2017年06月11日

全く同感

拡散希望ということなので転載。

私が読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガから、


「住民エゴが国を滅ぼす」

一番いい例が、空港。大阪空港の騒音問題は、空港が先にあり、後から周辺に人が済み始めた。沖縄のそう問題も同じ。
私の家の近所に千里天神社と言う、菅原道真をお祭りした神社があり、この神社の「とんど」は無形文化財でなかなかの物。(1月15日、時期が来たら案内するから大阪の方は是非来てね!)ところが神社の後ろに大きなマンションができた。景観問題で反対運動をしたそれ。このマンション組合とは、「とんど」に関しては一切反対しない。という一冊は取ったが。

 京都府の養豚業者が住民の訴える悪臭被害によって廃業すると言う。

養豚業者は昔から開業しているが200メートル先のニュータウンに入居が始まったのは40年前。

近隣に養豚業者がある事を承知で移り住んできたのではないか。

にこ拘わらず、30年間に渡って村に苦情を申し立ててきたと言う。



 養豚業者が近隣にある事により、地価は安かったはず。

苦情を訴えたことで撤去されれば地価は値上がる訳であるから、ニュータウン住民としてはホクホク顔であろう。

正に住民エゴの勝利という訳だ。

 立ち退きに応じた養豚業者も行政から相応かそれ以上の補償金を受け取っているであろうから実害はなかろう。

懐を痛めたのは自治体であり、財源は国民の血税ということになる。



 養豚業者が一軒廃業したことによりその分、日本の食糧自給率は低下した。

穴埋めとして、輸入豚肉に依存する事となる。

大局的に考えても国益を損なっていることは確かだろう。


臭気問題30年に終止符 京都のニュータウン

6/9(金) 11:50配信

京都新聞
臭気問題30年に終止符 京都のニュータウン

廃業し、施設の撤去が始まった養豚場(南山城村北大河原)

 京都府南山城村北大河原の養豚場からの臭気に対し、周辺の月ケ瀬ニュータウンの住民が対策を求めていた問題で、村と経営農家が廃業で合意、撤去作業が始まった。近くで道の駅が開業したばかりで、村が早期解決を模索していた。ニュータウンへの入居から30年以上続いていた懸案に、ようやく終止符が打たれた。
 養豚場は、ニュータウンと道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」からそれぞれ約200メートルの場所にあり、ニュータウンの入居が始まった1977年以前から操業していた。
 入居した住民から村に臭気対策を求める声があり、ニュータウンへの住宅建設も滞ったことから、村議会でも議論になった。2009年にはニュータウンに住む河内家菊水丸さんが「村の対策で改善が見られない」とし、抗議として「ふるさと納税」を大阪府八尾市に納め、話題になった。
 村は2月に経営農家と廃業に向けた覚書を交わし、跡地利用を協議している。農家が隣接する茶園経営を継続する一方、養豚場跡地約6千平方メートルのうち一部を除いて村が取得する方針。高齢者向け住宅の建設などを検討しており、手仲圓容(かずよし)村長は「ニュータウンに新たな移住者が来ることも期待している」と話した。
 養豚場を経営する男性は「先代から続けてきた仕事で断腸の思いだが、村の将来を見据えて廃業を決めた」という。
 月ケ瀬ニュータウンの森原三朗自治会長は「長年取り組んできた問題が解決し、住民としてうれしい。これをきっかけに新しい住民が増えれば」と期待した。


(原文のまま転載)


知ってて後から来た人間が「危険だから出て行け」「臭いから廃業しろ」というのは理不尽だと思う。

住民エゴもだが、ゆきすぎた個人情報保護法もプライバシー問題も人権も、国を滅ぼす、とまでは言わないが日本を住みにくくしているように思う。そんなのは「程度の問題」で、たしかに「線引き」は難しいのだろうけど、個人情報だ、プライバシーだ、人権だ、と騒いだり気にしなければ救えた命もあったのではなかろうか。

私の子供の頃、すぐ近所(30mくらい ; 斜め前の隣り)に養鶏所があったけど、誰も「臭い」だの「うるさい」だの言わなかった。養鶏所の前にはブタの餌の樽が置いてあって、近所の人が生ゴミを入れて異臭がしていたが、それでも「他の場所に設置しろ」などと言わなかった。万事おおらかだった。

人権だの個人情報だのとうるさくなかった昔のほうが近隣住民が「阿吽の呼吸」で生きていて暮らしやすかったと思う。私はもう(長くても)10年ちょっとで死ぬけど、私の子供たちの時代には日本がどうなっていることやら。欧米型の民主主義や人権意識が必ずしも「正しい、日本にも合っている」とは私にはとても思えない。






posted by poohpapa at 05:58| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

