2017年07月24日

立派、の一言

「北斗の拳」の武論尊さん、出身地に4億円寄付

これは凄い、実に立派。こういう出身者が町に4〜5人いたら町は助かるだろなあ・・・。

いっぽうで、3.11の際も、テレビで大そうなご託宣を並べていながら自身は全く寄付などしていなかった某有名司会者もいる・・・。比較するのが間違いなのかも知れないけど、武論尊さんの生き様は素晴らしい。「人間、歳をとってもなお『カネに執着する』ことほど醜い話は無い」、と思うから。

ただ、町の方針だと11年半で資金が底をつくことになるので「給付」より「無利息無期限での貸与」のほうがいいように思う。或いは一定の基準によって返済額を0%〜100%まで変動させるとか・・・。


posted by poohpapa at 03:23| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

何億も稼いでいる人はいっぱいいますが、寄付する人は少ないですね。
お金持ちがケチなのではなく、ケチだからお金もちなんでしょうね。

でも、近親者が亡くなるこの歳になると、死んでも財産はもっていけませんね。そんなのは血縁者が奪いあってなくなってしまします。

名声はいつまでも残るでしょうけどね。
Posted by たか at 2017年07月24日 08:28
たかさん、おはようございます

しばらくご無沙汰でしたので「ついに熱中症でくたばったか」と期待して、いえ、心配しておりました。冗談抜きにして、クロアチアまであと10日ですし、それまではくれぐれも体調維持に気を付けてくださいね。その後のことは・・・、まあ、どうでもいいです (おい)

アメリカ人なんかは芸能人も財界人も、たくさん寄付をしますが、日本人の著名人が多額の寄付をした、という話はあまり聞きませんね。そういう国民性なんでしょうね、よく言えば「謙虚で奥ゆかしい」、悪く言えば「タダのケチ」、ということでしょうか。

日本人じゃないけど、日産のゴーンなんか個人で被災地に10億くらい寄付しろよ、と言いたくなります。

私は子供たちにはカネや不動産は遺さない主義。そんなのは一瞬で無くなります。それより「正しい処世術」を遺したいと思っています。それはいつまでも消えない財産になりますもん。だから、子供が私に何かしてくれなくてもいいのです。ま、「たまにはメシくらい奢れよ」とは思いますが (^◇^)

それにしても、武論尊さん、ご立派ですね。

Posted by poohpapa at 2017年07月24日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]