2017年07月20日

マスコミ(新聞やテレビ)の偏向報道が凄まじい

新聞やテレビの「安倍叩き」は止むことを知らない。支持率を下げることに成功したので、その勢いをもって退陣まで一気に追い込もうとしている。言論の自由はあるべきだが真実を公正に伝えないで国民をミスリードするようなマスコミは無くていい、いや、無いほうがいい。

私が視ていた動画の中に、こんな言葉が出てきた。

「メディアが権力を監視するのは重要だが、きちんと客観的事実を報道した上で、批判しないと、視聴者はわからないわな

憶測での批判は、もはや報道機関ではなく、工作機関である」
 (原文のまま)

これ以上の正論は無い。

これ、今のメディアを、うちの店に例えて言うならこんな感じ、

私が伊勢丹でワインを購入したことに対して、「不動産屋がデパートでワインを購入したのは、客や家主に対する何らかの利益誘導を目論んでいるためとしか考えられず、明らかに商法および宅建業法違反である。そういった事実が無いなら説明責任を果たせ」と批判するくらいトンチンカンなバカな話。それをもって「あそこの不動産屋はとんでもない悪徳業者だから潰すべき」と騒ぐようなもの。

まあ、国家と一自営業者とではスケールが違い過ぎるが、もしも私が、ちゃんと準備した自発的な廃業でなく潰されたとしたなら、ご本人が認識しているかしてないかは別にして、非常に困惑する家主さんや入居者さんは何人もいらっしゃると思う。いかな恩着せがましい私でも、このブログにも書かずに、裏で(普通の不動産屋ならしないこと、できないことをして)支えている、なんてことは多々ある。うちが潰れたなら、その時が来たなら、「え?、こんなことまでしてくれてたのか」と初めて知ることになると思う。それは当社だけでなく他のお仲間さんでも同様だろう。

ネットの中では今も「例の気違い」が当社のことを「暴力団と関係している不動産屋」とデマを書き込んでいて、今、マスメディアがしていることは、それと似たようなもの。狂気の沙汰である。

うちの店が潰れたとしても日本の将来に何の影響も及ぼさないが、安倍政権がマスコミの印象操作で潰されたなら、日本は大きく国益を損ねることになる。日本が国益を損ねる、ということは、それを喜ぶ国もある、ということで、国民は「何が真実なのか」を冷静に見ていなければならない。残念なことに、そういう能力を持たない大多数の(選挙で平等な一票を持つ)国民によって国の方向が左右されてしまう。

何度も書いているが、マスコミは安倍政権を倒して何がしたいのか、この国をどうしたいのか。自分たちの影響力を誇示して日本や日本国民を弄んでいるだけではないのか。もしも政権や政府に不祥事があったとして、それでも時に目を瞑れ、と言っているのではない。報道の自由や言論の自由より優先させるべきものが有って然りではないのか、ということ。自由や人権は義務と表裏一体で、どちらが先、どちらかのほうがより重要、という話ではない。日本の左翼は愛国心も国家観も無く、権利ばかりを主張している・・・。

「国連のほうから来ました」の国連報告者は「日本では報道の自由が危機的状況」などと述べているが、これほどまでに(事実を隠蔽したり捏造してまで)マスコミが何でも言える国は他には無いだろう。

今日もこんな記事があった。週刊女性PRIME の「悪乗り記事」で、

<安倍政権>支持率ガタ落ちの末期症状「小泉進次郎を入閣させても止まらない」

週刊女性・・・、芸能界のゴシップを追っかけているのがお似合いの週刊誌までがそんな記事を書く・・・。安倍政権が末期症状ではなく、おまえらマスメディアが末期症状ではないのか ( `ー´)ノ

たしかに、小泉進次郎を入閣させても支持率には影響ないだろうし、むしろ小泉進次郎なんか入閣させないほうがいい。何と言ってもあの小泉純一郎の息子なんだから。そんな奴より、民進党を離党して今は香川県三木町の副町長をしている植松恵美子元参議院議員を入閣させたほうがいいだろう。

安倍さん、支持率なんて気にしなくていいと思う。どうせそんなものはマスコミが印象操作して捏造しているものだから。だいいち、今起きている一連の現象は長期政権の驕りなんかでなく議員個々の資質の問題。それをマスコミはあたかも「安倍さんの驕り」かのようにすり替えて国民の意識に擦り込もうとしている・・・。

我々国民は、今こそ「何が真実で何が虚偽なのか」冷静に見極めて判断しなければならないと思う。

posted by poohpapa at 05:15| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>支持率を下げることに成功した

これって、本当ですかね。私の周りの人達って、別に変わってませんけどね。
この支持率の算出って、まさか、各自の新聞社内だけのアンケートだったのでは
ないでしょうか?この数字って、またまた、マスコミの捏造でしょうね。


>>不動産屋がデパートでワインを購入したのは
商法および宅建業法違反だけでなく、酒気帯び運転などの道路交通法違反の疑いもありあます。追求すべき問題でしょう。!
Posted by たか at 2017年07月20日 07:39
たかさん、おはようございます

<<この数字って、またまた、マスコミの捏造でしょうね。

私もそう思います。だいたいが、いろんな質問項目があって、それらは新聞社の望む結論に誘導するような設問で、最後に「あなたは安倍内閣を支持しますか?」と訊いたなら、そりゃあ「支持しない」になりますね。

それ、営業のテクニックと同じです。客に「イエス」という回答を続けさせるよう仕組んで、「では、この商品を買いますか?」と訊けば「ノー」とは言えなくなっているようなもので・・・。

