど。
留守電で、本日は休日です。ってメッセージでも
流せばどうでしょうかね。

緊急ではないけど電話してくるって、まあ暇人でしょ。
Posted by たか at 2016年12月15日 08:29
たかさん、おはようございます

「水曜日なので定休日なんですよ」と言われて初めて「あ、そうか・・・」と気付く人もいるでしょうね。たいていの場合は「気にしないだけ」なんでしょうけど・・・。

留守電にしちゃうと、本当に緊急事態が発生した時に困るので・・・、できないですね。10年ほど前は、夜中の11時半に、「今、1階の人が刃物を持って騒いでいるので直ぐ来てください」と呼ばれたことがありました。うちのに、もしもの際の(簡単な)遺言をして出かけたことがありました。

留守電で定休日であることを知らせて「なお、緊急の場合は・・・」と携帯の番号を録音しておくと入居者を悩ませることにはなりますね。契約時にしっかり「定休日は水曜日」と伝えても忘れるでしょうし・・・。今のままいくしかないですね(ふう・・・)
Posted by poohpapa at 2016年12月15日 08:53
それなんですよねー。私も携帯に転送していますが本当に緊急時だけ電話してもらいたいって思います(ノд`)
冬は特に給湯器のパンクなどがあるからやっかいですよね。パンクは致し方ないとしても「お湯が出ない」って言われるとイラっとします・・・
それは凍結していて出ないだけだから・・・と説明しても「お湯が使いたい時に使えないのならそれはお湯が出るとは言えない」って説教されましたわ。

ってか1階の人が刃物を持って・・・って案件は不動産屋じゃなくて警察に電話しろって話じゃないです?(笑)私も一度激しい夫婦喧嘩しているっていう電話で駆け付けたことありましたけどそれは警察電話しろよーって思いました
Posted by はなくろ at 2016年12月15日 10:36
当社は、年末年始は留守番電話にセットします。やってられないですから(笑)
Posted by 渡邊俊二 at 2016年12月15日 13:18
はなくろさん、おはようございます

<<それなんですよねー。私も携帯に転送していますが本当に緊急時だけ電話してもらいたいって思います(ノд`)

そうなんですよね、でも、入居者からすると、どこからが緊急時なのかが分からない、全て緊急時、なんでしょうね。なんでもかんでも救急車を呼ぶのと同じですね。

給湯器の凍結は厄介ですね。以前、他所の業者さんが冬場の案内の際にブレーカーを下ろしてしまい、凍結防止が働かなくて給水管が破裂したことがあります。その時は家主さんに申し訳ないので危惧交換代と水道代を私が弁償しました。業者さんも悪意ではないし・・・。トホホでした。

後は、自分で出来るようなことを管理会社に振ってくることも多くて、頭にきますね。

刃物の話は、たしかに警察に連絡すべきなんですけど、下の入居者はアルコール中毒で、私の責任で入居させたので警察沙汰にして家主さんに迷惑をかけるワケにいかず、出掛けました。行った時には部屋に入っていて静まっていたので安堵しましたね。生きて帰れました。

そういうの諸々ふくめて不動産屋の仕事なので仕方ないのですが、家主さんたち、そういう部分を知っていてほしいものです。大半は解かっていてくれますが、まだまだ「オタクに管理させてやっている」と思っている家主もいますので。
Posted by poohpapa at 2016年12月16日 09:00
渡邊俊二さん、おはようございます

<<当社は、年末年始は留守番電話にセットします。やってられないですから(笑)

うちもそうしようかな・・・(^◇^)

留守電にしておいて、初出勤の際にまとめて録音を聞くのも辛いですね。正月休みを取るのは当然のことなのに、「何度も電話してるんですけど」とか入ってたりして、本音では「知らねえよ、正月くらい休ませてくれよ」と言いたくなります。かと言って、勝手に修理業者を呼ばれたりするのも困りますけど・・・。入居者はたいてい自分のことしか考えませんね。
Posted by poohpapa at 2016年12月16日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]