2007年06月20日

同業者とは普段から仲良くしておくもの

↓の記事の「2人目の女性(学会の人)」、面白い展開になった。

昨日の2時ごろ再度来店することになっていたが、お昼に電話をかけてきて、「昨日ご紹介して頂いた物件、南口のSホームさんにも有って、中が見られるとのことですが、Sホームさんで見せてもらって、気に入れば申し込みしちゃっていいですか?」と言う。

「かまいませんよ。昨日もご説明した通り、うちは今、新規の仲介業務は出来ませんので、資料を差し上げただけですから気にしないでください」と答えると、「じゃあ、そうさせて頂きます」とのこと。

宅建業の免許が下りるまでのおよそ2ヶ月間はボランティアに終始するのも覚悟しているし、収益を求めない分、かえって気楽でいい。

実は、その物件、元付業者は数社にしかFAXしていない。なのに、お客さんがたまたま入った北口と南口の不動産屋2件で同じ物件を紹介されたワケで、ほとんどピンポイントの偶然である。

私は元付業者に電話して「○○さんというお客さんがSホームさんの紹介で申し込みを入れるかも知れないよ。うちに昨日来店したお客さんで、資料を渡したんだけど、感じいい人なのでなるだけ審査を通してやってよ」と、お客さんの内容を詳しく話しておいてあげた。お客さん自身が言ってるように審査が通らない可能性があるからだ。もちろん、そんなことしても普通は一銭の得にもならないのだが。

午後になって元付業者から電話があり、「実はSホームさんが『○○さんとこにも行ったお客さんならうちが取るワケにはいかないので、どうしましょう?』と訊いてきたから、『○○さんにも何がしか出せるようにするから大丈夫よ』って答えといたからね」と言う。

元付業者の社長は今の私の窮状を知っているから、何か名目を考えて自社の手数料から私にも分け前を出そう、というのだ。私は普段からその元付業者ともSホームさんとも仲良くしている。うちの物件に客付してもらった時には手数料を振込まずに届けにも行く。

元付業者の社長は、こうも言う。

「このご時勢だから、うちも家主さんも早く決めたいしさ。協力してくれる業者さんとの付き合いは大事にしないと」

全くその通りだと思う。同業者を排除したり踏み台にしていたのでは商売は長続きしない。普段から互いに気にかけることでお互いに利益が上がる。長い目で見たら圧倒的にそのほうが得である。だが、残念ながら逆のケースは多い。賃貸でも売買でも、そういう噂はよく流れてくる。抜かれた業者は悔しいから「話に尾ひれが付いている」とは思うが、だいたいは「あの業者ならやりそうだな」と思い当たる。


夕方になって、そのお客さんがお礼に寄ってくれた。今時めずらしいこと、と感動してしまった。のではあるが・・・、こう釘を刺した。



「できるだけ、小さな声で勤行(お経を唱えること)してね」
posted by poohpapa at 04:27| Comment(8) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、そういった付き合いを大切にする心が失われてきていますよね。
ビジネスはもちろん、近所づきあいでも、下手したら会社の人間関係でも。
最近よく話題にのぼる、社員を育てるということもせず、使い捨てにするベンチャー企業なんかも、広義ではこの付き合いを大切にしない例に含まれますよね。

でも、私の業界なんかで同業者同士助け合ったり仲良くしたりすると、「談合」と呼ばれてしまうのですが(笑)
Posted by びくやま at 2007年06月20日 08:13
ゼネコンの親方、おはようございます(*^^)v

私は、「談合」って「必要悪」だと思っているのですよ。もちろん、特定の企業を排除したり、不当な金額で請け負うことには反対ですが、談合の中には「助け合い」的な意味合いもある、と思うのです。中小の建設会社が入札で大手に太刀打ちできるハズもないし、「そんなのは淘汰されて良い会社」と言い切るのも乱暴だと思うし。

談合に代わるやり方というのは「考えようがある」のでは、と思っています。知り合いの工務店さんは「絶対に必要なんだよ」とも言ってます。

もたれ合い、助け合い、けっこうじゃないですか。
問題は、その方法と程度、でしょうね。

いつも有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2007年06月20日 08:31
おはようございます。
同業者と仲良くですね^^確かにボクも賛成ですね。

