2017年07月01日

街で会った二人

何だか、アッと言う間に7月・・・。毎日、指折り数えているのだが、嫌味でなく、クロアチアまで33日。出発の当日は成田発が21時10分〜22時10分なので15時までは仕事していると思うけど。早く旅仲間に会いたい。たぶん顔を見た瞬間に(何も語らなくても)悩みを吸い取ってくれることと思う。良き友というのはダイソンの掃除機みたいなもの。零した愚痴をいっぱい吸い取らせても吸塵力は落ちない。ま、迷惑だろうけど・・・💧


さて、立川駅北口前の大きな交差点はスクランブル交差点ではないのだが、歩行者用信号が青になると全方向の車用信号が赤になって車が全て停まるので、歩行者や自転車の多くが斜め横断をしている。

いつものように私も斜め横断していると、前方に自転車の男が停まってこっちを見ている。私の長男だった。寄っていって「こないだの交通事故の老人、身元が判ったよ」と言うと、「まだ協力要請の看板が出てるじゃん」と言うので、「追々片付けると思うよ。身元が判ったなら早く撤去すべきなんだろうけどね」と話した。交差点の真ん中で長話をしていると直ぐに信号が変わってしまうのでそれだけの会話で別れたが、事故の翌々日の夕方に「もしかして親父かも」と電話をくれたのを思い出した。親子っていいな、と少し感動している。

(うちの場合が特別なのかも知れないが)とくに父親と息子は阿吽の呼吸で解かりあえる。これで私も長男次男も酒でも飲めればもっといいのだろうけど、うちの場合は酒など必要ない。不思議なもので、娘とも常に本音で話せる。うちの(継母)に対しても娘はとくに遠慮はしてないみたいで、それも嬉しい。


その日の午後、南口に行こうとして立川通りを歩いていたら、向こうから中年の男性がやってきて、私と目が合うと軽く微笑む・・・。相手は、まさに都議選真っ只中の候補者、清水こうじ氏(自民党)であった。この立川通りでは以前も衆議院議員の小田原潔氏が一人で歩いていて、その時と状況は同じ。

私が「清水さんですね、頑張ってください」と言うと、「厳しい状況なんですよ、有り難いです」とのこと。都民ファーストに押されて苦しいのは間違いないと思う。「小池百合子なんて、あんなの『まやかし』ですよ」と言うと、「よく解かっていらっしゃる」と笑ってガッチリ握手。一人で歩いていたのは、お伴を付けずに商店街を一軒ずつ挨拶回りするため。それはいい方法だと思う。お伴を付けていると「偉そう」に思われてしまうから。

今回の都議選、自民党に逆風が吹きまくっている。たしかに、「このハゲ〜!」「ち・が・う・だ・ろ!?」はお粗末だが、マスコミが延々自民党議員の(都議選とは関係ない)失態を流し続けるから、ということが大きい。私は、古巣に後ろ足で砂を掛けたり、人を踏台にして登って行く小池百合子みたいな人間は好きではない。

一週間ほど前には立川に小池百合子が来ていたし、昨夕は小泉進次郎も応援に来ていたみたい。人間、応援される人になるより、乞われて応援する人(立場)になりたいもの、とつくづく思った。

明日はいよいよ投票日・・・。たぶん、マスコミが望んでいる(誘導している)結果が出ることだろう。

都民は今、「豊洲移転問題」や「東京五輪の費用負担問題」に対してでなく「このハゲ〜!」に対して審判を下そうとしている。本来の都議選の争点は何処に行ってしまったんだろう・・・。





posted by poohpapa at 05:30| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
ようやく本格的な梅雨の天気になり、お百姓さんも安心でしょう。
でもお僕はこの、じめじめした天気嫌いではありません、夏のカンカン照りより、しっとりとした今の雰囲気の方が好きですね。
さて明日が投票日ですが、僕の選挙区は一応6人立っていますが、実質は自民と民進から逃げ出して小池に、はせ参じた節操のない候補者と公明党、共産党の四人で三つの席を争う激戦区です。
前の都知事選で舛添を押し立てた自民党が許せなくて、今後一切投票しないと決めていましたが今回は危なさそうで、共産党や小池に負けるのはもっと癪ですから、入れざるを得ないかなと思っています。
この選挙戦を通じて一層感じるのですが、最近のマスコミの劣化と言うか、なりふり構わない節操のなさ、ひどいもんです、世論を煽る力を持っているから、本当に厄介ですね。
官房長官記者会見でもわかるように大手の新聞記者が週刊誌によると、などと言って質問しています。
これじゃお互いが情報源となって火のないところに煙をはやし立てて煽るようなものです、やっている本人は気が付かないのでしょうか?
長官から’事実かどうか確かめて質問しろ’と至極真っ当な反撃を食らっています。
日本人がもっと賢くなって、正論で突き進むようにならないと、何時までも日本はよくなりません。
彼らのバックには絶対、支那朝鮮がいて何かしらの援助の手を差し伸べています。
在日や帰化人が彼らに阿るのは仕方ないにしても、日本人が踊らされているのを見ると情けなくなります。
石破が’野党だって日本を潰そうとはしていない’と言ったそうですが、そりゃー根っからの売国奴から見たら野党は生ぬるくて見ていられないでしょうよ。
こんなのが次期総理候補とは嘆かわしいですね、小池は自民を離党したので総理の目はなくなったと思いますが、彼女しぶといですから、まだまだあがくような気がします。
安倍さんの腹つもりは、大臣と自民党三役を見れば分るのですが、しかし小粒で年齢的に無理なのを除いても、これはと思う候補は見当たりません。
でも維新を除く野党を見ると売国奴のオンパレードですから、自民の中のこれらの人の中から選ばざるを得ないとは、悲しくなりますね。
明治の長州薩摩の下級武士の中から出てきた、本当の志士は今の世では望むべくもないのですかね?
本当の志士は日本が危機にならないと出て来ないのかな?と言う事は当分日本は大丈夫と言う事で納得しますか。
Posted by ボース at 2017年07月01日 09:58
ボースさん、おはようございます

