2017年03月06日

またまた、とても嬉しいご紹介

2月19日付の記事、【 昨日は、早くも「今年最高に充実した一日」だった 】で書かせて頂いたお客様の従兄弟にあたられる方の部屋探しをさせて頂けることになった。やはり多摩地域の大学に進まれることになったとかで、いつものご親族のMさんからのご紹介。もちろん、喜んでお引き受けさせて頂いた。

お母様からお電話を頂き、ある程度の条件を伺ったので早速部屋探しに入る。最寄駅は3駅あって、そこからバスで大学に向かうことになりそう。徒歩で通える駅もあるが駅前であっても何も無い駅なので、通学にバスを使うことになったとしても生活便の良さを優先することになった。

ただ、ほとんどのワンルームが現在入居中。入居が入学式には間に合うのだろうが、物件を内見してから、と言っていたら「良い部屋」は(見なくても決められる人が)申し込みしてしまうもの。かと言って、九州から外観だけを見に来て頂くワケにもいかない。幸い、物件の写真はネットで見られるので、先ず一覧や候補の物件の資料をFAXさせて頂いた。

その中から何件か「興味がある物件」をご連絡頂き、私が建物や環境を見てご報告して、選んで頂くことになった。「お任せします」と仰って頂けたので逆に失敗は出来ない。そう仰って頂けるのはMさんと私の信頼関係が成り立っていることと、Mさんとお母様の信頼関係が強固であることの賜物だと思う。

第一候補と仰っていた物件は、到着したのが15時20分なのにベランダにはガンガンに陽が当たっている。持参した方位計を見てみると、北西向き。うわっ、(今は陽が当たってるけど)最悪・・・、と思った。駅徒歩2分で立地条件としてはとても便利で、(ロータリーから少し入っているので)周りの騒音などは気にならないだろうから、日当たりさえ気にしないのであれば良いと思うが、う〜ん、保留。

第2希望の物件に行く前に、近くの業者に何社か飛び込んで「駅から徒歩5分以内で広めの物件は無いか」尋ねると、「今(この時期)は無いですね」とのこと。お客様のご希望とは別に私の判断でリストから選んだ物件も見てみよう、と思って管理会社に問い合わせると、私がイチオシの物件は入居中で室内が見られないにも関わらず申し込みが入っていて、「他の部屋なら空いている」とのこと。

ただし、広さも階も同じなのに家賃は1万以上も安い。詳しく聞くと、通路を挟んで反対側、つまり北向きの部屋が何室か空いていて、決まった部屋は南向きだった。なるほど、そういうことね。ただし、そういうのは図面に書いておいてくれよ、と言いたい。方位って、広告の必須項目じゃなかったっけ。今回、資料を取り寄せた物件で、間取り図のところに方位が書かれていない物件は全て北向き。詳細説明にも(方位が良くない場合は)書かれていないものがあった。書けば候補から外されるからか。

その後、路線の違う駅の第2希望の物件に向かう。そこは、近くの管理会社に鍵を借りに行って内見させてもらう方法。鍵を6本渡された、ということは、6部屋も空いている、ということ。ま、それはこの時期だから仕方ないとも言えるが、既に空いてクリーニングも済んでいる、ということは、卒業とかで空いたのでなく、空いてからしばらく経っている、ということ。何か理由が有るのかな、と思った。

で、部屋を見てみると、7.8畳と聞いていた部屋は「少し広めの6畳」という感じで、あまり広くは思えなかったが、とくに問題は無く及第点ではあった。目の前は幹線道路だが窓を閉めれば騒音は全く気にならない。見晴らしも良く、駅から徒歩5分、という表示も正確。ただし、大学に行くバスは駅の反対口から出ているから向こうに廻ることを考えると徒歩7〜8分は掛かるだろう。

欠点と言えば・・・、コンロが電気の一口であること。レストランや自動車屋さんはあるがコンビニが無く、駅に近くても生活便はあまり良くは無さそう。何か買う為には駅まで行かなければならない。管理会社の皆さんはとても腰が低くて感じが良かったが、相場的に言えば家賃が高めでは、と思った。

駅まで戻って、バス停でバスを待っていたカップルのキレイなお姉さんのほうに、「ここから大学までの所要時間は何分くらいでしょう?」と訊くと、「だいたい15分くらいですね」と教えてくれた。第一希望の物件の駅からと同じくらいか少し遠いくらい。

バスの本数は、第一希望の物件の最寄り駅のほうは(朝は)1時間に12本、第二希望の物件の最寄り駅からは同じ時間帯で7本。それだけ利用者の数も違うのだろう。バス停までも徒歩2〜3分。

