2017年07月12日

寝られない・・・、まいった・・・

昨晩は就寝前に水分をしっかりとったもので、3時前に尿意で目が覚めて、それからいろいろ考え事をしていたら寝られなくなった。いろんな出来事が重なっていて今がバイオリズムのどん底。考えようによっては、今がどん底ならこれからは運気が上がるしかないのだから気にすることは無いんだろうけど。

で、夜中に目が覚めて「いろいろ考えていたこと」の一つが、自分のことでなく政治の問題。

ここんとこ、マスコミの印象操作がとくに激しくなっているようで、気になっている。とくに、安倍さんの支持率と不支持率。マスコミは国民に「長期政権を飽きさせようとしている」のか、あるいは「憲法改正を阻止したい」のか、その両方なのか、とにかく安倍さんを先ず政権から引き摺り下ろそうとしているようにしか見えない。少なくとも総理が代われば憲法改正問題は先送りになるのは間違いないし。

私からすると、「支持率が下がって不支持率が増えた・・・、だから何!?」くらいの話。「マスコミが伝える支持率って、そんなに重要なの?、アンタらが操作した結果でしょうよ!?」「読売と朝日で結果に差が無いから信用性が高い」と言ったところで、そんなのはマスコミの狙い通りに流されてる国民が判断しているもの。

たしかに閣僚や自民党の国会議員の不祥事や問題発言が重なったのは事実だが、延々とそれを流し続けるテレビは異常と思える。昨日の「ニュース女子」でも、「新聞社は自分たちのスタンスを明らかにすべき」と言っていて、全くそのとおりだと思う。公正であるべき新聞が「さも公正に伝えているかのように装って、その実は偏っている」のだからフェアではない。国民も、どの新聞が保守でどの新聞が左翼か知ってはいるが、それでも、尤もらしく何度も伝えられると次第に「そんなものか」と思ってしまうもの。

「北朝鮮のミサイルのほうが大問題だから森友も加計もどうでもいい」と言っているのではない。だが、そんな問題で国会審議の時間の多くを取られているのはおかしい。たとえ政府が「国民が納得できるよう、ちゃんとした答弁をしていないから」であったとしても、である。

安倍政権を倒したとして、その先に日本国民を待っているものが何なのか。マスコミは日本をどこに向かわせようとしているのか甚だ疑問で、「今、国民が監視していなければならないのは政権ではなくマスコミではないか」、と思えてならない。マスコミは国民の意識操作をしたりせず、事実を脚色することなく正確に伝えるべきで、そうしていない大手新聞の現状は(産経を除けば)総「赤旗」と思えるほど。

マスコミが時の政権に対して批判的なスタンスから追及していくのは当然だと思うし、それがマスコミの使命なんだろうけど、それにしても、ここんとこの印象操作はどの新聞もヒドイ。

加えて、石破茂や中谷元なんかがいろいろ発言している内容も、「自民党は独裁政権でなく人の話を聞ける政党であるべき、そうならなければいけない」というものであって、言ってることはマトモで正論に聞こえるが「今言うか!?」と言いたくなるような内容。マスコミ経由で国民に向けて言わないで安倍さんに直接伝えればいい話。部分的に捉えれば正しいのだが、俯瞰して見れば「狙いは安倍おろしのための布石」だと判る。石破はとくにやり方が汚い。こんなのが総理になったら日本は沈没するだろう。

などなど考えていたら寝られなくなってしまった (´・ω・`)

この記事を書いている途中(4時17分)に、数年前に福岡に戻ったお客様からメールが届いた。定年前に自衛隊を退職した後で猛勉強して教員免許を取られたとか。50歳を過ぎて教員免許を取得したのは凄い。しかも、11月には福岡マラソンに参加されるようだ。前向きに生きている人は素晴らしい。

私が事務所で使っている椅子は、その方が福岡に引っ越す際に頂いたもの。昨日、電話で「今も大切に使わせてもらってますよ」とお伝えしたら喜んでくださった。またお会いする機会はありそうだ。

