2017年07月12日

やはり、石破じゃダメなんだと思う

看板ころころ「大河ドラマか」=石破氏、安倍首相の手法批判

「政治は一番面白い人間ドラマ」とは言うけれど・・・、今、安倍さんが一番求めているのは国民の支持率ではなく挙党体制での支持ではないかな、と思う。マスコミが言うところの「支持率が低下してきた」時に、本来は仲間であるべき人たちがこんなふうに足を引っ張るのは如何なものか。

自由に意見が言える状況は「いいこと」だと思うけど、時と状況によるんじゃないかな。韓国の諺「川に落ちた犬は叩け」みたい。支持率を下げる要因を仲間が作ってどうする!?、くらいの話。

もしも石破が総理になったなら、憲法改正など夢のまた夢。できるワケが無い。安倍さんが総理の時にやっておかないと半世紀は無理。自分が早く総理になりたいが為に国益を損ねても平気でいられるのだから石破は最低の政治家、信用できない。人相が悪いだけでなく、ハートも腐っている ( `ー´)ノ





posted by poohpapa at 18:26| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんへ
おはようございます、良い天気で梅雨はどこ行ったと言う感じですね。
さて、最近この石破の若い頃の選挙ポスターを見たのですが、普通の好青年と言う感じで、現在の三白眼の悪相とは、えらい違いでした。
男の顔は履歴書とはよく言ったものです、顔に関してはあまり人のことは言えませんが。
こいつの履歴は自民党が苦しい時に出て行き、自民党が順調になった時、出戻って大きな顔をする、心根が好きになれません、どうして自民党で人気があるのか分りませんが、反安倍の手段として利用されているだけだと思います。
poohpapaさんに紹介してもらった、’えんだんじのブログ’でも石破が自虐史観にどっぷりつかっているので、何かの番組で一緒になった時、意見したと書かれた記事がありました。
保守を標榜する政治家が自虐史観にとらわれて、日本のためになる政治ができるとは、到底思えません。
安倍さんのすべきことは憲法改正ですが、マスコミはこぞって、これに反対します、どういう手を打っているのでしょうか?今のままでは挫折しますよ。
公然とは言わないで黙って静かに対策を打ってほしいものです、こう言う時に防波堤になる陰で動く腹心がほしいですね。
僕が一番気になるのは、マスコミは安倍さんを倒した後、どういう展望を描いているのでしょうか?
後はどうでも良いとしか考えていないのでは、無責任の極みです。まさか民進党を押しているのではないでしょうね?
それでは歴史どころか経験にも学ばない、単なるあほですよ。
石破を押して自民党の内紛を煽って憲法改正をうやむやにするつもりかな?
Posted by ボース at 2017年07月13日 08:17
ボースさん、おはようございます

マスコミは、安倍さんを倒せるのなら石破でなくても誰でもいいのでしょうね。なので、役割が終わったら石破も捨てられます。それが解からないならアホです。と言うか、自分が総理になるためなら国益など考えない時点で国会議員としての資質に著しく欠けています。

今、マスコミは安倍さんが食事の際に右手で箸を持っただけでも気に入らないで非難するでしょうね。それを正当化するために支持率が下がるようあの手この手で執拗に攻撃しています。

「えんだんじ」さん、石破にテレビ局の廊下で収録後に声を掛けたものの、後ろを振り返って一瞥されただけだったようですね。

マスコミ、本当に憲法を改正されるのがイヤなんですね。なんででしょうね。私でさえ全体の利益の為に自分の主義主張を引っ込めることもありますけど、マスコミはもうなりふり構わずですね。支持率が高いうちは鳴りを潜めていて、森友や加計、いろんな議員の失言や失態に、待ってましたとばかり攻勢を掛けてます。

安倍さんが総理で無くなったら、少なくとも、私が生きてるうちには憲法改正はされません。ま、50年は無理でしょうね。マスコミ、それでいいんでしょうかね。マスコミも社会の一員なんですから、当然に国益も考えなければならないものでしょう。だから不正を見逃せ、と言っているのではありません。それらは分けて考えるべきで、今のマスコミのほとんどは反日の国賊企業でしかありません。

