2016年12月28日

「梅の湯はどこですか?」

年の瀬も押し詰まって店もヒマになり、そろそろ店を閉めようか、という時間に女性がドアを開けた。

「すみません、このへんに『梅の湯』というお風呂屋さんはありませんでしょうか?」だと。

お客さんでなくてホッとした。この時期になって新規で部屋探しに来られたら怖いから、ほんと。

梅の湯ね・・・、有るよ、知ってるよ。非常に評判のいい銭湯で近隣の町からも車で来る客がいるくらいだよ。それを知らない、ということから地元の人間ではない、と判った。

女性は50がらみで、隣に若い男が立っている。この組み合わせでこの時間に2人で銭湯・・・、混浴じゃないし、どうして??、とは思ったが、場所を教えることにした。店の前の歩道に出て、「駅のほうからおみえになったんだったらだいぶ行き過ぎてしまっています。向こうのほうに青信号が見えますでしょう。あの信号を右に曲がると『梅の湯』は直ぐです。30mくらいですね」と言うと・・・、

「梅の湯に行きたいワケでなく、実はコインランドリーに行きたいんです」と言う。なんだ、そういうことね。おおかた、別のところで「このへんで、どこかにコインランドリーはありますか?」と訊いて、「それなら梅の湯という銭湯の隣にありますよ」と教えてもらい行き過ぎてしまったんだろう。

「私、方向音痴なんです」と言うが、言われなくても分かるよ。梅の湯はどこから目指しても迷うような場所ではない。途中で1ヶ所曲がるだけで着くような場所にあるのだから、それでうちの店まで来て尋ねているようじゃ、もし砂漠の真ん中に置いていかれたなら生還するのは絶対に無理だろう (*^_^*)

そんなに分かりにくい場所ではないのにうちの店まで流れ着いてきた・・・。てことは、言葉で教えただけでは今度は駅まで行ってしまうかも知れない。たぶん一緒にいた男性も方向音痴なんだろう。

仕方が無いので一緒についていくことにした。どうせヒマだし、いつもそうしているから。で、途中でいろいろ話していたら、どうやら青山学院大学のハンドボール部の関係者で、試合で使ったユニフォームなどを直ぐに洗濯して乾かして持ち帰りたかったようだ。他にも別動隊が「梅の湯」を探していたようで、10人以上のジャージ姿の女子大生が梅の湯の近くにいた。

もののついでに「この梅の湯さんは凄く評判の良い銭湯なんですよ」と言ったら、女性が「あ、それだったら待ってる間に入ろうかな」だと。時間的には丁度良いとしても湯冷めしちゃうし、それにここの銭湯は1階と2階で男女が分かれていて週替わりで交代するから、今週は女性が(人気のある)2階かどうかは店の前まで行かないと分からない。そう伝えると、ちょっと迷っていた。その様子がおかしかった。

丁寧にお礼を言われて皆さんとはここでお別れ。私のほうも楽しい時間を過ごさせてもらった。

ご縁があったから、種目は違うけど箱根駅伝は青山学院大学を応援しよう。優勝候補ではあるけどね。

posted by poohpapa at 07:04| Comment(7) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
いよいよ押し迫ってきましたが、今日あたりから仕事納めですか?。
青山学院と言えば、僕の友人に東京にある文系の大学を全滅して青山学院にだけ滑り込んだ奴がいます。
10年くらい前に’俺驚いているんだ、青学の偏差値がとんでもなく高くなっていて、会社の後輩から、○○さんは青学出身なんですね、優秀な訳が分かりました、と言われて面はゆい思いをしていた、こんだけ偏差値をあげてくれた大学の後輩に感謝しなくてはな’と言っていました。
彼は豪放磊落を絵にかいたような男で、生まれてくるのが150年遅かったと思えるくらいの男です、そんな性格ですから営業職としてはとても優秀らしく、いろんなエピソ−ドを持っていて、飲むと非常に楽しませてくれます。
又正月三日はマラソンですね、彼も応援しているでしょう。
かみさんから人が走るのだけを見て何が面白いの?と言われますが、どうしてでしょうね、不思議に飽きずに見てしまいます。
Posted by ボース at 2016年12月28日 09:02
ボースさん、おはようございます

