2016年12月19日

めちゃくちゃ恥ずかしい失態、茨城県警

逮捕直前に男が逃走=入院先から、覚せい剤事件―茨城県警

記事を読んでいくと、茨城県警の絵に描いたような失態が浮き彫りになる。逮捕しに行って、2階の窓から飛び降りて逃げようとして、体の痛みを訴えたから一旦釈放して入院させて、再度逮捕しに行って・・・、って、普通は監視を付けるだろうに。タバコを許して、迎えの車が来たら車椅子から立ち上がって走って乗り込んで逃げた、なんてのはまるで刑事ドラマみたいで、失態も失態、ド恥ずかしい失態。

たるんどる! ( `ー´)ノ

ま、所属する暴力団事務所をガサ入れして直ぐに捕まるだろうけどね (^◇^)

posted by poohpapa at 07:04| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

なんか、バカみたい。
>>6日に湯原容疑者を逮捕しよう・・・・いったん釈放して入院させた。
湯原容疑者が退院する16日、再度逮捕するために3人の捜査員を病院に派遣。

って、入院中に逃げちゃえば良かったのでは、とおもいますけどね。
茨城県って、あんまり犯罪がないのかもね。
Posted by たか at 2016年12月19日 08:07
たかさん、おはようございます

<<入院中に逃げちゃえば良かったのでは、とおもいますけどね。

まあね、容疑者の立場からすればそういうことですね。でも、暴力団関係者でクスリ関連犯罪の容疑者を一般の病院に入院させてたワケで、それも怖いですよね。茨城県警、ナニ考えてんでしょうね。

Posted by poohpapa at 2016年12月19日 08:28
刑務所に入ったらタバコって吸えないんじゃないですかね?これから刑務所に入ろうって人間にタバコ休憩を与える理由がよくわかりませんね(笑)
茨城って田舎だしさほど犯罪は無いように思われがちですが警察関係者の話だとそうでも内容で(^^;
芸能人がいるわけではないのでさほどニュースにはなりませんが覚せい剤事件はかなり数が多いらしく私もびっくりしています(^^;

もう5年以上も前になりますが、アパートを探しに来た50代後半の男の案内に行った際、移動中の車内で「俺は覚せい剤で逮捕されていてつい最近出て来たばかりで仕事がないから生活保護を受けることになる」って言ってたんだけど・・・・

生活保護云々に物申したい気持ちはたくさんあったけど、むしょ帰りと今車の中で二人きりと言う事実を知らされて私は生きた心地がしませんでしたよ・・・
Posted by はなくろ at 2016年12月19日 10:32
はなくろさん、おはようございます

それ、めちゃくちゃ怖かったでしょうね。なにも、車の中という狭い空間の中で「務所帰り」をカミングアウトしなくても良さそうなものですね。元受刑者の中には勘違いしている人もいて、務所帰りであることを勲章のように思っていたり、庶民が驚いて怖がる様子に快感を覚える人もいるようです。

そう言うことで「何かと便宜を図らないと後が怖いよ、俺は務所に入ることなんか何とも思ってないんだから」という圧力になりますね。

で、その後、お部屋は紹介して成約に至ったんでしょうか?。覚せい剤で、ってことは常習性があるでしょうから部屋なんて紹介できませんよね。何かのニュース映像でばっちりアパートが映るでしょうし。どうしてそんなことを自ら言うんでしょうかねえ・・・、審査、通りませんよね。

ま、はなくろさんが今も生きてて良かった (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年12月20日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]