2017年12月01日

なんでもカネにしようとする意地汚い国民性

文春オンラインの記事、

韓国“慰安婦像ビジネス”の実態を暴く

売春婦でも何でも「恥も外聞もなくカネになりそうなネタには必ず我先に飛びつく」卑しい国民性・・・。

そんなのが45万人以上も日本に住みついて大企業や政府の中枢にまで浸透している・・・。過半数に達しなくても(声が大きいし日本の左翼を巻き込んで)数%で企業や官庁を牛耳ることができるから怖い。

「日本から貰えるものは貰わな損」とばかりに受給している生活保護は何%になっているんだろ・・・。

日本人も情けないが、韓国の国民性は1000年経っても全く変わらないだろうな・・・。



ところで、数日前から自律神経失調症の症状が強く出ていて昨日がピーク。夕飯抜きで6時半に就寝、今朝は5時前に起きた。空き部屋がなかなか決まらないのが一番キツイ。あと、家賃の立替えも(涙

携帯電話も店に置き忘れてきた。夜中に必ずトイレに起きる際の懐中電灯代わりにしていたが昨晩は手探り。ノルンを踏んづけたりしないかだけ注意していた。私には懐いてなくてもノルンだけが癒し 💧





posted by poohpapa at 05:21| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お漏らししてもいいですから、ノルンちゃんを踏んだりだけはしないでください。
ニャンとかお願いします。
Posted by ピーちゃんの身元引受人 at 2017年12月01日 07:59
poohpapaさんおはようございます。

慰安婦像って韓国の新しいビジネスだったんですね。慰安婦ブローチや慰安婦ボールペン、など慰安婦グッズの販売。

そして、守護神、慰安婦像を世界に広め寄付金を募り、韓国内では1家に1像を毎日崇めてお祈りするのでしょうね。

きっと、疫病から身を守ってくれるでしょう。。。。既に奇病に罹ってますねどね。
Posted by たか at 2017年12月01日 08:13
ピーちゃんの身元引受人さん、おはようございます

はい、気を付けます。でも、お漏らししてもいいから、って、お漏らししたらうちのに怒られます。そうなったら、うちのは(介護が嫌で)家を出ていくかも・・・。

ノルン、12歳半になって、おしっこの回数が増えて一日5〜6回になって、量も凄く増えています。それだけ腎臓の機能が衰えている、ということでしょうね。ま、他は元気なんで、まだ大丈夫とは思いますが、これからの一日一日は本当に大切ですね。ノルンは我が家の宝物ですもん・・・。

Posted by poohpapa at 2017年12月01日 08:37
たかさん、おはようございます

もう「何でもアリ」ですね。それ(反日)で何か得することあるんでしょうか・・・、ほんと、不思議です。

良し悪しは別にして、北朝鮮がミサイル開発をせざるを得ない状況は解からないでもないですが、韓国が、事実もへったくれもなく、恥も外聞もなく、よく売春婦を前面に出せるなあ、と思います。

これ、国益を考えたら、今までの反日姿勢を率直に詫びて親日に舵を切って、竹島問題など非は非として認めて、従軍慰安婦問題の虚偽も認めて謝罪し、新たな日韓関係を築いていったほうが遥かに得策だと思うのですが・・・、反日でないと政権がもたないなんて、笑っちゃいますよね。

ハッキリ言って、私なんかは、どんなにキレイな(整形した)女性が相手してくれるとしても、そしてタダでも韓国女だけは辞退します。差別と言われても結構です。それくらい嫌いです。

ただし、街で道を訪ねられたりしたら丁寧に対応しますけどね。それはそれ、ですから。


Posted by poohpapa at 2017年12月01日 08:51
朝鮮人は、強権的な独裁者を戴いて、唯々諾々と命令に従っている社会の方が統制がとれて安定した社会なのかもしれませんね。
自分以外はみんな遵奉せよ!という韓国のグチャグチャを見ると、北朝鮮が正しい朝鮮人社会なのだなぁと感じます。
Posted by ハリケーン at 2017年12月01日 11:53
ハリケーンさん、再び、おはようございます

たしかに、北朝鮮のほうが正統的な朝鮮人社会、だと言えますね。韓国、全く統制が取れていません。統制を保つために必要なのが「反日」ということで、日本からすると迷惑な話です。

北朝鮮は「核の脅威」以外では日本に掛けている迷惑としては韓国の1/10以下で、日本にとっては韓国のほうが遥かに迷惑な存在であることに違いありません。一番いいのは、難しいことでしょうけど、と言うか、そうも言ってられないでしょうけど、「韓国とは一切関わらない」ことですね。
Posted by poohpapa at 2017年12月02日 06:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]