2017年12月21日

クレームこそつけなかったが、これはヒドかった

昨日の定休日、うちのとお昼に Jonathan's に行った。前回行った際「霜降り黒毛和牛のすき焼き膳 」というのがあるのを知って、美味しそうだったので次に行ったら絶対に頼もう、と思っていたからだ。

霜降り黒毛和牛のすき焼き膳 (税抜き1699円)

メニューの写真を見ると、A5クラスの霜降り肉と見まごうほど。お代わりの肉の写真も霜降りだが、(注文はしなかったけど)当然に同じ赤身の肉が出されたことだろう。私は牛肉にはうるさいから、こういうのは我慢ならない。ま、文句は言わなかったが二度と注文しない。

場末の定食屋とかラーメン屋じゃあるまいし、Jonathan'sがここまでメニューと違う肉を出したらマズイだろう。スタッフを困らせるのは不本意なのでスタッフには伝えず、レシートについているアンケートにはしっかり書いておいた。まあ、味は悪くなかったから黒毛和牛ではあったんだろうけど、霜降り肉でないのは確か。肉の量も少ないし。「とろろ」「霜降り黒毛和牛のすき焼きご膳」ときて、もう一回くらい何か「??」があるかも。

「すかいらーく」からすれば「アンタ、いくら払ってんだよ」と言いたいだろうけど、ランチで1834円は庶民にとっては大奮発と言える金額。メニューの写真とも違うし、「霜降り黒毛和牛のすき焼き膳」ではなく「黒毛和牛のすき焼き膳」というなら納得。メニューの写真で釣っておいて、もしクレームが来たなら開き直る、なんてことなら納得いかない。以前の、ガストの「とろろ」の時もそうだったけど、すかいらーく系のメニューは、たまにインチキっぽいことがある。そういえばガスト・・・、もう半年も行ってないや。

ま、いいや。正月はいつも年に一度の贅沢でA5クラスの牛肉を買ってすき焼きをしているから、元旦に自宅で口直ししよう。今度の元旦、伊勢丹のソムリエール(男性がソムリエ、女性はソムリエール)さんがすき焼きを食べに来てくれることになっていたが諸般の事情で先送りになってしまったから、うちのと2人で楽しむ。今年の冬休みはどこにも出かけず、家でエンディングノートを仕上げるつもり。

そうだ・・・、断捨離も進めないと・・・。私の死後、誰に何を貰って頂くか、しっかり記しておこう。

posted by poohpapa at 04:59| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
poohpapaさんおはようございます。

黒毛和牛 ⇒ 霜降り黒毛和牛
以前テレビでやっていたが、普通の赤身の肉に脂肪分を注射器で注入し、霜降り肉に変身させるものでした。よく、安いファミリーレストランの霜降り肉はそれですね。

Jonathan's は良心的なのかもしれませんよ。

>>家でエンディングノートを仕上げる
早く仕上げてください。残っている時間は限られてますよ。
Posted by たか at 2017年12月21日 07:46
たかさん、おはようございます

へえ・・・、脂肪を注入するだけで霜降りに偽装できるんですね。それは知りませんでした。

すき焼き鍋に入ってテーブルに出てきた時点で「ナニこれ?、赤身じゃん!?」と思いましたもん。納得いかない、とキャンセルしたら「ただのクレーマー」と思われそうでやめましたが、アンケートには書きました。それを「すかいらーく」の役員が読んでも、何も変わらないと思いますね。

>>家でエンディングノートを仕上げる
早く仕上げてください。残っている時間は限られてますよ。

大丈夫、たかさんより長生きしますから。それより、私の持ち物で何か欲しいものありませんか?

煩悩と欲が多すぎて、断捨離が進まなくて、困ったモンだ・・・(*´з`)

Posted by poohpapa at 2017年12月21日 08:27
娘はすき焼きが大好きです。

私も終活に突入しています。
いつもうちのに文句ばっかり言われても手放さなかった品々を断捨離…(´・ω・`)
去年の夏の脳腫瘍の手術がちょっと効いてますね。

LPレコード500枚は、ディスク・ユニオンに送付済み。
別のところで聞いたら、数十〜数百/枚だそうで、総額100万円を超えるというのに世の中つまらなくなりましたなぁ。
まぁレアな音源もない国内版だけですから、しょうがない。
(海外発禁ジャケットの国内版スコーピオンズとかストーンズとかはちょっとくらいコレクターが欲しがるのかな?)