大阪空港の騒音問題にはまだ、先の話があります。
泉州沖に関西新空港ができたので、そちらに国際・国内空港として一元化するので、大阪空港は廃止するという発表があったのですが、なんと!、騒音でやかましいと騒いでいた近隣住民が廃止反対をやりました。

空港がなくなると、仕事先がなくなるからということでした。結局、国内線が残ったような状況ですね。

宝塚市で、特別養護老人ホームの建設反対がありました。設置予定場所は、山奥の民家のないところでしたが、「宝塚」ブランドが下がるからダメって反対してました。

東京23区や関東近郊の様々な街で、新設予定の保育園が住民運動により建設中止や延期に追い込まれてます。保育園に落ちた、日本死ね、とか騒いでましたね。落ちるの当たり前でしょうね。
Posted by たか at 2017年06月11日 08:10
たかさん、おはようございます

勝手なんですよね、みんな・・・。その中でも、大阪空港の話は、新設に反対していた人たちが今度は廃止に反対する・・・、何なんでしょうね。

宝塚ブランドが下がる、って・・・、「オマエらの存在こそがブランド価値を下げてるんだろが!?」と言いたくなります。そもそも「宝塚ブランド」って何なの?、という話です。

国立市のマンション建設に関わる景観権訴訟もそうですが、日本中で起きている住民訴訟とか反対運動の大半はエゴでしかないように思えます。日曜日のTBS「噂の東京マガジン」なんかを見ていても、「住民の主張」に賛同できることは少ないですね。

本人(当事者)でないにしても、自分たち(同じような主張をする人たち)で新規の保育園建設を潰しておいて「保育園落ちた、日本死ね」はないもんです。

Posted by poohpapa at 2017年06月11日 08:53
poohpapaさんへ
おはようございます。
そのうち今行われている憲法審査会の理不尽さについて意見を述べようとしていて、その機会がありませんでした。
今日も住民エゴが話題なので諦めかけていたのですが、最後の’欧米型の民主主義や人権意識が必ずしも「正しい、日本にも合っている」とは私にはとても思えない’と言う意見に憲法と同じだと反応してコメントします、多分前に言ったことの繰り返しになると思います。
有本女史によると民進党は女性宮家を討議しないなら憲法審査会は開催しないと自民党を脅しているそうです。
野党第一党が参加しないと憲法審査会は開催できないそうです。
しかもその幹事に白しんくん、とクイズ坊やの小西、それに委員として辻本、何というメンバーかと言いたいですね。
まともな日本人は一人もいません。
ちょっと寸評。
小西;GHQの素人が1週間で作り、押し付けた憲法をバイブルの如く信奉していて、何でもかんでも憲法に結び付ける、勉強だけはできるが融通の利かない頭に蛆がわいている議員。かぼちゃんの天婦羅を落としてまけろと言っている小者。
白しんくん;先日拉致被害者家族との会合で韓国のことばかり言うので、めぐみさんの母親から帰化しているにもかかわらず’あなたの国では’と言われた、なりすまし日本人。
辻本;足立議員から30年前、口に出すのもおぞましいほど皇室を侮辱した言質をを取られて狼狽した議員。
こんなのが憲法を議論するのですよ、チャンチャラおかしいと思いませんか?
幹事長の野田は何を考えているのでしょうか?
前にも言いましたが、男子のY遺伝子は代々受け継がtれて行きます、つまり今上陛下は歴上の天皇、皇族と同じものを受け継いでいらしゃいます。
つまり聖徳太子、天智天皇、後醍醐天皇と同じものをお持ちだと言う事です、それなのに女系天皇になればその連鎖が断ち切られてしまいます。
女性宮家は女系天皇への一里塚なのです、どこの馬の骨ともわからない天皇をいだいて何が日本国ですか。
特亜勢力は2000年以上文字のない時代から男系男子を紡いできた日本の皇族が羨ましくてならないのです、自分らにないものを持っている日本が憎いのでしょうね。
日本の傀儡勢力を使って何としても皇統を潰そうとたくらんでいます、占領軍も日本の弱体化には皇統を断つのが一番効果的と認識していましたが、その余りの影響の大きさに断念して、宮家を減らして将来的に皇統を断つ戦術に転換しました、今その効果が表れ出しています。
確かに江戸時代、皇統が途切れそうなことがありました。そこで日本人は皇統を辿って男系男子を探し出し光格天皇に即位をお願いし、その皇統が今続いているのです(記憶が定かではありません、でも多分正しいはず)。
百歩譲って女性宮家を作らざるをえないなら、女系天皇は禁止、旧皇族から皇統の男系男子の養子を迎えると言う条件をつけるべきですね。
確かに皇室内で育てられ育成された内親王殿下の高貴さや立ち振る舞いを結婚で平民になられることで失うのは、もったいない事です。
70年前にGHQに強制的に平民にされた旧皇族の方を突然皇族になっていただくのも、無理があるように思えます。
時間をかけて馴染んでいただくのが筋ですが、その時間があるのか不安です。
日本人の英知を傾けて最善の解決策を見つけてほしいですね、今の日本にとって、この問題と安全保障が最重要課題です。
Posted by ボース at 2017年06月11日 09:17
Poohpapaさん、毎度面白い話題有難うございます。