だいたいが根拠なんか示さなくていいのですから「書いたモン勝ち」ですね。だから、そんなのを真に受けて「そんなに下がっているんだ・・・、じゃあ私も支持しないほうがいいのかな」と思わせる手ですね。

大阪はシビアだから、しっかり見ているんでしょうけど、東京は山本太郎や蓮舫を当選させるほどにミーハーなので、簡単に騙されます。大阪じゃ朝日新聞なんか売れないでしょうね。

ところで、酒気帯び運転、してません。もう車がありませんしね。もう7ヶ月以上も運転していません。そろそろ免許証の返上をしてもいいかもですね。

さて、いよいよ2週間後ですよ。て言うか、ペルーから1年近く経ってるんですね・・・、早いですね。

Posted by poohpapa at 2017年07月20日 08:14
poohpapaさんへ
おはようございます、暑いですね、年寄りにはきつい毎日です。
さて。昨今のマスコミを見ていて、やはり侮れないと痛感しています。
確かに発信能力は比類ないものを持っていますので、これを抑えることができなければ結果は見えていました。
これを長年放置していた自民党政権の怠慢が自分自身を貶めているので、まったく自業自得です。
でもこれが自民党だけに影響が及ぶのは仕方ないにしても、日本全体に悪影響を与えているのが、問題なのです。
厄介なのはTVですね、新聞など活字媒体は先が見えています、発行部数も減少していますし、何より若い人がネットを見て活字はおかしいと感じて無視し始めています。
TVもそうなるかと思っていましたが、30代40代50代の家庭にいる女性が相変わらず、つけっぱなしで洗脳されやすくなっています。
TV業界も芸能ネタをはさんで、女性の関心を引きながら、その合間に政治ネタをかませてうまく扇動しています。
マスコミの怖いのは、その後の展望なんか、何も考えずに、poohpapaさんも言われるように、倒閣運動をしていることです。
安倍首相を引き継ぐのにふさわしい人材は今のところ自民党にはいません、外交面では今までの首相の中で秀逸と言ってもい位で、日本の国益を考えると、彼を失う事は大いなる損失になります。
と言う事は支那、朝鮮が大喜びすると言う事で、マスコミの後ろには彼らがついて言う事はちょっと考えれば分ることです、現にマスコミは在日に占拠されている状態で反日活動も頷けます。
しかし日本人もお人好しです、これほど貶められて指をくわえて傍観しています。
日本人にもっとまじめに政治を見てほしいですね、何が真実かを見る目を養ってほしいですが、やはり自民党の啓蒙活動も今一ですね。
自民党にはまじめに反撃してほしいですね、やはりここでは、実力者を当てて本気を出すべきです。
やはり出番は麻生副総理ですね、財務は高橋洋一氏に任せて副総理兼総務大臣になって安倍首相から一任されて、責任を一手に引き受けて、最後のご奉公のつもりで蛮勇をふるってマスコミを正してほしいですね。
規制すれば文句言うのは分っていますから、アメリカのように自由に電波を開放して好き勝手に言わせればいいのです、選別は視聴者に任せればいいのです。
Posted by ボース at 2017年07月20日 09:50
ボースさん、おはようございます

ネットのニュースを見ていると、各社、「これでもか」というくらい、と言うか、「安倍おろし」の論調に乗り遅れまいとしているかのようにヒドイ記事が並んでいます。マスコミは安倍政権を潰した後に日本に何が起きるか、なんてことは全く考えていません。いや、本当は「その後に日本に待ち受けるものが何か」を知っていてやってるんでしょうね。真実を追求して報道するのがマスコミの使命のハズですが、真実を捻じ曲げて捏造したり、事実を隠してまで国民の意識操作をしようとしているのですから始末に負えません。

これでもし安倍さんが現在のマスコミのありようを批判したなら「責任転嫁だ」「報道の自由への不当な弾圧だ」「末期症状だ」と、それはそれで騒ぐでしょうね。クズやゴミ以下ですね。

度々書いていますが、日本が窮地に追い込まれるということは、それを喜ぶ国がある、ということで、現状では、マスコミや野党が望んでいる方向に進むということは、日本を敵視している国を利するだけです。そんなことも解からない国民は平和ボケの極みです。

政権がコロコロ代われば「恥ずかしい」と批判し、長期政権になれば「驕り」だと批判する・・・、マスコミに、いいように洗脳されています。安倍さんが総理としては言えないことを、影響力のある人が代弁してくれるとよいのですが・・・。まあ、「北野たけし」であるとか「池上さん」とか・・・。

ただし、私は池上さんという人を評価していない、いえ、信用してはいないのですが・・・。以前、「日本人はなぜ韓国が嫌いなのか」というテーマの番組の中で、「3.11の際に真っ先に援助に駆け付けてくれたのは韓国」と言っていて、事実と違います。池上さんがそのことを知らないワケがありません。だいたいが、サッカーの国際試合で「日本の大地震をお祝いします」などという横断幕を掲げるような国ですし、日本人の救援が目的ではないんですよ。あの人は最も中立公正に見えるけど、実は違うのではないか、と思っています。明らかな反日より、そういうのが一番怖いですね。

どうせなら、前回の都知事選、池上さんが出ていたら面白かったでしょうね。小池百合子よりマシだったかも、と私は思っています。比較して、の話ですが。

私の子供たちが今の私の年齢くらいになった時、日本はどうなっているんでしょうか。その時はその時で救世主的な人材が出てくるんだろうな・・・、と(人類の歴史から見て)楽観的にも考えますが、ま、少なくとも、それが小泉進次郎でないことだけは確かです。

Posted by poohpapa at 2017年07月21日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]