2017年03月17日

昨日の色彩能力テストの横にあった数学(算数?)のテスト

すべての文系が涙目? 基本的な数学クイズ

うちの曰く、「自分ができた時だけ記事にする」とのことですが、当たり前です、人間、そんなもの。

元々数学は得意教科だったんですよ。中学1年までは、ですけどね。中学2年になって、大嫌いな教師が教科担任になって、3年になったら更に嫌いな教師に。高校に入って1年、2年、3年、と、どんどん「嫌い度の高い教師」が教科担任になっていって、数学を学ぶ楽しさなんて吹っ飛びました。それらの教師、みんなから嫌われていたのか、というと「そうでもない」のですから、ほとんど「相性」かも。

よくノーベル賞受賞者が「若い頃に〇〇先生と出会ったお陰です」と仰ったりしますが、本当にそうだと思いますね。逆もあり、ということで、「どんな先生と出会うか」が人生の分かれ目になったりします。

私がよく言っていることですが、いい先生かどうかは「その教科を好きにならせてくれるかどうか」だと思うのですよ。好きになったなら教科書に書いてないことにも興味を持ちますから知識も広がります。教科担任を嫌いになったら勉強が義務になってしまいます。中2以降は苦痛でしかなかったですね。

本当は私は理系脳だったと思うんですけど、高校3年では文系コースを選択しました。それでも、物理の試験の点数が理系クラスの平均点を上回ってたりもしてたんですけどね・・・。これは先生に責任転嫁しているのでなく「生徒からすればそういうもの、そういうこともある」ってことを言いたいだけです。

生まれ変わったら理系に進みたい・・・。ただし、就きたい職業は海外旅行の添乗員か空港職員です。間違っても不動産屋にはなりません。今している賃貸仲介管理は「私の天職」だとは思っていますが。ま、私のことですから、どんな職業に就いたとしても「これは自分の天職」だと思うことでしょうけど。

どんな職業にも部外者には解からない苦労や辛さはあるものでしょうけど、「これが自分の天職」と前向きに受けとめることができるかどうかで苦痛の度合いは変わってきますね。度々書いている西洋の諺「現状を受け入れられる人は楽しめるだけ得である」というのはまさにそういうことなんでしょう。

などと、小学校の算数、中学1年程度の数学の問題を見ていて、つらつらと考えました。

で、昔取った杵柄で、というか、(とりあえず難問は無かったので)全問正解しましたですよ、はい。

昨日に続いて、こちらもお試しください (*^_^*)

この Buzz Feed というサイトを辿っていくと、もっと面白いテストがいっぱい出てきて楽しいです。

posted by poohpapa at 05:38| Comment(8) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは理系とか関係ないですね。
中学校の記憶がどれだけ残っているかだけです。

基本的に社会人になって使用しない知識はどんどん薄れていくので、私も社会人になってからの資格試験で二次方程式の解を求めなくてはいけない問題で、aX2+bX+c=0をわざわざ因数分解して解の式をだしてから説いた記憶があります。
だったらそのまま解けばいいのに、パニクって回り道しちゃうところが情けない…σ^^;

ゆとり世代の新卒とか、本当に大学で卒論書いた?っていうくらい何も知らない子がいたりするのでビックリします。
ゆとり世代とかでくくるのはダメなんでしょうけど。
専門用語の解説付きで説明させられるのはしんどいです。
Posted by ハリケーン at 2017年03月17日 08:13
ハリケーンさん、おはようございます

たしかに、文系か理系かは関係なさそうですね。

<<基本的に社会人になって使用しない知識はどんどん薄れていくので、

そこに尽きると思います。私なんかは勉強しなかった分、教科書の知識として覚えてないので逆によく(最低限のことを)覚えてたりします。頭で、ではなく体で(感覚的に)覚えてるような・・・。

<<aX2+bX+c=0をわざわざ因数分解して

因数分解・・・、懐かしい単語ですね。何十年ぶりかで聞きました(*^_^*)

でも、学校で学んだこと、社会に出てから使ったこともないし、当然に役立ったこともないような・・・。学校は何を学ぶところなんだろ・・・、というのは今も疑問です。単に勉強を通して人との関わり方を学んでいく場なのかも。でもそれだけなら義務教育で足りるか・・・。ま、いいや (´・ω・`)

Posted by poohpapa at 2017年03月17日 08:47
>でも、学校で学んだこと、社会に出てから使ったこともないし

将来その子がどんな知識を必要とするかなんてわからないので、必要最低限の基礎知識は教わらないといけないと言うことでしょう。
その道に進めば、それこそ高等な数式を必要とする職種もあれば、文学的な表現を知る必要のある職種やそれこそ早く走る技術を要する職種だってあるでしょう。
個人的には全く使わない知識であっても、その先に進むための基礎や次のステップへの進め方を学ぶのは無駄にはならないと思っています。
まぁ私はほとんど活かせてないわけですが…