あはは・・・、私の高校もそうですね、青学の状況と一緒かもです。私がいた頃は一学年450名でしたが、その後に定員を300名にして、それからレベルが上がりました。関係なくても嬉しいものですね。

ボースさんのお友だち、楽しそうな方ですね。なんか、友だちになれそう (^◇^)

<<かみさんから人が走るのだけを見て何が面白いの?と言われますが、どうしてでしょうね、不思議に飽きずに見てしまいます。

それ、本当に不思議なんです。マラソンなんて、ただ同じ選手が走っているだけで、途中とくに変化もなく、ほとんど競技場を出ていった順に帰ってきますよね。それでも飽きずに見ていられるのは、ほんと、どうしてなんでしょう。駅伝なんかは襷リレーして、それぞれの区間でドラマがありますけど・・・、他の競技と比べて長いし、アナウンサーや解説者も喋ることが無くなりそうで大変に思えます。

箱根駅伝、3日から台湾なので往路しか生で観られません。帰路や総合の順位は成田で知ることになるでしょうけど、青学、応援します。

Posted by poohpapa at 2016年12月28日 09:27
青学と言えば女子陸上部ですね。
私には充分わかってますよ。
Posted by ハ at 2016年12月28日 11:44
名前が半端に入ってしまってた…
Posted by ハリケーン at 2016年12月28日 11:55
ハさん、こんにちは (^◇^)

また「気違い」からの嫌がらせコメントかと思いましたですよ(爆)

<<青学と言えば女子陸上部ですね。

え??、青学の陸上部に美人アスリートがいましたっけ?、そういう話ではないのかなあ・・・。

Posted by poohpapa at 2016年12月28日 12:57
poohpapaさんこんばんは

>丁寧にお礼を言われて皆さんとはここでお別れ

あー良かった、ちゃんとお礼を言って悪い印象を持たれなくて。
なまじ、関係する組織の名前出して悪い印象をもたれると
その個人ではなく、組織に対する印象で拡散しますからね。
「あの○○会社は酷い」とか「○○大の学生は礼儀も知らない」とか。
下手な対応だったら「駅伝を応援します」とはならないもの。

自分目は現在、某古都に職場がありますが、観光客の道を尋ねる
態度が酷い人が多い。
「この道で合ってる?じゃ、どっち?」(私はあなたの家来ではない!)
「え?違う、なーんだあっちだってさー、行こ行こ」(あれ?お礼は?)
みたいなパターンが多った。
もちろん、ちゃんとお礼を言える人も少なくはないですが。
しかし、今の時代はスマートフォンが発達して行先で迷うことも無くなり、
ある意味、そういう見知らぬ人との触れあう機会も減りましたね。


Posted by トコロテン at 2016年12月28日 19:22
トコロテンさん、こんばんは

<<しかし、今の時代はスマートフォンが発達して行先で迷うことも無くなり、

あ・・・、そう言えばそうですよね。年配の女性も若い男性もスマホ持ってなかったのかなあ・・・。梅の湯の近くまで行った時、既に10人近い女子大生さんたちが集まっていたので、彼女たちはスマホで検索してたんでしょうね。でも、おかげで楽しませて頂きましたけど。

ところで、道を尋ねる人、確かに、時に無礼な人っていますね。口の利き方もですが、お礼を言わない人もいたりして・・・。さすがに、私の場合、たいていは目的地まで一緒に行ったりしますので、お礼を言われないことはほとんどありませんが。店で教えたりした場合は「もっとハッキリお礼を言えばいいのに・・・」と思うこともしばしばです。トコロテンさんの場合と同じで、傍にいた仲間に「そっちだってよ、その道で良かったみたいだよ」なんて声を掛けてそのまま行っちゃったり・・・。学校やら会社やら看板を背負ってる人もいるのですが、意識してないんですね。

以前は韓国人を目的地まで案内して丁寧に礼を言われまして、それ以降、韓国人のイメージは・・・、全く変わっておりませんですけどね (^◇^)

箱根駅伝・・・、予選会から勝ち上がった大学を応援しようと思ってましたが、今年は青学です ♪
Posted by poohpapa at 2016年12月28日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]