2017年06月17日

とても嬉しいお客様 (外国人編)

木曜日の午後、店の中からチラッと外を見ると、横断歩道の向かい側で信号待ちをしている男性がいた。その男性を見て、「あ、あの人はうちの店に入ってくる・・・」と直感した。男性は黒人の方で、この商店街を歩いている黒人の方は少ない。たいていは部屋や店舗を探している人が辿り着いてくるケース。

以前も、向かい側で信号待ちしている人をチラッと見て、「うちの店に入ってくるな・・・」と直感したことがあって、それは20年前、相手は・・・、今の女房。その時は「うちの店に・・・」というより「この人と結ばれる」と直感した。まだ前妻と婚姻中だったのに、である。もちろん、今回は「この人と結ばれる」とは思わなかったが 💧

思ったとおり、信号が青になってこちらに渡ってきて、うちの店に入ってきた。その時、たまたま電話中だったが、ジェスチャーで椅子に座って頂くようお願いし、早々に電話を切って応対した。なんでも、水曜日に貼紙を見ていて、定休日だったので木曜日に改めて来店なさったとか。

流暢な日本語で「この部屋はまだありますか?、見られますか?」と訊く。あるのは分かっているが、もし気に入って頂けたとして、家主さんが快く了解してくれるかどうかが分からない。そういうことでお客様に不快な思いをさせたくはない。それで、家主さんが快く受け入れてくださるのが最初から分かっている他の物件をお勧めすることにした。図面を見せて両方の物件の長短を詳しく説明すると、私の勧めた物件を見たいと言う。

予め家主さんにお客さんの内容を伝えて了解を頂いておいて、改めて、昨日の夕方ご案内したら、「これでお願いします」とのこと。もう、他の物件を見たい、とは仰らなかった。なぜかと言うと・・・、

短時間で私との信頼関係が築けていたからである。日本人でも、何年かけても信頼関係が築けない相手はいるものだが、そのお客さんは、店に入ってきた時点で、私のことを「この人は信用できる」と思われたとか。それは「直感でそう思った」のであるが、根拠は、この男性の職歴から来ていた。

この男性、外国人でありながら某企業で6年間も面接官を務めていて、パートに応募してきた主婦の面接をし、その間、自分が採用を決定して「ハズレ」だったことは一度もなかったそうだ。なので「人を見る目には自信がある」とのこと。「私を最初に見た時に『こいつは信用ならない』と思いませんでしたか?」と冗談で訊くと「大丈夫です」と笑う。元面接官から言われると凄く嬉しいし自信に繋がる。逆に私も、そのお客さんが店に入ってきた瞬間に「この人には部屋を紹介しても大丈夫」と思っていたが。

日本には18年間も暮らしていて、日本の法律や慣習にも馴染んでいるし、外国人が日本で部屋を借りようとする時にどうして家主さんや不動産業者から敬遠されるか、とくにどの国が嫌がられるか、ちゃんと解かっている。そういうことを不動産屋からイチイチ説明しないで済むのも有り難い。

率直に言って、ヘタな日本人より遥かに信用できそうだし紳士である。理解力もあるし、どこまでも謙虚。こういうお客さんに部屋を借りて頂けるのは凄く嬉しい。と言うか、不動産屋にそう思わせるのだから、このお客さんは相当な人物であると分かる話。先月、店の前で私の帰りを待っていてくださって当社から申し込みを入れてくださったお客さんと同様、とても有り難いお客さんである。

ここんとこ嫌なことや寂しいことが続いていたが、お陰で癒された。去る人もいて新たに来る人もいる。かつて、横浜に住む親友から諭されたとおり「それは互いの役割が終わったということ」だと解かっていても、人が去ったりご縁が無くなることは寂しい。ある意味、死に別れるより辛いこと。だが、それでも、私はつくづく「人との巡り合わせという運が強い」と思える。自分では「それにはワケがある」と思っていて、いつか書きたい。



posted by poohpapa at 06:51| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1年後、このブログでその黒人と結ばれたことを知ったら腰が抜けるわ。

でも、同じような顔立ちをしていてもわかり合えないお国があるのに、こうした信頼関係が結ばれた話は気持ちいいですね。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2017年06月17日 10:27
ピーちゃんの身元引受人さん、おはようございます

