2017年06月07日

28年間この仕事をしてきて最悪の一週間

今日が水曜日(定休日)で、先週の木曜日から今日までの一週間は、たぶん、精神的な面を含めて、この仕事に携わって28年間で最悪の一週間だったと思う。それは、もしうちの店が倒産したとしても、そんなの比較にならないくらい「これ以下は無い」と思えるほどに最悪だった。

昔の嫌なこと、例えば「10年前に当時の社長の息子から突然に解雇を言い渡されて、お客さんから振り込まれている家賃が入った通帳を取り上げられて裁判を起こしたこと」「その際に、(私が転職の相談に乗っていて当時の久我山支店を紹介して店長に収まったりして)私に恩義があるハズの女が一枚絡んでいたこと」なんかより、遥かに嫌なことが起きていて、それが現在進行形で進んでいる・・・。 

と書くと、「ガストのお姉さんが九州に引っ越したことがそれほどに寂しかったのかよ!?」とお思いの人もいるだろうけど、そんなのは本当に小さな話。今、まだここでは書けないが、いつか書ける時が来たなら詳細に書きたいと思う。もしかすると、似たような体験をしている人がいるかも知れないから。

どうやって解決したものか・・・、いろんな人に相談してみよう。最初から「私がすべきこと」の結論が決まっていて「追認してもらいたい」という相談ではなく、真っ白な状態からの相談になる。

今日、娘が「ガストのお姉さんから頂いていた種ぬき梅」をもらいにくることになっていたが、今、メールがあって「胃が痛くて行けそうもない」とのこと。病院に行くよう言ったが、行きたくないみたい。私の周りでも病気になっている人が多いから、若いから、というだけでは安心できない。我慢したり、甘く見ていて手遅れにならないとも限らない。「自分で勝手に決めないでお医者さんに診てもらうのが一番」だと思う。ま、中には「病院に行くことで本当に病気になる人」もいるだろうけど・・・。

今日は、毎年一緒に海外旅行に行っている入居者さんとランチの約束をしているので話し相手になって頂こう。ガストのお姉さんより年上だがとてもキレイな女性である。そんな楽しみでも無ければやってられない。



posted by poohpapa at 06:31| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も他人の不幸話を…愚痴を聞いてあげるくらいの役には立てるのですが、なかなかPTAとか家庭の行事が多くて行けません。(ノ_-;)ハア…
ずっと前から娘を連れて鰻を食べに行く計画してはいるんですが…
退院直後くらいは意外と我儘聞いてくれてたのに、もはや定常運転です。
Posted by ハリケーン at 2017年06月07日 08:40
ハリケーンさん、おはようございます

今朝、私もお嬢さんのことを思い出していて、昨年のペルーのお土産や「ぐでたま」のトランプもまだお渡ししていなかったので、そろそろ郵送したほうがいいかな、と思っていたところです。

私は、今さっき、娘と電話で話していて、「胃の痛みが治まったのでそっちに行けるかも」とのことで、もしかすると今日、お客さんと3人でランチを共にするかも知れません。娘・・・、35歳ですが、困った時だけ擦り寄ってきます。ハリケーンさんのお嬢さん、成長が早いですね (*^_^*)

でも、たぶん大人になっても、ハリケーンさんはお嬢さんから避けられる父親にはならないと思います。それは間違いなく言えると思いますね。
Posted by poohpapa at 2017年06月07日 09:08
病院に行くことで嫌な思いをして帰ってくることも少なからずありますからね。
特に年齢が若いとろくに検査もせずに診断されたりもします。かといって必要以上にあれもこれも検査されて支払いが高額になるもの困るって言う患者的天邪鬼(笑)

私が今かかりつけにしているクリニックの先生はしっかり話も聞いてくれていくつかの可能性の話もしてくれてその上で「まだ若いから大丈夫だと思うけど」って前置きをした上で検査をするかどうかの話をしてくれるので凄く信頼しています。

まぁその「まだ若いから」ももう言われなくなり、先日初めて血圧測られて落ち込んでる私です(つд`
Posted by はなくろ at 2017年06月07日 10:36
はなくろさん、こんにちは

はなくろさんの主治医の先生、なかなかですね。お医者さん、と一口に言ってもいろいろですもんね。「まだ若いから」なんて、最高のセールストークも使えるし・・・(^◇^)

患者の話をしっかり聴いてくれて、なおかつ患者に選択肢を与えてくれるのは素晴らしいです。たぶん、選択肢を与えているようで、しっかり最善の方法に導いてくれたりするんでしょうね。

「まだ若いから」と言われなくなるのは、「もう歳なんだから」と言われるようになるよりマシです。そうやって、徐々に先生の対応が変っていくんですね(プっ)

Posted by poohpapa at 2017年06月07日 12:08
問題は消えた記事関係でしょうか。

一つの問題に対して、採れる選択肢は多くて3つ程度ですから、
違うタイプの人に相談していくと、選択肢が揃うのが早くなるかもしれませんね。
Posted by AK at 2017年06月07日 21:48
AK さん、おはようございます

ご心配を頂き有り難うございます。心から御礼申し上げます。

昨晩は8時40分に就寝してしまい、さっき(5時過ぎに)起きました。うちのがいないと話し相手もいないので寝るのが早くなります。昔(前妻と暮らしていた後半の12年)は食事の支度以外の家事一切を私がしていましたが、今は「洗った食器をどこに入れるのか」も分からないので食器を使わないで済むものを食べたり外食で済ませています。しかも、一人で食べに行っても味気ないので誰かを誘い出したりして・・・。相当に劣化が進んでますね。これじゃ、うちのに逃げられたら生きていけなくなりますね。

ところで、「問題」は消えた記事に関連したこと(人)ではないのですが、根幹は同じところにあります。世間一般でよく起きていることなんでしょうけど、これが私の周りで、しかも、この相手で起きるとなると大問題、死活問題、という話であります。他にも派生していきますし・・・。

AK さんにお願いがあるのですが・・・、今までいろんな問題に際して的確なアドバイスやご意見を頂いているので、この問題に関して是非 AK さんのご意見を賜りたいのです。AK さんが弁護士さんとか、言わば「その道のプロ」であったりした場合は当然に相談料をお支払いいたします。法律相談ではなくても、面談でなく電話相談になっても、でありますが、日本国内なら何処にでも私のほうから伺う所存です。ご検討頂けないものでしょうか?

連絡の取りようが無いものでコメント欄からで恐縮ですが、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

Posted by poohpapa at 2017年06月08日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]