2017年07月26日

若い女性とお食事

うちで2度お部屋を借りてくださっている若い女性の入居者さんから金曜日にメールが来た。

「また食事しましょう」とのことなので、気が変わらないうちに、と思って、翌日の土曜日にガストに行くことに。ガスト・・・、馴染みのスタッフが誰もいなくなってしまっていて、5月27日以来もう2ヶ月近く行ってなかった。馴染みのスタッフがいない、ということだけでなく、ここんとこ「いつ行っても混んでいる」ことで敬遠していた、ということもある。可愛いくて感じの良いスタッフがいなくなっても混むのは、隣にできたドン・キホーテの影響によるところが大きいんだろう。

今いるスタッフも感じがいい人たちばかりかも知れないけど、「一から人間関係を構築していくエネルギー」は私にはもう無いし、本来はただランチしに行くだけなんだから「そんな必要も無いもの」だろう。

で、いろいろと世間話をさせて頂いて楽しい時間を過ごさせて頂いたのだが、その中で私が「今度の正月、私の中学時代の恩師と台湾に行くことになるかも」とお話ししたら、「台湾、私も行きたいですね」という話になって、恩師の意向はまだ伺っていないのだが他にも希望する方がいらっしゃるので、「もし実現することになったら声を掛けますね」と伝えた。仕事の都合がつけば参加なさるかも知れない。

ここんとこ、いつもの決まったメンバーばかりでなく、私なんかと一緒に旅行に行くことを希望してくださる入居者さんが少しずつ増えてきていて、それは嬉しい。増えてきた、と言うより、今までとくにお声を掛けてなかったからで、私と、というのでなく「きっかけがあれば(旅慣れた人と)旅行したい」と思っている人は多いのかも知れない。ただし、世の中、お客さん(入居者さん)と一緒に海外旅行に出掛ける不動産屋なんて珍しいんだろうな、とは思う。自己満足ではあるけど・・・。

恩師からは「まあはいエライで遠いとこはかんわ」(もう体がしんどくなってきたので遠い所へ旅行するのは難しいぞ)と言われていたが、台湾には従兄弟の方がいらっしゃるらしく、「台湾なら考えてみる」とのこと。中学の同窓会の幹事にも「こういう話が出ているので、他にも参加したい人がいるかも知れないから同窓会で声を掛けてみてはどうかなあ」と提案していたが、その後、何も聞こえてこない。

言ってることの良し悪しとは関係なく、目立つ奴は嫌われるのが(昔からの)我々同窓生の雰囲気。ま、私は一度言ったからもう言わない。提案をしたのだから「アイツだけ勝手なことをしている」とは言わせない。歳をとると人間「僻みっぽくなるもの」で、そういうので僻まれるのはよくある話。

まだ正月の台湾ツアーは広告が出てきてなくて秋口あたりには出てくることだろう。そうしたら、改めて恩師に電話しよう。恩師がご都合わるければ正月の台湾は中止。景気が良くないから、正月に台湾に行くなら夏の旅行は諦めるかもだし、正月の台湾が中止になるなら夏はヨーロッパのどこかに行きたい。

どちらになってもいいように、今から心の準備だけはしておきたい。



posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

>>若い女性と正月に台湾
>>正月に台湾に行くなら夏の旅行は諦める

えええ!、そうなの( ̄‥ ̄)=3
Posted by たか at 2017年07月26日 07:58
たかさん、おはようございます

いやいや、若い女性と正月に台湾に行くならリッチに楽しみたいし、それなら、あほらしくてたかさんと夏の旅行になんか行ってられないから夏はやめよう、と言ってるワケではありませんですよ、はい。

ぶっちゃけ、正月に台湾に行ってもギリギリで夏の旅行の資金は出るかなあ・・・、とは思いますが。この夏のクロアチアで、なるだけお土産を買わないようにしないとね。私の場合、無理ですが (^^;

Posted by poohpapa at 2017年07月26日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]