無知な時代はそこが分からないのでしょうがないとはいえ、もうちょっと…と思うことは大人になってからいっぱいありますね。
無駄にした時間や経験も大切だとは感じてますけど。
Posted by ハリケーン at 2017年03月17日 10:09
ハリケーンさん、素晴らしい

まさに、教育の本質を突いてますね。私の言ってることが「勉強しなかったことへの言い訳でしかない」のと対照的に・・・ (おい)

営業で飯を食っていると、学校で学んだことより世の中に出て新聞なんかから得られる知識のほうが必要でして・・・、あ、あと、本ね。読書の習慣は大切ですね。私にとっては授業そのもので学んだことは全く役には立っていないように思えます。もしかすると、気付かないうちに役立ってたりして。学校で、無だと思える勉強をすることで自分が進むべき道が見えてくる、なんてこともありますもんね。

営業は、専門的な知識もですが、けっこう雑学やムダ知識が求められるもので、そういうことに対してはアンテナを張り巡らしています。社会に出てから学ぶことも多い、と実感しています。

この先、AIが進歩して教師が不要になるのか、と言えばそんなことはなく、どんなに「機械なら教え間違いが無い」としても、人が人を教える、つまりは学校も学校教育も必要なんですね。どんなに教科担任が嫌いであっても・・・。

あまりにAIが進歩すると、機械の操作に長けている者が「優秀」と・・・、思われないか・・・。

<<無駄にした時間や経験も大切だとは感じてますけど。

漢文に出てくる「無用の用」ですね。直ぐに結果や見返りを求める態度を改めます、はい (´・ω・`)

Posted by poohpapa at 2017年03月17日 13:58
>読書の習慣は大切
>授業そのもので学んだことは全く役には立っていない

ここですね。
本を読む、書いてあることを理解する、わからない単語は辞書で調べる、みんな学校で習ったことですが、日常で使ってるので知らないうちに身に着いたように感じるだけです。
「本を読む」ことができるようにするのが教育ですね。
その本の中には、高度な学術書もあれば漫画もあるでしょう。
教育って素晴らしい。
日本に生まれてよかったと感じる瞬間の一つです。
Posted by ハリケーン at 2017年03月18日 06:14
ハリケーンさん、おはようございます

なんか、ハリケーンさんがとても崇高で、だんだん遠い人に思えてきました。いつものハリケーンさんと別人みたい(失礼)

もしかすると、学校で習っていること、って、勉強そのものではなく「勉強の仕方」だったのかも、そんなふうにも思えますね。見に着くかどうかは本人次第、ってことですね。

読書の習慣、というのは何にも増して大切なモノ。同じ時間をゲームに明け暮れている人と読書に費やしている人とでは、長い人生に雲泥の差が出るでしょうね。本の種類や内容を問わず、ですね。


Posted by poohpapa at 2017年03月18日 07:21
学ぶ、とは、一人で始めてからのことを言うのであって、学校で机に座って分かった気でいるのは、本当の学びでなくきっかけにすぎない、というのが教育者だった父の持論でした。

ところで、慶応大学経済学部試験問題2017 で検索していただくと、3つめくらいに代ゼミのサイトで今年の各大学の試験問題が見られるのですが、その中で上記学部の試験問題、理系脳の文系に、今年の数学の5,6番解けますかしら。

理系脳文系をある程度とる学部のはずですけど、今年は文系は一人も合格しなかったと思う問題なので、よろしければ挑戦なさって結果を教えてください。

知り合いのお嬢さんが、あまりにひどい、と思ったか抗議の意思か白紙で出し、東大に進まれました。
Posted by 日本も台湾もオークラが好き at 2017年03月19日 23:17
日本も台湾もオークラが好きさん、おはようございます

<<学ぶ、とは、一人で始めてからのことを言うのであって、学校で机に座って分かった気でいるのは、本当の学びでなくきっかけにすぎない、というのが教育者だった父の持論でした。

お父様は立派な教育者でいらっしゃいますね。義務教育で9年、その後ふつうに大学まで行ったなら併せて16年も勉強していても、自分が社会に出てから学ぶことの質と量とで比較したなら学び舎で机に向かって学んだことは1割にも満たないことでしょうね。それでも学校教育は大切ですが。

ご紹介頂いた慶応大学の入試問題、とても興味がありますので水曜日にでもゆっくり検索して試してみます。それにしても、お知り合いのお嬢さん、もしも抗議の白紙答案であったなら凄いですね。そんな娘を持ちたいものですね (遠い目・・・;涙)
Posted by poohpapa at 2017年03月20日 05:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]