2017年02月04日

やっぱり東京新聞は東京新聞だった ( `ー´)ノ

1月20日付けで「MXテレビは正しい」という記事を書き、その後に「これが『ニュース女子』の問題の回、そして、非難に対する制作側の見解」という記事を書いていて、その中で、

不思議なのは、MCの長谷川幸洋氏は朝日や毎日と同じく左翼新聞の東京中日新聞論説副主幹なのだが、そう思しき発言は一切ないこと。

と書いていたのだが・・・、毎日新聞によると、

MX番組問題 東京新聞「深く反省」 論説副主幹が司会

とある。そこにあるのは論説主幹のお詫びだけで、番組の司会を務めていた長谷川幸洋氏の意見や言葉はどこにもない。ただ批判に対して頭から謝っているのみ。おそらく事実の検証も何もしてないだろう。やはり、東京新聞は東京新聞でしかなかった。はたして長谷川氏が社内的に何らかの処分を受けるのか興味津々。

それにしても、この論説主幹、「ダメ上司」の典型だと思う。部下の言い分を聞かず、立場も理解せず、声の大きいほうにのみ気を遣っていて真実も正義もない。これじゃ部下はヤル気を失うよなあ・・・。

上司たるもの、部下が完全な失敗をしでかしていたならともかく、部下の防波堤になって陰に日向に部下を庇って勇気づけ、上手く叱って意欲を高め、部下が働きやすい環境を整え、時に会社と交渉したり部下の思いを代弁するくらいでなければならない。これじゃ部下より自分の立場を護っているに過ぎないではないか。そんな人間が論説主幹・・・、東京新聞がどの程度の新聞かも知れてしまう話であろう。

MXテレビもスポンサーのDHCも毅然とした声明を出しているのだから、長谷川氏はこんなイチャモンなんかに臆することなく東京新聞を辞めてでも今後も司会を続けてほしいと思う (無責任 💧

他にも、「辛淑玉さん BPOに申し立て MXテレビ番組で人権侵害」なんてのも。

自分に都合の悪いこと(本当のこと)を書かれると「人権があ!」てか!? (^◇^)

それにしても、この一連の問題に関しては、今まで名前を聞いたことも無いジャーナリストがいっぱい現れてMXテレビを手厳しく批判しているが、本当にジャーナリストなんだろうか。「偏向だ」「事実無根だ」と騒いでいるが、どう見てもそう言ってる側の内容のほうが偏っている。本来は公正なモノの見方をすべきジャーナリストであるにも関わらず、まるでどっかの団体のお抱えジャーナリストみたい。

ジャーナリストなんて不動産屋みたいに資格試験があるワケでもないし登録条件もない。私も明日から名刺に「ジャーナリスト」という肩書を加えようかな、誰でも名乗れるんだから (おい)

似非ジャーナリストは鳥越俊太郎だけでたくさん。そいつらが騒げば騒ぐほどMXテレビ(ニュース女子)の主張の正当性が高まるように思えてならない。


posted by poohpapa at 06:24| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

出世する上司とは、
部下が非難を浴びたときは、それに同調して、非難することそして、部下
が手柄をたてそうな時は、進んで、自分の指導通りにやったおかげであ
ると声高に主張することです。

決して、他社から非難されている部下を庇うなんてことはしてはいけな
いのです。
だから、この論説主幹は、今後も出世するのです。
この論説主幹あっての東京新聞なのです。

ジャーナリストは有名人の足を引っ張り、目立つことが商売です。引っ張
るのがうまかったのが鳥越俊太郎ですが、自分が引っ張られるとすぐ沈没
してしまったのは抵抗力がなかったからでしょう。
Posted by たか at 2017年02月04日 08:06
たかさん、おはようございます

上手い、座布団10枚!(^◇^)

たしかに、逆説的に言えば(自分の出世だけ考えれば)そういうことですね。

<<引っ張るのがうまかったのが鳥越俊太郎ですが、自分が引っ張られるとすぐ沈没してしまったのは抵抗力がなかったからでしょう。

そうですね、どこか今の民進党の党首と似ているような・・・(ぷっ)