日本の歌謡曲やロックも少数あって、山口百恵『COSMOS』なんかビックリするくらいいい音なんですけどね。
これがバージン・プレスの破壊力であれば、(ビートルズとか…)大金で集めたがるコレクターの気持ちもわかります。
Posted by ハリケーン at 2017年12月21日 08:40
ハリケーンさん、再び、おはようございます

<<娘はすき焼きが大好きです。

こらっ!、そうやって、自分が食べたいのに娘さんを出汁に使うんじゃないよ! ( `ー´)ノ

実は、私が死んだら娘さんに遺したいものがあります。「要らない」と言われるかも知れませんし、どちらかというと男性が持つと似合う物なので、他の品にするか迷ってますが。

レコード、手放さなくても良かったのでは・・・。またブームが来てますよね。と言いつつ、私も7年ほど前に、ある読み手さんに高額で引き取って頂きました。凄く有り難かったですね。

先日、高級なウオークマンをオークションで落札しまして、本体、イヤホンともに、それぞれ6万5千円もします。曲にもよりますが、ヘッドフォンで聴くより音がいいんですよ。なのでCDも不要になりました。技術の進歩は省スペースにも繋がるものなんですね。

冬休み、帰省されるなら食事しませんか?


Posted by poohpapa at 2017年12月21日 09:29
レコードの見積が来ました。
だいたい30万くらいですかね。
思ったより高かったです。

購入金額よりも高いものは、ヴァージン・レーベルのプログレッシブ・ロック、発禁ジャケット(日本の初版だけオリジナル・ジャケット)のヴァージン・キラー/スコーピオンズ、ストーンズの変形ジャケット(八角形のとか、ジッパーのついたのとか)などでしたね。
プログレはコレクターがいるんでしょうね。
ヘンテコなジャケットは、CDで真似できないLPレコードの真骨頂なので高額で売れるのでしょう。(といっても数千円ですけどね^^;)

百恵ちゃんとか渡辺真知子のサイン入りとか数十円のものは、売らずに手元の残しておくかなぁ、と迷っています。(10〜20枚くらい。)
Posted by ハリケーン at 2017年12月22日 08:15
ハリケーンさん、オークションに出したほうが高く売れる(ものがある)んじゃないですか?

百恵ちゃんのサイン入り、私が買い取ります、って断捨離してるんじゃなかったんかい!? (*´з`)

ストーンズの変形ジャケット(八角形の)は私も覚えています。レコード店に飾ってありましたから。

<<レコードの見積が来ました。
だいたい30万くらいですかね。

やったあ、また鰻を食べに行きましょう、もちろん、ハリケーンさんの奢りで (おい)
Posted by poohpapa at 2017年12月22日 09:18
資産価値70%以上ダウンですよ。(´・ω・`)
コレクターズ・アイテムと化しているのですね。

どういった理由で価値が決まるのか不明ですが、重版されまくっているだろうはずのデビッド・ボウイ『屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群れ』が14,000円ですよっ!!!
この狙いすぎた直訳邦題が付いた帯が13,000円なのかしら?
原題:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars(ジギー・スターダスト&ザ・スパイダーズ・フロム・マーズというバンドの栄枯盛衰物語なんですけどね。)
Posted by ハリケーン at 2017年12月22日 14:26
ハリケーンさん、こんばんは

レコードの音は温かみがあってCDなんかより好きですけどね。レコード針で傷を付けないように、「丁寧にそっと扱わなければならない」のは女子(おなご)と一緒ですね。

しかし、それにしても「デビッド・ボウイ『屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群れ』が14,000円」って、買った時の何倍になるんでしょう。ハリケーンさんの解説はチンプンカンプンでちっとも解かりませんけど、特定の盤が高く売れる、ということだけは伝わってまいりました。

私の集めたテレカなんか「昭和を生きた人にしか分からない古代の遺物」になってますけど、高く売れるのも有るのかなあ・・・。電電公社時代のもので未使用のが何枚かありますが。

あと何年も生きられないのに、まだ収集しようとしている自分がいて、困ったものです (*´з`)





Posted by poohpapa at 2017年12月22日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]