おかげで、少し元気を頂けた (^◇^)

posted by poohpapa at 04:44| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
おはようございます、梅雨が明けたかのような天気ですが、九州と同じように関東も大雨がきて梅雨が明けるのでしょう、お互い気を付けましょう。
さてマスコミの節操のなさが最近目を引きますが、そのうちしっぺ返しを食らいますよ。
活字媒体は既に黄昏を迎えつつありますが、朝日、毎日、日経、産経どれが生き残るのでしょうか?見ものですね。
昔地方転勤していた時、新聞社社屋二階の喫茶店でくつろいでいた時、隣で7,8人で営業会議を開きはじめ、最近大学生が新聞を読まないのでその対策を話し合っていました。
この話15年以上も前の話で、当時から地方紙でも危機を感じていたようです。
TVに関して言えば、既に若い人はTV離れが顕著でネットにシフトしています。ですから後20年もして団塊が消えた時がTVの正念場になると思いますが、しかしその対策を立てている様には思えないのが現状ですね。
今さえ良ければ、視聴率さえ稼げればと考える経営陣の浅慮さが垣間見えます、若い社員が可哀想です。
先日の参議院での加計学院の獣医学部新設の問題に関して、前愛媛県知事加戸氏の参考意見が全てを物語っていると思うのですが、TVはまったく無視しているとインターネットで話題になっていました。
両論併記が基本であるのに、自分達の意にそわない意見はまったく無視するTVマスコミ、これは明らかな裏切り行為で、視聴者を完全に馬鹿にしています。
このような放送法違反行為を、表ざたにする手段があれば鉄槌をくらわすことができるのですが、その手が見当たりません。
一つは地方に帰った国会議員のどぶ板啓蒙作業しか思い浮かびませんが、しかしそんな殊勝な議員はいそうもありませんね。
地道にインターネットで拡散していく手しかないのですかね、考えてみれば10年以上も前はインターネットも広まっていなかったので、マスコミのやりたい放題でしたから、少しはましになったと考えるしかないですね。
poohpapaさんも鉄槌の一翼を担っているので、応援しています。
Posted by ボース at 2017年07月12日 08:40
poohpapaさんおはようございます。

加戸守行・前愛媛県知事の発言がすべてを物語っているでしょう。マスコミも野党も安倍政権を潰せば手柄だとしか考えてませんね。

民進党も消滅することが決定しましたし、朝日、毎日新聞も購読者が激減して廃刊も近いでしょう。

また偏向TVも団塊の世代がいなくなれば、消滅でしょうね。それまでpoohpapaさん、頑張って生存していてくださいね。夜はぐっすり寝ましょう。
Posted by たか at 2017年07月12日 08:51
「日本国民」と大上段に振りかぶられると、そりゃ色々だろうと答えるしかないのですが、まぁおっしゃられていることは分かります。
報道の自由が保障されている証しでもあるので、偏向報道はしかたがないと思いますが、どの政治報道も同じ内容しか見受けられないのが問題です。
要するに大本営発表しかネタがないんでしょうね。
ちゃんと仕事しろよ、って思います。
昔の報道ドラマなんかでも、善し悪しは別にして、今では非合法っぽい情報収集してましたよね。

まぁTVなんかはバラエティしか見ないのでどうでもいいんですけど。
情報の受け取り方は色々だよということは、日教組の教育ではたぶん学校で教えてくれないので、家庭で教育するしかないでしょうね。
詐欺に騙されない社会であれば、詐欺はおいしい商売ではなくなるので。
Posted by ハリケーン at 2017年07月12日 09:46
ボースさん、こんにちは

明日あたり、関東地方も一雨きて、それで梅雨明けになるんでしょうかね。なんか、水源地にほとんど降ってないように思うのですが、この夏、いつにも増して水不足になりそうな・・・。

私の旅仲間さんが家の中にいて熱中症に罹りそうになったとかで、ボースさんも気を付けてください。

最近は新聞もテレビのワイドショーも本当に偏っていて、観るのが嫌になります。しかも1時間半のうち一つのテーマ(例えば森友学園とか)で1時間もやってたりします。であっても、双方の言い分は伝えません。巧妙に、どちらかを貶めるような番組作りをしています。コメンテーターも制作側の意図を読み取って、と言いますか、今流行の「忖度」して、同じような意見しか言いません。

