2017年10月03日

突然の訪問者

昨日の午後、店番をしていたら、ドアが開いてとても気品のある女性が入ってきた。それも飛び切り美しい。部屋探しのお客さんでないことだけは確かだし、営業でもなさそう。そう思っていたら、遠慮がちにこう言う。

「失礼いたします。私は小田原きよしの家内でございます。ただ今、主人に代わりましてご挨拶に回らせて頂いております」とのこと。この衆院選に立候補する小田原きよし氏の奥様だった。

「私も女房も本当に小田原さんに入れます。元々が小池百合子みたいに人を踏み台にしてのし上がっていくタイプの女は好きではないので希望の党には入れません」と伝え、少しだけ世間話をさせて頂いた。その中で、こう指摘した。「ポスターの写真、あまりイメージが良くないように思いますが・・・」と。すると奥様が「そうですよね、ちょっと怖そうですもんね」と笑う。精悍な感じはするが、ポスター用に無理に作った笑顔、という感じで自然な笑顔ではないような・・・。もう少し柔らかな表情の写真があれば替えたほうがいいのでは、と最初にポスターを見た時に感じた。もちろん、今はそんなことで決めないが。

小田原きよし氏・・・、東日本大震災の後、1年間、宮城県でテント暮らしをしながらボランティア活動をなさっているし、ほぼ毎日、選挙区内の各駅頭で辻立ちをしている。小沢一郎が選挙区である被災地の岩手から早々に逃げ出したのとは真逆である。小田原氏、誠実な人柄で、実行を伴う本物の政治家だと私は思う。 

その小沢一郎の自由党、希望の党と合流して小沢一郎も希望の党から立候補するような話も出ていたが、合流を断念して無所属で出るみたい。それはとても残念。希望の党と合流していたなら希望の党のイメージダウンになったのに・・・。だいたいが、どの面さげて立候補するのか、という話。「(小田原氏の)爪の垢でも煎じて飲め!」と言いたい。小沢一郎は政治家ではなく政治屋、政治ゴロでしかない。

で、最後にちょっと驚いたことが・・・。帰り際に奥様のほうから握手を求められたのだが、奥様は立候補者本人ではない。反射的に私も手を出してしまったが、政治家の奥様って「そこまでしなければならないのか」と、申し訳ないが同情してしまった。いかなスケベの私でも人様の奥様と握手したことが後ろめたく思えた。日常的にさぞかしご苦労が多いことだろう。ある意味、立候補している本人より辛かったりするかも。言えるのは、ああいう奥様がいてこその小田原氏、ということ。まさに内助の功だ。

まあね、あのご主人であの奥様・・・、間違っても不倫騒動は起こさないと思う (^◇^)

今日3時に事務所開きだそうで、私が駆けつけることはないが、我々夫婦は確実に小田原氏に入れる。

posted by poohpapa at 06:01| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

あら?、新しく立ち上げられる『立憲民主党』に入れないのですか?

立派な名前ですよ。
まあ、ネットでは、残りもの党とか、絶望の党、帰ってきた民主党、共に民主党、朝鮮半党、反日党、売国党、サヨク連合とか呼ばれてますけど。

また、自民党の大勝利に終わりそうですね。
Posted by たか at 2017年10月03日 08:11
たかさん、おはようございます

ドアを開けて入ってみえた時に、一瞬で人柄の良さが判りましたね。あれだけの気品あるご婦人、久しぶりに見ました。なんか、野球選手と政治家の奥さん、綺麗な人ばかりで世の中、不公平ですね。

立憲民主党・・・、たいそうな名前ですが、立ち上げた瞬間から崩壊することが決まっていますね。

それにしても「共に民主党」とか「朝鮮半党」とかの例えはお見事ですね。今回の選挙は反日議員を落とす選挙、それが大義と言えるでしょうね。
Posted by poohpapa at 2017年10月03日 08:23
「ぬすっ党」ってのどうですかね(笑)
Posted by ヒロ at 2017年10月03日 08:49
ヒロさん、おはようございます

「ぬすっ党」・・・、漢字のほうがいいかもですね。「盗っ党」ですね。

それにしても、立憲民主党・・・、新党立ち上げと言いつつ過去の人ばかりで新鮮味がありませんね。

小池百合子、小泉進次郎が言うように、(自身が)「出ても無責任」「出なくても無責任」ですね。
Posted by poohpapa at 2017年10月03日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]