こちらの手持ちにない物件を同業者に連絡を取ると本当にくっきり分かれますね。即連絡をして下さる会社と全く無視する会社。

手持ちがあって紹介したくなくてもせめて愛想くらい欲しいと言うのがボクの本音ですね。

電話で確認すると速攻「ありません。。」確かになければその回答になるんですがそっけなく言われると次回рキるのもし難くなってしまう。

こちらはHPで掲載している物件を紹介してもらいたくてрオているのに、「ありません」の一言。

契約したのなら適度に削除して欲しいです。ずっと掲載してある物件だからこちらはまだ空室と思ってしまう。

反対に快く受けて下さる会社もある。電話を切って何十秒後にはFAXが届く。純粋に嬉しいものです。

こちらも何かしなくては。と思う。

仲良しこよしでは会社は成り立たないのは当然ですが、最低限の付き合いをする中で切磋琢磨できればこの業界ももっと楽しくなりそうです。と悪まで個人的感想。
Posted by えびす けんたろう at 2007年06月20日 10:17
えびす けんたろうさん、こんにちは

「うん、あるある」、と思いながらコメント読ませて頂きました。

例えば、都内で凄い数の物件をネットで募集している業者があって、たいていは「客付け不可」だと知っていますが「中にはOKもあるかも」、と念のため電話したら、「うちは客付けは認めてないんですけど、どこかに『客付け可』って書いてありましたか!?」って言われてしまって、カチーン!ときたことがあります。

別の会社では、「まことに申し訳ありません。お調べいたしましたらその物件は業者さんに紹介して頂くことは出来ません。宜しければ『客付け可』物件のリストをお送りいたしますが」と言って頂いて、この違いはナンだ!と思いました。

同業者を「商売敵」と見るか、「仲間」「協力者」と見るか、その業者の基本的な理念の差なんでしょう。

ま、いずれにしても、仲良くしていたほうが得に決まってますよね。

それにしても、暑いですね〜。今日は片づけで店に来ています(^^ゞ

コメント、有り難うございました。
Posted by poohpapa at 2007年06月20日 11:00
こんにちは。
生まれて初めての一人暮らしは大学の近くの不動産屋を巡って見つけました。風呂なしでしたが、格安で学校と駅に近く、掘り出し物と思っていました。住んでみてその理由がわかりました。下が学会の方で(私は二階)、お題目や会合でとても騒がしかったです。学会の方が断られるのはそういう理由だったんですね。
Posted by バラキ at 2007年06月20日 15:39
バラキさん、こんにちは

そうなんです。ちゃんと自覚していらっしゃる人はご自身で注意して暮らしますが、そうでない方がいるもので全体が迷惑します。

それぞれ一人ひとりが、団体とか国民とかを代表している、という意識は大切なものですね。

いつもコメント有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2007年06月20日 17:30
たびたび失礼します。
業者さんとよい関係を築かれていらっしゃるので素晴らしいなと思わせていただきました。
うちは駅前がFCばかりなので、物件の無断転載も多かったですし、おとりに使われるばかりであまり協力したくないなあ…と思うこともしばしば。難しいですね。仲良くはさせていただきたいのですが、変なお客様ばかり連れて来られるとそうもいかなくて…。
勉強させていただきました。ありがとうございます。
Posted by のらくろ at 2007年06月21日 23:21
のらくろさん、おはようございます・・・、
いえ、こんばんは、でしょうかね^_^;

同業者と良い関係を築けるのには条件がありまして、

互いに小規模であるか、特定の担当者と個人的に強い信頼関係を築けた場合でありまして、大手さんのように、社員の出入りが激しいと、まず無理ですね。憶えてなどもらえませんし。

あと、のらくろさんが仰るように、「おとり」(潰しの物件)に使われることもしばしばですし、「自社の管理物件になら、こんな客は入居させないだろうに」と思えてしまう客を紹介してきて、契約しに来てもらって本人と初めて会って、唖然としてしまうこともありますね。

私は「同業者から評判が悪い業者は、お客さんから見ても良くない業者」だと思っています。なので、お仲間さん(同業者)に不義理はしないよう努めています。これ、大事なんですよね。

コメント、有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2007年06月22日 02:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]