今日はいよいよ都議選の投票日ですね。傲慢な言い方ですが、また有権者の馬鹿さかげんが判る日になりそうですね。夕方からはテレビを視ないようにしよっと (´・ω・`)

議員は当選してナンボですが、その為に、当選できそうな党や会派に移る、渡り歩く、という奴は信用しません。代表に収まってはいますが、そういう意味では小池百合子も同じです。

で、移った奴も、やがて必ず元の党に戻るんですね。みっともない話です。

自民党も村山富市を総理にしたり、小池百合子よりもっと酷い舛添を知事候補にしたのですから似たようなものですが・・・。私は60歳を過ぎるまで自民党の候補に入れたことは一度もありません。今は他に選択肢が無くて辛いです。中山恭子さんの党や本道の維新が私の考え方とは一番近いのですが、中山さんだけではどうにもなりません。歳をとりすぎていますしね。

内閣改造で橋下徹氏が閣僚入りするのでは、という話が出ていて、私は大歓迎です。他にも民間から登用してほしい人が何人かいます。過去に竹中平蔵みたいなのを登用したのは大失敗でしたけど。

それにしても、マスコミの本当の狙いは「日本の混乱と崩壊」ではないかと思えるほどですね。さも客観的に事実を伝えているようで、国民を一定の方向に誘導したり煽ったりしています。一日中、政権批判や攻撃をしていて、ワイドショーなんかに呼ばれるコメンテイターの顔ぶれを見れば、その偏向ぶりがよく判ります。

石破茂が総理になったら・・・、考えただけでも恐ろしいですね。それならまだ「無能なだけの総理」のほうがマシです。でも、マスコミは石破を推すでしょうけど。マスコミが好意的に推し始める人物がいたなら、そいつは「最も日本のリーダーに相応しくない奴」、ということになるでしょうね。

小池百合子は「勘違い女」の典型で、歳相応の分別と品性が顔に表れてないので、あの顔はあまり見たくない顔であります。都民ファーストなんかでなく自分ファーストでしかありませんから。

まあね、歳相応の分別と品性が一番備わってない顔の持ち主は誰より私自身なんですけどね (ミジメ)

Posted by poohpapa at 2017年07月02日 05:50
poohpapaさんへ
返信でとても大切な二つの意見を述べられているので、それに反応します。

1.傲慢な言い方ですが、また有権者の馬鹿さかげんが判る日になりそうですね。夕方からはテレビを視ないようにしよっと (´・ω・`)

TVドラマを楽しむのもいいでしょう、バラエティーで笑い転げるのもいいでしょう、でも何が日本に大切かを見極める判断力は養ってほしいと思いますね、特に私を含めた団塊世代。
暇なものだから一日中TVつけっぱなしで、何気なく見続けている情報弱者と呼ばれる人たち、在日や帰化人に占拠されている放送局に洗脳されていきますよ。
自分さえ良ければいいのではなく、孫やそれ以降の世代の事を考える癖を付けましょう。
特に東京はあのとんでもない山本太郎を参議院議員にした選挙区ですから、まったく期待できないですかね。

2.マスコミが好意的に推し始める人物がいたなら、そいつは「最も日本のリーダーに相応しくない奴」、ということになるでしょうね。

最近のマスコミの野党上げ、自民たたきは異常です。
自民に反することは何でもいいと言う感じです、あの前川だって天下りあっせんで辞職した時は叩きまくっていたのに、反安倍となると手のひら帰しで英雄扱いです。
みっともないとは、正にこのことを言います。
恥を知れと言いたいですが、出自が出自ですから、恥という概念をお持ちでない方に文句言っても仕方ないですね。
こんな彼らが推す候補は押して計るべしと全国民が肝に銘じてほしいものです。

さて今日はいよいよ選挙ですが、僕は八王子の日本第一党と維新の党の動向を見守りたいと思っています。
でも今まで僕の希望的選挙予想は当たったことがありません。

このコメントはpoohpapaさんの返信に反応したもので返信は無用です。
Posted by ボース at 2017年07月02日 09:16
<<このコメントはpoohpapaさんの返信に反応したもので返信は無用です。

ボースさん、了解しました (^◇^)

Posted by poohpapa at 2017年07月02日 09:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]