しかしまあ、この東京新聞の論説主幹、何も考えてませんね。こんなのに論説主幹をやらせといて東京新聞は大丈夫なのかなあ・・・、他人事ながら心配になります。ま、潰れてもかまいませんけどね。
Posted by poohpapa at 2017年02月04日 08:38
poohpapaさんへ
おはようございます、出世する上司について、僕の経験から、たかさんの意見に一つ追加させて下さい。それは’いい訳のうまい奴’です。
言い訳のうまい奴にかかると失点が失点でなくなり、いつの間にか他人に責任転嫁されています、全員呆れましたね。
最近の左翼コメント何かおかしいですね、虎ノ門ニュースに対する毎日新聞やこの例でもあるように、大騒ぎして返って相手に資する感じです。
余程、こたえているのか、何もわかっていないで、ただ気に食わないと騒いでいるのかどちらでしょう、多分後者だと思います。
この沖縄で米軍基地反対と騒いでいる連中を見ていて、誰が得するのか、誰が都合が悪いのか、考えてみればすぐ結論が出ます、それはシナ以外考えられません。
最近公安も支那が後ろにいて工作していると発表していました。
在日朝鮮人もいるようですが、彼らはシナの走狗ですから、お金さえもらえればどこへでも行くでしょう。
しかし日本の法律で外国人は政治活動は禁止されているはずです、全員逮捕して強制送還すればいいのです、そのため在日特権をはく奪すべきです。
この運動の幹事は堂々と在日であることを隠していません、自民党の有力議員がこのような主旨の発言をすれば、おとなしくなります。
朝鮮半島より日本の方が断然暮らしやすいですから居座っているのでしょうが、そう考えると本当に日本人と言うのは’獅子身中の虫を飼う’ほどお人好しなのです。
この状態をいつまでも続けたいから、左翼の日本人を利用して画策しているのでしょうが、さていつまで持つか?
Posted by ボース at 2017年02月04日 08:49
ボースさん、こんばんは

<<出世する上司について、僕の経験から、たかさんの意見に一つ追加させて下さい。それは’いい訳のうまい奴’です。

たしかに。歴史的に見ても、言い訳が上手くて出世した、というか命拾いした典型がヒトラーですね。

で、新聞社のほとんどが、「共謀罪」に関して悪意に満ちたトンデモ記事を書いていますが、その中で東京新聞が特にヒドイ「不安を煽る記事」を書いてますね。社説では「共謀罪 内心の自由を脅かす。合意という『心の中』を処罰する共謀罪の本質は極めて危険だ」と指摘してますし、

「普通の会社員が処罰対象になる可能性があります」などとも言っていて、

例えとして、

「上場企業の役員らが、業績不振による株価下落を防ぐため、利益を上乗せした有価証券報告書を作成することに合意し、部下に虚偽の報告書作成を指示したとします。その後、『やっぱりやめよう』と指示を撤回したとしても、同法(金融商品取引法)の有価証券報告書虚偽記載の共謀罪で処罰される恐れがあります」とも・・・。

私のような素人にも「そんなことは有り得ない」と解かるのに、天下の公器である新聞社の論説委員に解からないハズがありませんよね。いえ、解かっていて国民をミスリードしようとしているのですから悪質です。

そんな中で副主幹の長谷川氏は異質であり、極めてマトモな存在なんでしょう。

沖縄の基地問題で中韓が暗躍しているのも間違いないでしょう。中韓は口では友好を謳っていても裏ではとことん日本の足を引っ張っています。「それが外交」と言ってしまえばそれまでですが、トルコや台湾のように裏表なく親日でいてくれる国と比べたら雲泥の差ですね。何かで支援するならそういう国に重点的にしないといけませんよね。韓国への支援なんてカネをドブに捨てるようなものです。

少なくとも、先ずは、日本人より厚遇されている在日特権を廃止してもらいたいものです。

でもって、「ニュース女子」が非難されればされるほど、正しい報道だったことが裏付けられるように思います。今後の展開が楽しみですね。

Posted by poohpapa at 2017年02月04日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]