<<こう言う時に防波堤になる陰で動く腹心がほしいですね。

全くその通りです。ただ、正しい国家観を持ち合わせている議員は自民党の中にも少ないのが実情です。安倍さんに人望があるとか無いとかでなく、自分の番を待ちきれない議員が多い、ということですね。

内閣改造をするなら、国会議員からより民間から適材を大胆に起用してほしいものですね。

Posted by poohpapa at 2017年07月13日 08:56
poohpapaさんおはようございます。

大臣になれば → 新聞、テレビに出られる → 有名人になれる

→ 地元で大きな顔ができる → 次の選挙も当選間違いなし


でもね、実際は

大臣になれば → 野党に質問攻めに合う → うまく答えられない

→ 講演会で口がすべる → マスコミに叩かれる → 恥をかいて辞任

というのが、多いですね。本当に適材適所な人材を使うべきでしょう。


まあ、アメリカのトランプ大統領もマスコミ不信ですね。フェークニュースばかりを流すと怒ってます。日本も同じなんですね。部数が売れれば、何でもやる、という貧しい態度なんでしょう。これが、だんだんマスコミ不信になる原因だとわかってないようです。

中国の人民日報などのように政府御用達マスコミも必要なんではないでしょうかね。。。
Posted by たか at 2017年07月13日 10:59
たかさん、おはようございます・・・、こんばんは、かな (^◇^)

今、自民党にも適当な(テキトーな、ではありません)人材がいないですね。ならば、無理に自民党や連立を組む公明党の国会議員から閣僚に起用しないで民間から優秀な人材を起用したほうがいいと思います。おそらくは、安倍さんの最後の内閣改造になることでしょうから、もう「何を言われても、どう批判されてもいい」くらいに開き直ってもいいんじゃないかな、と思います。

私が石破に対して嫌悪感を持つのは、マスコミの「安倍叩き」が功を奏して支持率が下がり始めた時に、それに連動して乗って一緒になって安倍さんを批判していることで、本来ならばそういう時にこそ仲間が支援しなければいけないもの、と思うのです。安倍さんからしたら、まるで後方から味方の攻撃を受けるようなものです。

たしかに今の状況だと石破や中谷の発言は尤もらしく正論に聞こえるものでしょうけど、「アンタら野党か!?」と言いたくなります。「今まで言えなかったけど与党内からも自由に意見が言えるようにしなければならない」というのは、そこだけ切り取れば正しいのですが、暗に「自民党は安倍の独裁だったんですよ」と国民に印象付けるような発言で、安倍さんの支持率が高い時に言わずに弱ってきた時に言う・・・、まるで太平洋戦争の終戦間際に参戦してきて北方領土を奪い取ったソ連みたいなやり方です。

平和ボケした日本国民は「憲法なんか改正しなくても今が平和なんだし、べつにいいじゃん」くらいの感覚でいますが、間違いなく将来に禍根を残します。せっかく高まっていた憲法改正議論を潰してまで自分が総理になりたい・・・、そんな奴を総理にしてはいけません。

国有地をどれだけ安く手に入れた、どれだけの補助金を搾取した、獣医学部の新設に便宜を図ってもらった、政府が関与していた、などと取り沙汰されたり証言している奴らは、個々の案件に関してでなく、今やってることは国賊ですよ。ただし、森友にしたって加計にしたって、はたして本当に問題があったのかどうかは疑問です。元文科省事務次官、あれは完全にアウトでマスコミが持ちあげるような正義の味方ではありませんが。マスコミも完全に狂ってますね。

う〜ん、コメントの返信でなく、もう記事ですね、これは・・・。


で、これだけは言いたい。



クロアチアまであと20日ですね (おい)

私が一番平和ボケしてたりして・・・ (´・ω・`)

Posted by poohpapa at 2017年07月14日 04:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]