京都の養豚場の問題は住民のエゴですね。
近くに養豚場が在るのを承知で移住して来て
「臭いからドケ」はないでしょうね。

これは昔 友人から聞いた話で裏を取ってはいませんが
仙台に「関兵(せきひょう)製麦」という会社が在り
養豚場を経営していたのですが
今回と同様、住民からの苦情で移転したそうです。

移転先も住宅開発が進み、また移転。
これを三度くらい繰り返し
相当資産を増やしたそうです。
結局養豚場は諦めて
札幌に「アルファ札幌」というそこそこきれいな
ホテルを建て、バブルの頃には
「アルファ トマム」という大リゾートを
作りましたが、時期が悪く
バブルが弾けて、最終的には「星野リゾート」の
持ち物になった様です。

「アルファ札幌」には開業してすぐの頃
宿泊した経験がありますが、
ロビーに何やらホテルに似つかわしくない人が
でーんと座り、大きな声で話をしていましたが
その方が社長だった様です。

養豚場が在るのを知っていて(知らなくとも)
後から来て先住者にドケはないでしょう。

まぁ、アメリカ人は先住民を無理やりどかせて
国土を自分たちの物にした移住者国家ですけどね。

トランプ商店の旦那が大統領になって
一部国家からの移住者は認めないなんて
思いつきみたいな政策をとる国もありますからね。
Posted by ボケ爺 at 2017年06月11日 10:56
ボースさん、こんにちは

民主主義、と言えば聞こえはいいですが、何をもって民主主義と言えるのか、ということになると、必ずしも多数決の論理だけで決められないような気がしてならないのです。よく、多数決をもって「民意がどうの」という声が聞こえてきて、たしかに一般的には多数決で決めるのが公平かつ平等だと思うのですが、どんな人にも一票だけしか与えられない選挙が平等なのか、というと私は疑問なんです。

常に、選挙の結果 = 民意、と言えるものかどうか、ですね。まあ、その時どきの民意、ということなんでしょうけど、なんか釈然としません。もちろん、都合のいい時だけ「民意」と言ったり、都合の悪いには「民意ではないかも」と言ったりはしませんけど。

政治をよく勉強していて理解している人も、マスコミに流されてムードやブームに乗って一票を投じる人も、同じ一票というのは、平等ではあっても公平とは言えない、つまり違うのではないかと・・・。

ただし、もし差をつけたならそれはそれで大変かと思いますし、今の区割りの不平等より大問題になりそうでマズイでしょうけど・・・。

ところで、あいすみませんが、私は女性宮家がどうの男系がどうの、ということに関してはまだちゃんと理解しておりません。今の皇太子殿下の次は、べつに男じゃなくても愛子さまでもいいじゃないか、と思うのが関の山で・・・。ただし、皇室の問題を蔑ろにすると日本という国が乗っ取られかねないような気がして怖いですね。ボースさんが仰るように「今の日本にとって、この問題と安全保障が最重要課題」というのはよく解かります。

<<野党第一党が参加しないと憲法審査会は開催できないそうです

それも存じ上げませんでした。民進党は、この国を将来的にどうしたいんでしょう・・・。
Posted by poohpapa at 2017年06月11日 16:59
ボケ爺さん、こんにちは

そうですよね、後から移住してきて「臭いからどけ」はないものですね。そのことで「安く買って高く売れる」なら、住民はボロ儲けできますね。

ところで、「アルファ トマム」というのは聞いたことがありますね。関兵製麦、移転を三度繰り返して資産を築いた、というのは実に面白い話ですね。元々がオーナーは日本人じゃないのかも。

ホテルのロビーで社長が大声で話していたんじゃいけません。バブルが弾けなくても長くはもたなかったかも知れませんね、そんなんじゃ。後で「その人が社長」だと客に分かったなら印象が悪いですよね。本来なら、社長がロビーにいるなら、一人一人のお客様に頭を下げて挨拶するくらいでないと。

アメリカは、自分たちが先住民族のインディアンを追い出して建国したことを忘れているようで、人権が、差別が、と勝手なことばかり言いますね。そういうアメリカは好きではありません。