であるなら、午前中は陽が当たらないが第一希望の物件のほうが広くて良さそう。帰社後に、お母様にご報告すると、直ぐに「では第一希望の物件でお願いします」とのこと。管理会社から申し込み用紙を取り寄せて、夜のうちに申込書に記入してFAXして頂いた。

お客様がご自身で見られず私に任せてくださる、ということはその分だけ責任も重大であるが、最善は尽くせたし、良い部屋探しができたと思う。こういうのは、とても心地よい疲れ、である。



追記 

いつもいつも良い部屋探しができるのか、と言えば、そんなことはない、いや、そのほうが少ないんだけど、最低限「良い仕事ができるための条件」というのがあって、それは、直接であれ間接であれ「互いの信頼関係」だと思う。それはどちらか一方の努力だけでは築けないもの。あとは・・・、相性かなあ。

posted by poohpapa at 07:29| Comment(3) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
又もや1記事だけ拝読しました。

いいなぁ。
papaさんみたいな不動産屋さんに会いたかったなぁ。。。
私は通勤に時間をかけるのが、もう、もう、だいっ嫌い!なので、転勤転属転職のたびに引っ越しましたヨ。

ここにして良かった!と言うお部屋にはあたった事がなかったですね。
上京直後に住んだアパートは、新築でしたがお〇らの音まで聞こえる部屋でしたし、駅近で選んだ(古)マンションはゴキブリの巣でしたし、管理がしっかりしているというもみじ坂のマンションでは火事に2回(放火)会いましたし。(金10万円也の電動自転車燃えたし!)
最後に住んだマンションは台所のすぐそばの洗面・トイレから下水の臭いがしましたしぃ。

外見がきれいでも、お部屋がリフォーム?されていても、無人の状態じゃぁ分からない事ばかりで。

一人で次々と飛び込みで探してましたから、信頼関係を築くまで至らなかったのかなぁ・・・
いや。
papaさんが全国展開してなかったせいだわ。


※蛇足ですが・・・
私、ホームレスの煙草の付不始末、放火で火事に3回あってます。ほほほ
幸いな事にどの場合も外出時で、且つ自部屋には影響がなかったのです。自転車以外は。
火難の女と呼ばれそうですが、運が強いと思っております。ふふ
3回あったから、もう火事にはあいませんね!(きっぱり)
Posted by 葉山猫 at 2017年03月08日 00:39
たびたびすいません。
補足です。

どの火事でもけが人、亡くなられた方はでておりませんですよ。

古マンションの煙草の不始末の火事では、消防車が十数台来てヘリが飛んでニュースで流された程の火事でしたけどね。
Posted by 葉山猫 at 2017年03月08日 00:49
葉山猫さん、おはようございます

<< papaさんが全国展開してなかったせいだわ。

アタシの所為にすんな、体一つしかないのに出来るかい!?、そんなこと! (^◇^)

実は、まだ記事にしていませんが、他にも有り難いご紹介がありました。他の業者さんでトラブって、申込みを入れたものの悩んでしまっていて、そんな時に会社の同僚の方から当社を紹介されてお越しになりまして、うちで決まりました。

正直なところ、全部のお客様に気に入って頂ける、なんてことは望むべきもなく、誤解もあったりして私が嫌われることも何度かありました。でも、それは仕方ないと思っています。

ご紹介のお客様の場合は、当のご本人に満足して頂くのはもちろん大切ですが、ご紹介者の方の顔を潰さないことを一番に考えます。もし当社で見つけられなかった場合でも、ご紹介者の方に「あそこでは決まらなかったけど親切にしてもらったよ」と仰って頂けるように、ですね。

それにしても、葉山猫さん「華麗な賃貸遍歴」を重ねっていらっしゃって・・・。笑い事ではないのですけど思わず吹き出しちゃいました。ここまで運の無い方も珍しいかと・・・ (^◇^)

あ、でも、どのケースでも葉山猫さんは大事に至ってないのですから、考えようによっては強運かも。

煙草の不始末とか放火とかは迷惑なんてもんじゃありませんね。そうだ・・・、燃えた電動自転車、アパートを借りる際の保険の適用はありましたでしょうか?、ちょっと気になりました。今さら遅いですけど、保険の内容によっては対象になるケースもありますから。

とにかくご無事で何よりでした。これからの人生はもう良いことしか起きませんよ、たぶん (無責任)



Posted by poohpapa at 2017年03月08日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]