2017年10月25日

小池百合子の過ち

今、小池百合子が叩かれている。マスコミからすると、選挙に大勝した安倍自民は叩きにくい。だが誰かを叩かないとマスコミも格好がつかない。そこで、生贄にするのに恰好の標的が、小池百合子である。

小池百合子が都民ファーストでも国民ファーストでもなく「自分ファースト」だということは、都知事選の頃から私は指摘している。何度も女に騙された私が言うのだから間違いない (おい)

まあ、冗談は抜きにして、どこで小池百合子の計算が狂ったか、判断を誤ったのか、と言えば、自身は都知事に当選したばかりなのに、真っ先に手を挙げて自民を離党してまで自分を支えてくれた若狭勝氏を党代表にせず「リセット」して自分が代表に就いたことから、と、私は思っている。

マスコミは「排除」という言葉に反応しているけど、政治信条(考え方)が全く違う人物を篩に掛ける、つまり排除するのは当然のことで、その部分に関しては、私は小池百合子に同情している。とくに「排除」という言葉が傲慢だとも思っていない。ターゲットにするのにちょうどいい(分かりやすい)言葉であるんだろうけど、私には「排除」より、その前の「リセット」のほうが醜悪だと思える。

マスコミも、当初は「小池百合子推し」の報道をしていたが、こと憲法改正に関しては安倍さんよりもっと保守的であって、選挙の後で希望の党が自民に協力するのを警戒して「立憲民主党に追い風」などと繰り返して安倍自民の批判票が立憲民主に集まるよう意識操作している。政治に関心が無い(けど投票には行く)無党派層の有権者は立憲民主の中身を見ずにマスコミが垂れ流す情報に乗せられたのだ。

それと、いわゆる「踏み絵」を踏ませたとしても、どうせ選挙で当選するためにサインをしただけで元々が小池百合子と思想信条が一致しているワケではない烏合の衆が、数年後の次の選挙で「希望の党から出ていたのでは勝てない」と判断したなら、また当選しそうな、いや、当選させてくれそうな党に移るだろう。希望の党の落選組の中には「こんなことなら立憲民主から立てば良かった」と後悔している奴もいるだろうけど、間違いなく言えるのは、次の選挙では「もう立憲民主党に風は吹かない」、ということ。

基本的に私は、政治信条の問題でなく選挙に当選するために離党したり入党する人間を信じない。何度も言っているが、いくら政治家は当選してナンボ、当選しなければ自分の理想が追求できない、としても、そんな奴がイザ有事の際に国民の盾になってくれる、国民の生命財産を最優先してくれる、とは思えない。その典型的な例が小沢一郎である。小沢の選挙区では今も「小沢ブランド」が通用している。

これから希望の党では意に反して「踏み絵」を踏まされた議員による小池下ろしが始まるだろうし、希望の党は分裂、消滅することになるかも知れない。その時に、飛び出した輩がどの政党に行くのか、有権者はしっかり見届けなければならない。

ところで、一方で今回の選挙は不倫議員にとっては禊選挙になっていたのだが、言うまでもなく、不倫する、ということは今まで支えてくれていた伴侶を裏切る、ということで、そういう意味から言えば、若狭氏を踏台にして外した小池百合子がしたことは「不倫と同じ」だと思う。それ以上に劣悪か・・・。

まあね、うちのと結婚した経緯を考えたら私が言えた立場ではないけど (反省していない 💧

小池百合子が内に秘めた「日本初の女性総理」という夢は潰えたが、当然の帰結である。今、小池百合子よりもっと総理の器ではない野田聖子が「日本初」を狙っているようだが、マスコミは頑張って潰して頂きたい。



posted by poohpapa at 06:33| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小池百合子は、本人の希望もあったのでしょうが、周囲から神輿として担がれたという方が正解なのではないかと思います。
民主党のリベラル勢力を排除するのは、正解だと思いましたけど。
自民党もそうしてくんないかなぁ…(´・ω・`)

あと、改憲推進派を保守呼ばわりするのは、なんだかちょっと違和感がありますね。
護憲派が保守じゃないか、とか思ってしまいます。

まぁいずれにしても、糟糠の妻を堂から降ろす輩は、碌なもんじゃないですね。
Posted by ハリケーン at 2017年10月26日 09:57
ハリケーンさん、こんばんは

周囲から神輿として担がれた、ということはないかと・・・。周りに言われてその気になったのでなく自分で画策したんだと思いますよ。今起きていることは全て自分の計算違いでは・・・。

私も民進党のリベラルを排除したのは当たり前だと思うのですよ。むしろ「考え方の違う方にはご遠慮頂きました」と穏やかに言ったなら「そんなふうに言ったところで排除してんじゃないか」と言われたかも知れませんし。マスコミは、風が変わって、と言うか、自分たちで風を変えておいて、その上で叩きやすい相手を叩いただけのことですね。

私が自民党を支持しきれないのは、自民党の中に巣くっている似非保守の存在が嫌いだから、ということもあります。似非保守というより反日、売国、国賊と言ってもいいでしょうね。

<<あと、改憲推進派を保守呼ばわりするのは、なんだかちょっと違和感がありますね。
護憲派が保守じゃないか、とか思ってしまいます。

たしかにそうですね。現状を変えたがらない人こそが保守ですもんね。

Posted by poohpapa at 2017年10月26日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]