<<1年後、このブログでその黒人と結ばれたことを知ったら腰が抜けるわ。

あはは、あるかもですよ (^◇^)

<<でも、同じような顔立ちをしていてもわかり合えないお国があるのに、

ほんと、そうなんですよ。

今朝、その方の祖国のことを調べていたら、1975年までイギリス領で、他のアフリカ諸国の多くがイギリス領だったりしていて・・・、でも、それらの国がイギリスを非難したり謝罪や賠償を要求している話なんてまるで聞きません。アジアや中南米に目を向けても、オランダやスペイン、ポルトガルを非難している話はありませんよね。欧米諸国のほうが現地の人を差別して植民地から搾取するだけで、対等に接することなど無かったと思うのですが・・・。

日本は「言われるままに謝罪した、謝罪し続けた」のが間違いですね。

で、このお客様とはこれからも食事をご一緒したりしたいものです。仲良くなれそうです (^^♪

Posted by poohpapa at 2017年06月17日 10:40
poohpapaさんへ
こんにちわ、今日くらいの気温だと気持ちいいですね。
さてピーちゃんの身元引受人さんが言われている’同じような顔立ちをしていてもわかり合えない国がある’ですが、却って同じような顔だからこそ分かり合えないのかも?
まったく毛色の違う白人には、端からかなわないと思わされてきたのですから、彼らに統治されるのは受け入れやすいのでしょう。
ですから李氏朝鮮国王がロシア大使館に逃げ込んで、そこから統治し始めたも分かります。
ところが中華思想や儒教では日本は遠く離れた島国ですから、彼らの思いからすれば自分達以下なのが当たり前です。
それなのに、あろうことか下位の日本が支那を打ち負かし、朝鮮半島をめぐって白人のロシアまで叩きのめし、その勢いで朝鮮半島を植民地にする(併合です)とは到底信じることができず混乱の極みだったでしょう。
プライドが命の彼らにとって、下位の者に治められるとは、とにかく屈辱以外の何物でもなく受け入れがたかったでしょうね、その証拠に韓国歴史は李氏朝鮮が理想郷の如く記述されていて日本がすべて破壊したそうです。
前の大統領が千年経っても忘れないと言い放ったのは納得できます。
日本人なら、薩摩や長州のように列国に打ちのめされたら’今に見ていろ’と奮起するのが当たり前ですが、かの国ではうじうじ’謝罪しろ、賠償しろ’と文句言うばかりで、進歩がありません。
もうほっとくしかないのです、半島と付きあって日本に何かいいことありますか?
日韓議員連盟の連中や二階は何鼻薬をかがされているのでしょうか?
そこまでして韓国に媚びを売る理由がどうしても理解できません、出自に関係するのかな?
さて記事が5000件に達したそうでおめでとうございます、これから目指すのは1万ですが、健康に留意すれば行けますよ、できるだけお付き合いします。
Posted by ボース at 2017年06月17日 18:47
ボースさん、こんばんは

最初に、記事5000話に対する祝辞のお言葉、有り難うございます。1万話は・・・、キツイですね。同じペースで書き続けて、達成が13年4ヶ月後、てことは、私が78歳と9ヶ月・・・ (^◇^)

でも、お付き合い頂けるとのこと、有り難うございます。そう仰って頂けるのは凄く嬉しいです。

さて、植民地に関する「同じような顔立ち」だからこその話、凄く説得力がありますね。たしかにそれはあるかもですね。ただし、そうであっても、いつまでも根に持つ感性が解かりません。「そんなのは、不甲斐なかったアンタらの先祖に文句言えよ」という話ですから。

道路も学校も病院も建設してもらって、識字率も高めてもらって、日本人と同等に接してもらえて、職にも就けて、それでも「強制労働だ」「謝罪だ」「賠償だ」と言う神経がおかしいです。

僅かな食べ物と水だけ与えられて売春を強いられていたなら「性奴隷」と言うのも解かりますが、士官より高給を食んでいて「性奴隷」は無いものです。僻み嫉みが国是の国とは付き合えませんよね。

国内の売国政治家にも呆れます。河野洋平は新幹線の技術を中国に無償提供していたとか。談話だけではなかったのですね。安倍さんがいくら頑張ってもどうにもなりません。などと愚痴ですが。

今後もどうぞ懲りずにお付き合いください。



Posted by poohpapa at 2017年06月17日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]