2017年05月29日

こんな議員が民進党にいたんだ・・・

日頃から民進党をボロクソ書いているが、こんなマトモな議員もいたんだ・・・、と最近知った。

離党しているが、植松恵美子元参議院議員、である。先ず、ネタは古いが、YouTube の動画を3本、

国会中継 安倍総理 VS植松恵美子 数少ないまともな民主党議員でしたがこの質疑の後離党 素晴らしい質疑 ぜひ国政に復帰していただきたい

【これぞ野党!】麻生も絶賛の植松恵美子!なぜ民主党にいた?と誰もが思う神質疑!

離党理由

野党の議員であるなら時に鋭く政府を追及するのは当然だが、優先順位を間違えたり、閣僚の粗探しをしてその追及に質疑の時間を費やしたり、法案の中身を審議せず時間切れで「継続審議 ⇒ 廃案」に持ち込もうとしたり、挙句は閣僚を辞任に追い込むことが目的になっているような政党は存在意義が無い。


民進党に関してはこんなニュースも、

渡部恒三氏ら蓮舫氏を激励 起き上がり小法師プレゼント

蓮舫に「総理になれ」って・・・、おい ( `ー´)ノ

渡部恒三さん、好きな政治家だったけど焼が廻ったな・・・。まあね、自民党内にいても、この時とばかり総理の足を引っ張ろうとしている(傍目は誠実そうに見える)石破茂みたいなのもいるからね。

植松氏、今は香川の三木町の副町長をしているが、私も、早い機会に国政に復帰してくれたらと思う。

posted by poohpapa at 05:44| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

民主党にもこんなすごい女性議員がいたんだ。国会の質疑では、安倍、麻生大臣などベテラン議員を総なめですね。言っていることに道理があります。
まあ、民主党を出て正解でしょう。無所属といわず、自民党に入って、入閣してもらいたいものです。地方担当か農林担当をやったら面白いでしょうね。
Posted by たか at 2017年05月29日 08:56
poohpapaさんへ
おはようございます。
この議員の事知っていました、民進党を離党した事も知っていて、次の選挙で民進党では勝てそうもないので仕方ないですね。
自民党の議員がすでにいるでしょうから、その対抗馬として戦うには維新の会か無所属での立候補になります、地元でないので票読みは分りません。
どの政党も玉石混淆ですが、民進党はほぼ石ばかりです、玉を探そうとしても見当たりません、執行部からして石は石でも砂利みたいなものです。
自民党にもリベラルもどきの石がごろごろいますが、執行部の総裁が玉なので持っているようなものです(幹事長は違います)。
楽しみは維新の会です、最も大阪を主体にしているので、詳しくは分りません、一部元民主党から流れ着いたのもいますが所属している議員を見てみると保守系が多いので楽しみですね。
Posted by ボース at 2017年05月29日 10:48
たかさん、おはようございます

今までの野党とは全く違って、「良いモノ(政策)は良い」と率直に認めたうえで疑問点を質したり提案をしています。「アベノミクスは失敗だ」と結論付けて非難するのでなく、一定の成果が出ていると認めたうえで質疑しているので、閣僚も誠実に対応せざるを得なくなります。もしかして「人を動かす」を読んでたりして。

三木町の町長が「ぜひ副町長に」と招いた慧眼は凄いですね。次の選挙には、無所属や自民からでなく、本流のほうの維新から出てもらいたいと思います。

Posted by poohpapa at 2017年05月30日 05:46
ボースさん、おはようございます

植松(元)議員、ご存知でしたか・・・、さすがですね。私は全く存じ上げませんでした。

次の選挙では民進党から出ても勝てないから、ということもあったでしょうけど、むしろ民進党に愛想をつかしたから離党した、と思いたいですね。結党当時の民主党にはもっとマトモな理念があったと思うし、すべてが間違いだったとは思えないのですが、植松氏や長嶋氏みたいな保守系の議員もいた半面、辻元清美なんかを入党させたり、仙谷由人や輿石東みたいなバリバリの左翼がいて、むしろ左翼系のほうが幅を利かせてましたね。鳩山や菅直人が総理・・・、北朝鮮の脅威が増している今、彼らが総理だったなら日本はどうなっているんでしょう。考えただけでも怖いです。

(日本海に向けて打ち上げられた何発かのミサイルが日本に落ちたとしても)「一発だけなら間違いかも知れない」などと答弁していたのですから、「憲法9条があるから日本を攻めてこない」と本気で信じているのでしょうね。例えミサイルが落ちても交戦しなかったんじゃないかな・・・、と思います。

維新は、橋下さんが明確に復帰しないと伸び悩むでしょうね。たまに「へ・・・?」という発言もありますし。私は、本流のほうの維新と、力は無いですが中山恭子さんの党を応援しています。
Posted by poohpapa at 2017年05月30日 06:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]