2018年02月25日

NPO法人「百人の会」のメルマガで知った話

国歌斉唱不起立・再任用拒否で大阪府を提訴
2/24(土) 6:52配信 MBS

府の教育委員会が再任用を拒否したのは「国歌斉唱時に起立するなど上司の職務命令に従うかどうか確認できなかったから」だとして府におよそ550万円の損害賠償を求めている、とのこと。

上司の命令があったかどうか、それが確認できたかどうかより、国歌斉唱の際、皆が起立しているのに自分の思想信条を優先してそのまま座っているようでは一種の気違い。「思想信条の自由」以前の問題で、自分の行為が子供たちの目にどう映るか、ということに思い至らないなら教師失格。気違いを再任用する教育委員会なんて無いでしょうよ。にも拘らず損害賠償で550万の請求・・・。最高裁まで争うだろうけど大恥をかいてほしい。 でも、こんな気違いにも支援者(同類項)はいるんだよな・・・。

と言うか、そんなに日本が嫌いなら何処でも好きな国に行って暮らせばいいじゃん。「日本が大嫌い」と言っていれば歓迎してもらえるんだし。550万は移住費用に充てるつもりだったりして (^◇^)


次いで、こちらは、いいお話。

日本人「帰国するため台湾国際空港に向かうと、一つのアナウンスが流れ始めた、その直後に税関職員全員が総立ちで敬礼、 出入国客全員に拍手で見送られた
(動画の始めのほう、16秒くらいまで映像が乱れているけど収まります)

以前の台湾での大地震の際にも、日本の救援隊が帰国する際、空港職員と乗客全員から拍手で送られていたようだ。そういうアナウンスを流してくれるのも全員で拍手や敬礼をしてくれるのも台湾ならでは。日本人にとってこんなに嬉しい話は無い。中国や韓国とは真逆の国であって、真の友好国だと思う。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

左巻教師の記事を見て思い出すことがあります。
我々の世代はこの手の教師が多かったですが、当時の私はそれを真に受けて
今は亡き親父に戯言をのたまっておりました。親父が苦虫を噛み潰したような顔を
していたのを思い出します。今思えば恥ずかしい限りです。
Posted by みのむし at 2018年02月25日 07:08
みのむしさん、おはようございます

私も、他人様のことは言えませんで、子供の頃は「君が代」を、こんな陰気くさい曲が国歌だなんて恥ずかしい、くらいに思っていたので、心の中では、起立しない教師を応援していましたね。

我々が子供の頃は、卒業式なんかでも「唱歌 君が代」と紹介されていて、不思議でした。

今は、スポーツの大会で優勝して表彰式で「君が代」が流れても口ずさまない選手は応援しません。なので、基本的にサッカーの選手は嫌いな奴が多いですね。

お父様、草葉の陰で「ようやく解かったか」と笑っていらっしゃると思いますよ。
Posted by poohpapa at 2018年02月25日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]