私にとって、ちょっと嬉しいニュースが飛び込んできた。

JCBが新しくオリジナルカード(他企業と提携していない)「JCB platinum 」カードを発行するらしい。私が持たせて頂いている「ザ・クラス」は、年会費が54000円であることなどから、AMEXなど他の各種カードとの比較で「プラチナカードに分類されるのでは」と言われたり、「JCBはザ・クラスより上の最上位カードを発行するかも」などと憶測が飛び交っていて、心中穏やかではなかった。

上位のカードが出されても、既にザ・クラス会員になっている人を選別して「この度、貴殿は platinum に降格されました」というワケにはいかないだろうから、作るとしたら「その上」で、ザ・クラス会員から選別して招待制になるんだろうけど、そうすると、その上のカードに選ばれなかった会員の多くが(ステータスを失うことで)辞めてしまうかも。もしかして、「JCB ruthenium 」なんて名前のカードが出たりして (^◇^)

だが、ハッキリと「JCB platinum 」と銘打ったカードが出たことで、他社との比較でなくJCBの中では「ザ・クラス」がブラックカードに位置づけされて、さらに上位のカードが発行される可能性は無くなったと思われる。ただし、数年後には年会費が値上げされるのではなかろうか。そうなると私には辛い 💧

私はザ・クラスの会員の中では最も底辺にいる人間で、漏れ聞こえる「ザ・クラス会員になるための資格」は何一つ満たしていない。会員になった時には満たしていたが徐々に状況が悪化した、というのでなく最初から何も満たしていなかったのだ。「上場企業勤務で管理職以上」とか「個人事業主としての年数10年以上」とか「年収1500万円以上」とか、何一つ、である。なので、もし(招待状でなく)「突撃」で申し込んだなら確実に落ちていたであろう。ちなみに、今は突撃のための申込書は発行していないとか。

(JCBが既に審査を済ませていて、申し込めば直ぐ会員になれる)ザ・クラスへの招待状が最初に届いた時には「何かの間違いだろう」と思って破棄していて、しばらくして二度目に届いた時には「ダメ元で申し込んでみるか」と思い立ち、後で恥をかかないように「私は年収も500万にもなっていなくて、何一つ入会資格を満たしていないので何かの間違いかと思うのですが、せっかくなので申し込みさせて頂きます」とのメモを付けて送ったら、カードが届くより先にJCBのHPにログインしたら「ザ・クラス会員」になっていて、「おや、通っちゃったんだ」と判った次第。そのあたりは以前も記事にしているが。

28年前に普通の青い一般カードから始まって、ゴールド ゴールドpremium ザ・クラスへと4半世紀も掛けて上ってきて、今になって「さらに上」が出たならショックである。なので、今回のニュースには安堵した。また、platinum が出たことで、ザ・クラスの審査基準が厳しくなるようだ。それも嬉しい。

審査基準を何も満たしていないにも拘らず、私なんかが「ザ・クラス」カードを持たせて頂けているのは、コツコツと利用履歴(信用)を積み重ねてきた結果であって、そういうのを認めてくれたJCBにはとても感謝している。なので、いろんなクレカは持っていても、なるだけJCBを使うようにしている。

今回発行されるプラチナカードも含めたJCBの各種カードのサービスや特典の違いが、こちらのサイトに詳しく載っていたのでリンクを貼らせて頂く。とても丁寧にまとめて頂いていて解かりやすい。

platinum の年会費はザ・クラスの半額の27000円。ザ・クラス会員しか使えない特典やサービスがあったりするから、ザ・クラスのほうがコスパは良さそうで、私なんかでも確実に年会費分の元は取っている。あとは、家族カードを持たせている子供たちも特典を使ってカードライフを楽しんでくれたら嬉しい。

そう言えば・・・、今年も年間カード利用額が300万を超えそう。カード破産まっしぐらかも 💧