ネットのニュースや噂は信用に値しませんが、最近は新聞もそう、いえ、それ以上に酷いです。これじゃ若者だけでなく働き盛りの人たちも新聞を読まなくなるのでは、と思います。紙媒体で読む、ということは読書と同様にとても意義があることと思いますが、うちは長いこと新聞を取っていません。新聞を取っていなくて不自由することがあるとしたら近所のスーパーのチラシが手に入らないことくらいで、小さな文字で良ければネットで印刷できますから、新聞は無くても間に合ってます。

新聞・・・、私はそのうち消えると思っています。消えたほうがいいかも、とさえ思います。

<<先日の参議院での加計学院の獣医学部新設の問題に関して、前愛媛県知事加戸氏の参考意見が全てを物語っていると思うのですが、TVはまったく無視しているとインターネットで話題になっていました。

「ニュース女子」で、「報道には『伝えない自由』もある」と批判していて、自分たちの主張と合わない意見は黙殺して伝えずに、「国民のほとんどがこういう主張」とやってますね。印象操作の最たるものです。その中で百田氏が、「将棋の藤井四段が、一番好きなのは私の〇〇という本、と言っていたのに、その部分は伝えず、次に挙げた本の名前を言っていた」と笑っていましたが、ほんと、やり方がセコイです。

ま、それでも国家権力に潰されないのですから、国連の「人権なんたら委員会」のバカがどう言おうが、「報道の自由」がこれほどまでに護られている国は他にありませんよね。


<<poohpapaさんも鉄槌の一翼を担っているので、応援しています。

私は、「おかしい」と思ったことを率直に書いているだけですから無力ですけど、同じような声が集まれば日本が変わっていく力にはなるかと思いますね。少なくとも、SEALDsよりはマシだと思いたい・・・。




Posted by poohpapa at 2017年07月12日 11:07
たかさん、こんにちは

参議院の参考人招致の動画、後で見てみます。私なんかは、加戸守行・前愛媛県知事が参考人として呼ばれていたことすら知りませんでした。私の好きな番組「ニュース女子」では、出ているコメンテーターの6人全員が「森友も加計も、何の問題もありませんよ」とハッキリ言い切っていました。「なんで大騒ぎしているのか解からない」とまで言っていて、6人の中には元通産官僚が2人いましたが、実に明確に根拠を示して解説していました。なので、地上波の民放にはもう呼ばれないかも。

<<マスコミも野党も安倍政権を潰せば手柄だとしか考えてませんね。

それに付け加えて、安倍政権を潰したなら「ペンの力」「自分たちの力」を世に示せる、てことでしょう。

安倍政権を倒して、改憲議論が萎んだなら中韓が涙を流して大笑いすることでしょう。マスコミは無責任です。事実も伝えないし、時に隠すし、国の将来についても何ら責任を負いません。

で、念のため、私は自民党支持ではありません。本当は、本流のほうの「維新」か「日本のこころ」支持、であります。橋下さんには是非とも行政改革担当相として内閣に入ってもらいたいですね。
Posted by poohpapa at 2017年07月12日 11:22
ハリケーンさん、おはようございます

<<報道の自由が保障されている証しでもあるので、偏向報道はしかたがないと思いますが、どの政治報道も同じ内容しか見受けられないのが問題です。

偏向報道はしかたない、とは思いません。報道の自由が保障されているのだから、そういうことも有り得る、ということですね。ただし、マスコミは「権力が介入するかも」だの「権力に介入された」だのと主張していて、本音では権力に介入されることになるのを恐れているんでしょうね。

しかし、ここまで大手新聞(朝日、日経、毎日、中日、東京)と地方紙が偏って同じ主張を繰り返していると、読者はそのまま信じ込んでしまうものでしょう。沖縄の2紙なんかは潰したほうが国家の為ですね。

テレビ局も同じです。不思議なのは、毎日は創価学会に飲み込まれているのですから、毎日が強烈に政権批判をするのが解かりません。同じく、フジテレビは産経の系列なのに何で・・・?、と思います。都議会では自民と公明が袂を分かちましたから、国政でもやがてそうなるんでしょうかね。

なんか、テレビ(地上波)もつまらなくなって・・・。今は、MXテレビの「5時に夢中!」と「ニュース女子」だけが楽しみになっています。「ニュース女子」、毎日やってくれないかなあ・・・。

ほんと、そうなってくると、家庭の教育が大切ですね。うちはもう間に合いませんが (´・ω・`)



Posted by poohpapa at 2017年07月12日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]