2016年12月26日

画期的な判決

12月16日付の読売新聞からなので、ネタとしてはちょっと古いけど触れておきたい。

市長の賠償負担確定

国立マンション訴訟 弁護士ら決定批判

というもの。何度かこのサイトでも触れているが、国立市の上原公子元市長が、明和地所の(一審の判決時点で一部は入居が始まっていた)建設中のマンションに対して、「景観が損なわれる」として建築の取り止め、取り壊しを求めた裁判で、一審では勝ったが高裁で逆転され確定したもの。

いわゆる「国立マンション訴訟」と呼ばれる一連の訴訟に関するもの。

私は何度か、合法的に建築確認を受けて建設し既にほぼ完成していたマンションを「景観の為に取り壊せ」と訴えることの非合理性について(文字通り)「非建設的」と批判してきたが、続きがあった。

元市長が先導した訴訟で原告の敗訴が確定したことで明和地所が「営業妨害」として訴えを起こして認められ、市が業者に3120万円を支払うことになった。そこまでは当たり前の展開。そこからの裁判所の判断が凄かった。私からすれば「よくそこまで踏み込んだなあ・・・」という感想。その、市が明和地所に支払った3120万を元市長個人が支払うことになった。実際の上原氏の負担額は確定利息を含めて約4400万円。

当時市長だった上原氏が住民運動を利用し、市議会などで違法マンションであるような印象を与えた」「景観利益保護目的という公益性があっても違法性は阻却されない」と述べ、上原氏の発言などが「不法行為である」と認定していた。ちなみに市から3120万円の賠償金を受けた明和地所は同額を市に寄付している。

私は裁判所が「当時市長だった上原氏が住民運動を利用し」と踏み込んでいるのが実に爽快である。世の左巻きの首長、とくに沖縄の翁長知事なんかは毎日が綱渡りの連続、という状況ではあるまいか。ま、ブロ市民に乗っかり更に自らの立場を利用して先導した者が受ける当然の帰結であろう。

今後も「立場を利用している左巻き首長」に対して同様の裁判が起き、同様の判決が出ることを期待したい。朝鮮学校への補助金などでも左巻き首長は個人の主義により税金を無駄遣いしているのだから。



posted by poohpapa at 06:03| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

“市”=“市長”ではない、という判決でしょうね。

“市”も被害者であるといえるのではないでしょうか?、このバカ市長に
職員もかり出され、無駄な時間を潰していることでしょうから。

翁長知事なんかも、最高裁の判決を無視するような態度ですから、数年もしたら県民から、訴えられるかもしれませんね。
Posted by たか at 2016年12月26日 09:29
たかさん、おはようございます

この上原公子という人物、市民運動家から市長になったもので行政の取り決めの手順などに暗かったこともあって、市長になって「これで行政を牛耳れる」と思ったのでしょう。この後も、今まで市行政が行ってきたことを悉く否定して掛かりました。

仰るように、市民もですが、職員は相当に振り回されていたと思います。左巻きを市長なんかにさせてはならない典型です。もちろん、左巻きがダメ、ということであって、保守や中道なら良い、ということではありません。決定的に「左巻きはダメ」ということですね。

さて、4400万円、払えるんでしょうか。自己破産したりしてね (^◇^)
Posted by poohpapa at 2016年12月26日 10:33
poohpapaさんへ
連日コメントをお許しください、それにしても今日は寒いですね、明日は雨みたいです。
朝鮮学校への支援金、これって学校と認められていないところへの支出と言う事で違法ではないのでしょうかね?この例のように決めた首長に自腹を切らせたいですね。
知事の裁量内と法的に認められているのでしょうか?
神奈川県の黒なんとか知事、もとフジのアナウンサーでしたよね、朝鮮学校への支出を認めたようです。
それと最近では鹿児島の元テレアサ職員の知事が、原発再稼働で右往左往しているみたいです。
地元の実情、地方自治の事など何も知らないで知名度だけで出馬したのが見え見えです。
これに乗る政党の地方組織も担ぐ神輿は軽い方がいい、住民の事など後まわしとばかり安易に走っているようです。
都議会でもわかるように利権の巣窟と化しています
住民は怒らなくてははいけません、しかしほとんど与野党の相乗りで選択の余地がないのが現実です。
こんなのなら、明治時代の官選知事の方がよっぽどましです、不都合なら即首にしてもらえますしリコールや再選挙など面倒なことはありません。
現に多くの知事や市長は中央官僚出身です、選挙などお金や手間暇かける意味がありません。
日本人は選挙を人気投票位にしか考えていないのでしょうか、地方だけかと思っていましたが、東京でも蓮舫や太郎、官を当選させていますから、日本国中再教育が必要です。
選挙をもっと真剣に考える、未来の子供たちに責任がある事を認識してもらう必要があります。
先日左翼の支持者は60%以上が高齢者との報道がありました、確かに大学時代の仲間と飲むと70年代安保運動を懐かしんで左巻きの意見の多い事、我々団塊世代が消え去らないと日本は良くならないと痛感しました、後20年かかりますね、みんな元気で簡単にくたばりそうもありませんでした。
Posted by ボース at 2016年12月26日 18:18
ボースさん、こんばんは

最後の、

<<「後20年かかりますね、みんな元気で簡単にくたばりそうもありませんでした。

で吹き出しました (^◇^)

朝鮮学校への補助金、神奈川県が突出してますね。全体の3割を神奈川県一県で占めてますね。次は落とさないと、と真剣に考えてしまいます。そういうのって知事の方針だけで決まるものなんでしょうか。議会の承認が必要だとすると県議たちも問題アリだと思います。訴訟、起こしてくれないかなあ。

生活保護にしたって、日本で暮らす外国(籍)人の生活が苦しいからと言って日本が保護しなくちゃいけないのは筋違いかと思うのです。日本国籍の人間が海外で暮らしていて、生活が苦しくてもその国が保護(補助)してくれるなんてことは有り得ないと思うのですが・・・。本来なら保護義務は母国にあります。日本で生活できないなら母国に帰ればいいだけのこと、人道も人権も関係ありません。

鹿児島の「見〜た〜ぞ〜!の」知事も迷走してますね。何も解かってないでアドバルーンを上げるものだから下ろし方も分からないみたいで・・・。原発の停止云々も「政治の素人」というのが露見してみっともないこと。こちらも次は落としてもらいたいものです。

で、神奈川も鹿児島も、いわばジャーナリスト出身で、鳥越もそうですけど、ジャーナリストってのが、公正で清潔そうに見えて最も始末に負えないかも。批判は得意だけど現実が見えてませんもん。

私は、今のところ頑張っているように見える小池知事も、そのうち行き詰まる、ボロが出るように思えてなりません。やがて都民が失望する時が来るように思うのですよ。鳥越よりマシでしょうけど。

ところで、日本という国、20年も待っていられないと思えますね (*^_^*)
Posted by poohpapa at 2016年12月26日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]