本音を言いますと、日本も介護などの特定の職種で労働人口が不足するからと言って、あまり外国人を受け入れたりしないほうがいいように思うのですが・・・。うちの街を歩いていると外国語がよく聞こえてきますが、「うん、日本もグローバル化が進んだな」などと喜んではいられませんね。

アメリカには「オマエんとこは元々が移民国家なんだからオマエんとこで世界各地からの移民を引き受けろよ」と言いたいものですが、それだと「差別だ」とか言われるんでしょうね・・・。

Posted by poohpapa at 2017年06月11日 17:18
メルマガを読む限りでは、
「先住権をどこまで保護するか」
という問題であるように思えます。

先住権が強すぎると、時代に対応した都市開発が滞り、
逆に弱すぎると、新参者による乗っ取りの危険性が生じます。

うまくバランスを取っていかなければならないことですが、
一様にルール化にすることが難しくもあります。


さて、南山城村北大河原を航空写真で確認してみました。
区画整備された土地に、300世帯弱の戸建ての物件が密集していました。

私はニュータウンと聞くと、多摩ニュータウンや千葉ニュータウンなどの団地群を想像してしまうのですが、戸建てのニュータウンもあるのですね。

ニュータウン構想の時は、税収目当てに間違いなく自治体も絡んできますので、メルマガのように自治体が被害者とは言いにくい部分あるかと思います。

自治体が税収目当てに都市部のニュータウンの真似事をして、一過性ブームに乗った若者がニュータウンに住み着き、
ブームが去ってしまった後は、産業があるわけではないので若者を引きつける理由にならず、
そのまま40年を経て、老人だらけの「オールドタウン」になってしまった。

このあたりが実情ではないかと思います。


南山城村北大河原は京都府に括られていますが、交通から見れば京都府の他地域との関係性が全くありません。
(京都府に括られているのが不思議なくらいに。)

三重県の伊賀市のベッドタウンとしか用途がないため、伊賀市に革新的な産業が起こり、人口が急増して土地不足にでもならない限り、この「オールドタウン」が死にゆく運命から逃れることは難しいかと思います。

養豚場にしても30年も立ち退きを拒否していたのですから、ここにきて「ニュータウンのため」に廃業するとは考えづらく、廃業する理由が他にあったと考えるほうが妥当ではないかと。


先住権を問題にすべき時は、先住権がその地域の発展を大きく阻害している場合であって、その他の場合はニュースとして取り上げる必要はないのではないかと思ってしまいます。


Posted by AK at 2017年06月12日 23:52
AK さん、おはようございます

いつもながらに的確なご指摘を有り難うございます。たしかに、大切なのはバランスですよね。(個人だけでなく企業も含めて)先住者と、後から進出してきた人たちとの間で、様々な状況を勘案して公平に判断を下すことが大切ですね。ま、それが一番難しいことですが・・・。

第三者が「公平だ」と思っても、当事者が譲らなければ、と言うか、立場が変われば公平ではなくなってしまいますし・・・。最後はカネ、なんでしょうかね。

何処に行っても先住者から有り難がられることのない養豚場ですから、そこを離れる決断をした裏には、補償金だけでなく、養豚場のほうにも何らかの(やめたい)事情があったのかも知れませんが。

その地域だけの問題ではなく、立ち位置を引いて俯瞰して見てみる必要がある、というのも今回の AK さんのご意見から学びました。実際に、東京の多摩ニュータウンなんかも今は都心のベッドタウンとしての役割を終えているようにも思えます。手抜き工事も露呈されたりしていて、あれほどまでに持て囃された(当時としては羨望の的だった)団地も今は過疎化が進んでいるそうです。

ところで、養豚場が移転したのには行政からの補償があったようで、当然にその原資は税金。行政がしっかりと将来を見据えた計画を立てていないことでの弊害、と言えそうです。行政が保証金を出すことになったとしても、自治体が被害者、と言うのでなく、元々は自治体は責任者、ということで、そのミスを背負わされる(同じ街で暮らしている)当事者でない住民が割を食らっているんですね。

そして、こういう話では、当事者でもないのに背後から口を出してくる支援団体がいるのも問題です。当事者が、でなく、住民エゴに乗った支援団体が国を滅ぼす、というのが実態ですね。

そうそう、ニュータウンはマンション群とは限りませんで戸建てのニュータウンも多く存在します。寂れ始める時はマンションのほうが早いみたいですね。マンションを買うなら、ベッドタウンで、でなく比較的都心の駅近の物件でないと失敗しそうに思います。



Posted by poohpapa at 2017年06月13日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]